閑蔵駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
閑蔵駅
駅構内
駅構内
かんぞう - Kanzō
尾盛 (2.7km)
(5.0km) 井川
所在地 静岡県静岡市葵区井川
所属事業者 大井川鐵道
所属路線 井川線
キロ程 20.5km(千頭起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1959年(昭和34年)8月1日
備考 終日駅員無配置

閑蔵駅(かんぞうえき)は静岡県静岡市葵区井川字閑蔵にある大井川鐵道井川線の駅である。閉塞区間を短くするために設けられた[1]

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅、交換可能駅である。駅舎はなく、井川側に待合室がある。

駅周辺[編集]

  • 大井川
  • 井川村立井川小学校閑蔵分校跡

歴史[編集]

隣の駅[編集]

大井川鐵道
井川線
尾盛駅 - 閑蔵駅 - 井川駅

その他の特徴[編集]

近隣の民家も殆ど無いため、「秘境駅」と呼ばれることもある。定期乗降客はほとんどいない。しかしながら、2012年現在においては大鉄バス閑蔵線の開設により、千頭‐閑蔵間の短絡を望む観光客の利用が増加している。
この駅と尾盛駅との間に「関の沢橋梁」がある。川底からの高さはおよそ70、8m。鉄橋上では、列車は観光のため徐行運転を行う。
一日の最初の列車は朝9時51分に到着し、付近の住民のための新聞(3部。紐で一束にしてある)を載せている。車掌が新聞配達を委託されており、駅の小屋に新聞を置いていく[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『秘境駅-中部・東海編』(DVD) 販売元 GPミュージアムソフト
  2. ^ 『秘境駅-中部・東海編』(DVD) 販売元 GPミュージアムソフト

関連項目[編集]