阿波狸合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金長の像(金長神社

阿波狸合戦(あわたぬきがっせん)は、江戸時代末期に阿波国(現・徳島県)で起きたというたちの大戦争の伝説阿波の狸合戦(あわのたぬきがっせん)、金長狸合戦(きんちょうたぬきがっせん)ともいう。

内容[編集]

天保8年(1837年)。阿波の日開野(現・小松島市)の染物屋・茂右衛門がある日郊外の道を通りかがかると、大木の洞の中に棲んでいる金長(きんちょう)という狸を大勢の者が燻り出そうとしていた。茂右衛門は金長を哀れに思い、その者たちに金子を与えて金長を救った。

しばらく後、茂右衛門の店へ奉公に来ていた万吉という小僧が自らを「金長」と名乗り、守護神として店のために尽くすと言い出した。茂右衛門に恩義を感じた金長が万吉に憑依したのであった。以来、茂右衛門の店は良い仕事や贔屓筋に恵まれ、また、業務で迷う判断があると金長が助言をし、その内容は必ず正しかった。こうして茂右衛門の店は繁盛し、金長の評判も高まっていった。

何年かがたち、金長は「自分はまだ無位無官の若造」と言い、狸としての位を高めるため、子分の藤の木の鷹(ふじのきのたか)と共に、名東郡津田浦の古狸・六右衛門(ろくえもん)に弟子入りした。六右衛門は四国の狸の総領であったが、人を化かし金品を奪うなどの悪事を働く化け狸であった。六右衛門は噂に聞く金長の才覚を早くも見抜き、案の定、課された厳しい修行の中でその才覚はめきめきと伸びていった。子分の鷹ですら、六右衛門の息子の千住太郎(せんじゅたろう)を上回るほどだった。

六右衛門は密かに金長を恐れ、今の内に身内に加えようと考えた。丁度、六右衛門の娘の小安姫(こやすひめ)が金長に恋焦がれていたこともあって、金長に対し、小安と結婚して自分の養子として跡を継ぎ、千住太郎の後見人になることを勧めた。しかし金長は、茂右衛門への恩を返すまでは他のことに気を使えないとして辞退。殊勝な言い分に六右衛門も反論できず、日開野へ帰っていく金長と鷹を見送るしかなかった。

しかし六右衛門配下の狸は、金長をこのまま帰してはいずれ大きな脅威に育つ、身内に入らないのなら片付けるべきと助言。頷いた六右衛門は数十匹の刺客を放ち、金長を追跡させる。小安からの急報で闇討ちを知った金長と鷹は追っ手を迎撃する。腕には覚えの金長たちではあったが、2匹だけでは多勢に無勢。奮闘の末に鷹は倒れ、金長のみがかろうじて虎口をのがれて日開野へ逃げおおせた。

金長は仇討ちのため仲間の狸たちを召集した。早速、鷹の息子たちが父の弔い合戦のために駆けつけ、日頃から六右衛門の非道ぶりを好ましく思っていなかった狸たちも立ち上がった。一方で六右衛門側では、娘の小安が父の闇討ちを非難し、金長が死んだら自分も生きてはいないとまで言ったが、六右衛門はこれを嘲笑。小安は遂に自分の命をもって父を咎めるべく自刃するが、娘の死は金長に対する六右衛門の憎悪を増長させるだけでしかなかった。また金長も自分を愛してくれた小安の死を知り、六右衛門討つべしとの決意をいよいよ固めた。

勝浦川を挟み、金長軍総勢600匹余り、六右衛門軍総勢600匹余りが対峙した。こうして俗に「阿波狸合戦」と呼ばれる狸の2大勢力の壮絶な戦いが幕を開けた。

勝浦川下流の河原を舞台とする激闘は3日3晩に及んだ。空に叫び声がこだまし、川の水は血で真っ赤に染まり、戦場は倒れた狸たちの死体で埋め尽くされた。弔い合戦ゆえに押しの強い金長軍に対し、六右衛門軍はいったん引き下がって籠城作戦をとる。守りの堅い城を相手に金長軍は攻めあぐねるが、遂に城門を突破し、城内で展開された血みどろの死闘の末、金長は敵将・六右衛門を討ち取った。だが金長もまた致命傷を負う。金長はさいごの力を振り絞って日開野へ帰り、大恩ある茂右衛門に訣別の礼を述べ、力尽きた。

これで合戦は終わったかに見えたが、六右衛門の息子・千住太郎が修行先の屋島の禿狸のもとから急遽駆けつけ、六右衛門軍の残党を再結集して日開野へ攻め入ろうとした。金長軍もやむなくこれを迎え討ち、合戦が再開されたが、そこへ屋島の禿狸が仲裁に入り、ようやく合戦は終結を迎えた。

金長は後に、その生き様に心を打たれた日開野の茂右衛門によって正一位金長大明神として祀られた。現在でも金長大明神は小松島市中田町金長神社に祀られ、崇拝者たちに厚く信仰されている他、各所に狸の像が飾られて人々に親しまれている。

阿波狸合戦を題材とした映画[編集]

参考文献[編集]

  • 人文社編集部 『ものしりミニシリーズ 日本の謎と不思議大全 西日本編』 人文社、2006年、84頁。
  • 武田明・守川慎一郎 『日本の伝説16 阿波の伝説』 角川書店、1977年、177-185頁。
  • 村上健司 『妖怪事典』 毎日新聞社、2000年、141頁。

関連項目[編集]