閔純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

閔 純(びん じゅん、? - 191年)は、中国後漢時代末期の政治家。字は伯典[1]

正史の事跡[編集]

姓名 閔純
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 191年初平2年)
字・別号 伯典(字)
出身地 〔不詳〕
職官 冀州別駕
爵位・号等 -
陣営・所属等 韓馥
家族・一族 〔不詳〕

冀州韓馥配下の別駕。初平2年(191年)、韓馥が袁紹から冀州入りを打診されると、閔純は耿武李歴沮授と共にそれを拒否するよう諌めたが、韓馥は聞かず、袁紹を迎え入れてしまった。

袁紹が冀州入りして韓馥と面談した際には、他の同僚たちが韓馥を見捨てて逃げ去る中、耿武と共に韓馥の傍らで剣を構え、他の袁紹の兵士達が立ち入るのを拒んだ。これを見た袁紹は、後に密かに部下の田豊に指図し、耿武と閔純を暗殺した。果たしてその後、袁紹に冀州を奪われた韓馥も、失意の内に自殺した。

物語中の閔純[編集]

小説『三国志演義』では、「関純」という名に改められて登場している。『演義』では、関純は史実のように袁紹迎え入れを諫止してはおらず、袁紹の迎え入れの使者になるよう、韓馥から命じられているだけである。それでも最後は、耿武と共に袁紹を暗殺しようと斬りかかったが、袁紹の傍らに控えていた文醜に返り討ちされ果てている。

脚注[編集]

  1. ^ 《英雄記》

参考文献[編集]