関都駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関都駅
駅舎(2008年6月)
駅舎(2008年6月)
せきと[1] - Sekito
(2.4km) 川桁
福島県耶麻郡猪苗代町大字関都字南切立[1]814
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越西線
キロ程 31.0km(郡山起点)
電報略号 セト
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[2]
乗車人員
-統計年度-
36人/日(降車客含まず)
-2004年-
開業年月日 1899年明治32年)7月15日[1]
備考 無人駅[2]

関都駅(せきとえき)は、福島県耶麻郡猪苗代町大字関都字南切立にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線である[1]。駅名は附近の2つの集落の名前(関脇と都沢)を合成したものである。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線[2]を有する地上駅。互いのホームは構内踏切で連絡している[2]。駅舎側が通過線となる一線スルーの構造である。上下列車とも主に1番線を使用する[2]

会津若松駅管理の無人駅[2]。元は民家風の駅舎を持っていたが、解体され2001年(平成13年)にレンガ風の新駅舎に改築された[2]。ホームにはひと抱えもある老木が並び、特色となっている[2]

のりば[編集]

1 磐越西線 (下り) 猪苗代会津若松喜多方方面
(上り) 磐梯熱海郡山方面
2 磐越西線 (下り) 猪苗代・会津若松方面(1本のみ)

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
磐越西線
快速「あいづライナー」・快速
通過
普通
上戸駅 - (猪苗代湖畔駅 - 関都駅 - 川桁駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e JR東日本:各駅情報(関都駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 23頁、2014年10月21日閲覧。
  3. ^ 「福島県耶麻郡猪苗代町関都」付近地図(1/3000)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]