阿蘇山ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿蘇山ロープウェーのりば「阿蘇山西駅」
阿蘇山ロープウェーのゴンドラ
すれ違うゴンドラ;左が阿蘇山西駅行きの下りで右が山頂駅行きの上り。

阿蘇山ロープウェイ(あそさんロープウェイ)は、熊本県阿蘇市の名峰、阿蘇山火口縁にかかるロープウェイ。運営母体は九州産交ツーリズム株式会社。

事業概要[編集]

  • 営業開始:1958年(昭和33年)4月10日
  • 営業距離:858m
  • 高低差:108m
  • ゴンドラ定員:91名

全世界で初の活火山に架けられたロープウェイ。阿蘇山中岳の西側から火口の縁までを登る。公式サイトによると、高低差108mを所要時間4分で結ぶという。ゴンドラは通常は15-20分間隔で運行。

山上へは、阿蘇山公園道路(有料)とこのロープウェイを使う2つの方法がある。

阿蘇山の噴火警戒レベルが1(平常)の間のみ運行され、2(火口周辺規制)以上になると運休になる。その際は阿蘇山公園道路も通行禁止となる。

ゴンドラは、九州新幹線つばめ」などをデザインした水戸岡鋭治のデザインによって、2009年9月17日にリニューアルされた。

[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]