門奈裕子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

門奈 裕子(もんな ゆうこ)は、日本フィギュアスケートコーチ静岡県浜松市出身。

経歴[編集]

静岡県浜松市出身。浜松市内のスケートリンクでスケートを始める。選手時代は愛知県名古屋市の短期大学に進学し、小塚光彦指導の下、名古屋市を拠点に活動を行っていた。短期大学卒業と同時に選手を引退する[1]

引退後は指導者の道へと進み、名古屋市内にある星ヶ丘スポーツP&Sの専任コーチを経て、自身が主宰する名東フィギュアスケーティングクラブを創設する。2007年には山田満知子小塚嗣彦とともに中京大学アイスアリーナアドバイザーに就任[2]

教え子には安藤美姫[3]、幼少期の浅田真央[4]浅田舞恩田美栄[5]などがいる。現在は2011年世界ジュニア選手権代表の大庭雅の指導を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ 日本のメダリストのコーチたち~門奈裕子編(1) ジュニアスキー
  2. ^ 中日スポーツ:山田満知子氏、アドバイザー就任 中京大アイスアリーナ:スポーツ
  3. ^ 安藤美姫「教わるだけから卒業。曲選びもコーチと」 日本経済新聞
  4. ^ 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.8
  5. ^ 『日本女子フィギュアスケート オフィシャル応援ブック2006』実業之日本社、2005年10月、p.51

外部リンク[編集]