阿呆船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Narrenschiff.jpg

阿呆船』(あほうせん) Das Narrenschiff は、15世紀のドイツ作家セバスティアン・ブラントSebastian Brantによって書かれた諷刺文学である。1494年バーゼルで刊行された。1497年にはラテン語訳も刊行され、その後英語フランス語オランダ語など各言語に翻訳されて16世紀ヨーロッパにおけるベストセラーになった。

内容[編集]

ありとあらゆる種類・階層の偏執狂、愚者、白痴、うすのろ、道化といった阿呆の群がともに一隻の船に乗り合わせて、阿呆国ナラゴニアめざして出航するという内容である。全112章にわたって112種類の阿呆どもの姿を謝肉祭の行列のごとく配列して、滑稽な木版画の挿絵とともに描写しており、各章にはそれぞれに教訓詩や諷刺詩が付されている。巻頭第一章を飾るのは、万巻の書を集めながらそれを一切読むことなく本を崇めている愛書狂(ビブロマニア)であり、ここでは当時勃興した出版文化の恩恵に与りながら、有効活用もせず書物蒐集のみに勤しむ人々を皮肉っている。その他にも、欲張りや無作法、権力に固執する者などが諷刺されている。本書は同時代ドイツにおける世相やカトリック教会の退廃・腐敗を諷刺したものとされる。

「阿呆船」の題名は、新約聖書ルカ福音書にあらわれる「ペテロの舟」を意識したものらしい。

和訳は、現代思潮新社の叢書「古典文庫」シリーズより上下二巻として刊行されている。翻訳者は尾崎盛景

関連作品ほか[編集]