阿部正権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿部 正権(あべ まさのり、文化3年1月9日1806年2月26日) - 文政6年10月6日1823年11月8日))は、江戸時代後期の大名。武蔵忍藩主、陸奥白河藩主。忠秋系阿部家9代。

武蔵忍藩阿部正由の次男として生まれる。幼名は銕丸。文化5年(1808年)、3歳の時に父が死去し家督を相続した。正権は病弱であったため、藩政は実母・泰寿院と本家筋の備後福山藩主・阿部正精が後見した。

文政5年(1822年)、幕府より忍藩、伊勢桑名藩陸奥白河藩の三方国替えの幕命が出され、阿部家は183年にわたって統治した忍より白河に移封されることになった。翌文政6年(1823年)、正権はそのさなかに死去した。将軍家への御目見が済まないうちに死去したため、官位はない。なお、家督は従兄の正篤(松平頼興の子)が相続した。