間欠跛行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

間欠跛行間歇跛行(かんけつはこう)、間欠性跛行間歇性跛行(かんけつせいはこう)とは、歩行などで下肢に負荷をかけると、次第に下肢の疼痛・しびれ・冷えを感じ、一時休息することにより症状が軽減し、再び運動が可能となること。

原因疾患としては腰部脊柱管狭窄症閉塞性動脈硬化症閉塞性血栓性血管炎などが多い。

関連項目[編集]