長野市ボブスレー・リュージュパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯36度42分39秒 東経138度09分27秒 / 北緯36.71083度 東経138.15750度 / 36.71083; 138.15750

トラック

長野市ボブスレー・リュージュパーク(ながのし-)は、長野県長野市中曽根にある世界最南端に位置するボブスレーリュージュスケルトンの兼用競技施設である。長野オリンピックのボブスレー・リュージュ会場として使用された。愛称はスパイラル

概要[編集]

長野市の直営施設で、全長は1,700m。コースは人工凍結方式でアンモニア間接冷却方式が採用されている。長野オリンピックの基本理念である「自然との共存」を踏まえ、地形改変を極力抑えたためにコースの途中に5%、15%の2か所の上り坂がある。

101億円かけて建設された[1]。長野オリンピック後は、人工凍結方式であるために施設の維持運用に多額の費用が必要であり、競技人口が少ないために利用料収入で費用を賄えない状況であるが、廃止した場合は国に対して補助金を返還しなければならず、また2000年札幌市手稲山ボブスレーコースが廃止されて以降、公式競技が行える日本で唯一のコースであるため、簡単には廃止できない状況にある。

開催された主な競技大会[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]