闘いの挽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
闘いの挽歌
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード[AC]
ファミリーコンピュータ[FC]
開発元 カプコン
発売元 カプコン
人数 1〜2人交互プレイ
発売日 [AC]1986年4月
[FC]1986年12月24日
テンプレートを表示

闘いの挽歌』(たたかいのばんか、日本国外版タイトルはTrojan)はカプコンより1986年4月に発売されたアーケード用アクションゲーム。同年にはファミリーコンピュータ版が1986年12月24日に発売された。更に2006年3月2日よりPlayStation 2で発売されたカプコン クラシックス コレクションに収録されている。

概要[編集]

サイドビュー形式のアクションゲーム。プレイヤーキャラクターと敵キャラクター達は当時としてはかなり大型で見栄えのするグラフィックが用いられている。

それとは対照的にゲーム内容は非常にシンプルかつストイックであり、ステージにはギミック的な要素はほとんど存在せず、プレイヤーを脅かす要因はもっぱら敵キャラクターからの攻撃である。

主人公の攻撃方法は剣によるものだけであり、敵からの攻撃の防御は盾で行う。ただし、素手にさせられる要素は存在する。

このような「攻撃・防御の駆け引きによるキャラクター同士の戦闘」を主軸に据えたゲーム性には、後の『ストリートファイター』や『ファイナルファイト』といったヒット作へのルーツがうかがえる。

ストーリー[編集]

核戦争が終局を迎えた世紀末、剣王の率いる悪の軍団によって支配され続けている世界があった。 この世界の人々は悪の軍団の横暴なやり方に怯えながらの生活をすごしていた。 すべての武術を習得している君は、剣王の力に怯えている人たちの依頼を受け、 この世界に再び平和を呼び戻すべく悪の軍団に立ち向かうのであった。 [1]

ルール[編集]

8方向レバーと2つのボタン(PlayStation 2版ではジャンプボタンを含む3ボタン)を使って、主人公『リュウ』を操作する。2つのボタンの効果は武器を持っているときは「剣を振る」と「盾で防御」だが、素手になると「パンチ」と「キック」に変更される。

全6ステージ&2周構成となっており、合計12ステージ。ちなみにファミリーコンピュータ版では2周目は無い。

画面の左右から迫ってくる敵を倒して進む。各ステージの最後にはボスが待ち構えており、倒せばクリア。

プレイヤーには体力ゲージが存在しており、攻撃を受けることで体力が減っていく。体力を回復させるにはステージクリアか、時々登場する回復アイテム(翼の生えたハート)を取るしかない。

体力が全て無くなるか、タイムオーバーで1ミスとなる。3ミスでゲームオーバー。ただし、コンティニューすると一定のポイントからゲームが再開する。

ファミコン版のオリジナル要素[編集]

  • 業務用にはいない敵キャラクターが登場する。
  • 回復アイテム以外のパワーアップアイテムが追加されている。
  • 2周せずにエンディングを迎えることが出来る。
  • VSモードが追加されている。

脚注[編集]

  1. ^ 業務用販促チラシより

その他の話題[編集]

外部リンク[編集]