長連龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長 連龍
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文15年8月15日1546年9月9日
死没 元和5年2月3日1619年3月18日
改名 萬松(幼名)→宗先(戒名)→好連→連龍→如庵(戒名)
別名 仮名:九郎左衛門
戒名 東嶺良如庵主
墓所 東嶺寺石川県七尾市
主君 織田信長前田利家前田利長前田利常
加賀藩人持組頭
氏族 長氏
父母 父:長続連、母:不明
兄弟 綱連杉山則直連龍飯川義実連常連盛
正室:新(神保氏張妹)
継室:玉(長綱連女)
好連連頼、豕子(浅賀作左衛門室)、前田利常側室)、竹(前田直知室)

長 連龍(ちょう つらたつ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将

生涯[編集]

天文15年(1546年)8月15日、能登畠山氏の家臣長続連の三男として生まれる。幼名は萬松

臨済宗となり、宗先を称して孝恩寺の住職になった。天正5年(1577年)に上杉謙信の侵攻を受けて畠山氏の居城・七尾城を上杉軍に取り囲まれると、父の命で密かに織田信長のもとへ援軍要請に赴く。しかし、援軍が到着する前に城内での裏切りにより長一族が遊佐続光温井景隆らに殺されたため、一族の中で一人生き残る。還俗して好連を名乗り、自ら兵500を集めて穴水城を奪取。上杉家臣の当時七尾城主であった鯵坂長実や織田氏に属した神保氏張らと結び、遊佐氏らに対抗する。

その後、仇である遊佐らと戦を繰り返し、神保氏張らと共に能登国越中国を転戦。遊佐・温井らによって七尾城の鯵坂が追放されると、柴田勝家に近づき、前田利家・佐久間盛政らとともに遊佐・温井らを攻め、逐電した遊佐を追撃し、討ち取ることに成功する。能登が前田利家に与えられると土肥親真らと共にその与力となった。

天正8年(1580年)1月10日、連龍に改名する。天正10年(1582年)の柴田勢による魚津城攻めにも従軍。一族の長景連が上杉方に属したため、これを撃破している。本能寺の変後は利家の家臣となり、賤ヶ岳の戦いなど数々の合戦において功をあげ、佐々成政による末森城攻めでは利家の救援軍に属して、華々しい活躍をあげ、利家に「抜群の活躍比類なし、真実頼もしく候」と賞されている。

慶長11年(1606年)に家督を長子の好連に譲り隠居したが、慶長16年(1611年)に好連が早世すると再び当主の座に復帰し、大坂の役にも従軍した。

元和5年(1619年)2月3日、能登田鶴浜(現七尾市)にて死去。享年74(満72歳没)。家督は次男の連頼が継いだ。以降子孫は加賀前田家家老として3万3,000石を領した。