関啓扶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関 啓扶
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県半田市
生年月日 1993年2月6日(21歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト5位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

関 啓扶(せき けいすけ、1993年2月6日 - )は愛知県半田市出身の元プロ野球選手。

経歴[編集]

小学校1年生の時に野球を始める。同時にプロ野球を志望。中学生時代は地元の知多東浦リトルシニアで副主将として活躍、シニアチームの監督と菰野高野球部監督との間に親交があった事から、同校に進学。

菰野高校3年生の夏の大会では三重県大会予選の準決勝まで進出、県大会優勝のいなべ総合学園から12三振を奪いながら0-1で惜敗したが、県大会4試合・22回2/3を投げて1失点(自責点0)、31奪三振、防御率0.00の安定した投球を見せた。同年の高校生投手としては東海地方No.1と言われる。

2010年ドラフト会議中日ドラゴンズから5位指名を受け入団。プロ入り3年間で一軍登板は一度もなく、2013年10月2日に球団より戦力外通告を受けた[1]。同年11月15日にNPBから任意引退選手として公示[2]された。2014年からは中日の二軍マネージャーを務める[3]

プレースタイル[編集]

最速148km/hのストレートと縦に鋭く曲がるスライダーカーブシュートパームボールなどの変化球が武器の本格派右腕。ストレートは常時144-145km/hを記録する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 62 (2011年 - 2013年)

脚注[編集]

  1. ^ 来季の契約について”. 中日ドラゴンズ (2013年10月2日). 2013年10月3日閲覧。
  2. ^ 2013年度 任意引退選手NPB公式サイト
  3. ^ 【中日】関 啓扶投手 惜別球人2013”. Sponichi Annex 野球 (2013年12月14日). 2013年12月14日閲覧。

関連項目[編集]