阿寒町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阿寒町
廃止日 2005年10月11日
廃止理由 新設合併
釧路市、阿寒町音別町釧路市
現在の自治体 釧路市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 釧路支庁
阿寒郡
団体コード 01666-7
面積 739.25km²
総人口 6,401
(住民基本台帳人口、2005年9月末日)
隣接自治体 釧路市白糠町鶴居村
弟子屈町津別町足寄町
町の木 エゾヤマザクラ
町の花 すずらん
阿寒町役場
所在地 085-0292
北海道阿寒郡阿寒町中央1丁目4番1号
座標 北緯43度6分45.3秒
東経144度7分24.9秒
北海道内における阿寒町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

阿寒町(あかんちょう)は、北海道東部、釧路支庁管内の阿寒郡にあった町。マリモで有名な阿寒湖を有する。

町名の由来はアイヌ語の地名であるが、その語源ついては諸説ありアカム(akam 車輪)とする説やラカン(rakan ウグイの産卵)に関係するという説、地震の時雄阿寒岳が動かなかったことに由来するという説がある[1]

釧路市との合併後、もとの阿寒町役場は阿寒町行政センターとなった。

地理[編集]

釧路市から北西約40kmに位置。阿寒湖から南流する阿寒川の流域を占め、町域は南北に細長い。阿寒川に沿うように国道240号が縦断している。中心である阿寒地区は南部の釧路市に近い場所にあり、ここに町役場が置かれていた。 北部は阿寒国立公園に属し、阿寒湖、阿寒湖温泉を有する山岳地帯。 一年を通して全国、海外特にアジアから多くの観光客が訪れる。

隣接していた自治体[編集]

歴史[編集]

  • 1887年 阿寒郡戸長役場を設置する。
  • 1923年 二級町村制施行。
  • 1937年 鶴居村を分村して、村名を舌辛村から阿寒村へ変更。
  • 1940年 一級町村制施行。
  • 1957年 町制施行、阿寒町となる。
  • 1970年 2月27日 雄別炭鉱閉山。 4月15日 雄別鉄道廃止。
  • 1986年 阿寒町開基100年記念式典を挙行する。

経済[編集]

産業[編集]

かつては雄別炭鉱を中心とした炭鉱の町として栄えていたが1970年2月に閉山。街は大打撃を受けた。

現在は酪農、畜産、阿寒湖を中心とする観光が基幹産業。

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

教育[編集]

高等学校

中学校

  • 阿寒、阿寒湖

小学校

  • 阿寒、阿寒湖、中徹別、仁々志別

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

町内に鉄道路線なし。以下の駅が最寄駅でバスが運行。

1970年4月15日 雄別鉄道廃止。 町内には 阿寒駅 古潭駅 新雄別駅 真澄町駅 雄別炭山駅があった。

バス[編集]

道路[編集]

一般国道

道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光[編集]

阿寒町と関わりのある有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道環境生活部 アイヌ語地名リスト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]