長楽寺 (太田市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長楽寺
Ota Gunma Shorakuji Hondo 1.JPG
本堂(2012年3月)
所在地 群馬県太田市世良田3119-7
位置 北緯36度15分47.1秒 東経139度16分37.7秒 / 北緯36.263083度 東経139.277139度 / 36.263083; 139.277139座標: 北緯36度15分47.1秒 東経139度16分37.7秒 / 北緯36.263083度 東経139.277139度 / 36.263083; 139.277139
山号 世良田山
宗派 天台宗
本尊 釈迦如来
創建年 1221年(承久3年)
開基 世良田義季
テンプレートを表示

長楽寺(ちょうらくじ)は、群馬県太田市世良田町にある天台宗寺院山号は世良田山。本尊釈迦如来。隣接して世良田東照宮がある。境内は「新田荘遺跡」の一部として国の史跡に指定されている。

歴史[編集]

1221年承久3年)世良田義季の開山、臨済宗の僧[1]栄朝を開山として創建されたという。早い時期から官寺として扱われていた。室町時代初期(南北朝時代)には関東十刹のひとつに列せられた。開基当初は臨済宗であったが、徳川家の祖とされる世良田義季(得川義季)が創建したとされることから徳川家の帰依を得、江戸時代江戸幕府に起用された天台宗の僧天海により天台宗に改宗となった。

文化財[編集]

重要文化財

  • 石造宝塔 - 建治2年(1276年)建立
  • 紙本墨画出山釈迦図
  • 紙本墨書長楽寺文書 7巻(117通)

群馬県指定重要文化財

  • 勅使門・三仏堂・太鼓門
  • 絹本墨画淡彩呂洞賓図
  • 絹本墨画月湖観音像
  • 絹本墨画葡萄図 伝・日観筆 双幅
  • 絹本墨画枯木図
  • 紙本墨画蘭図
  • 絹本著色無準師範像
  • 絹本著色牧翁了一像
  • 絹本著色荏柄天神像
  • 絹本著色律台栄宗像
  • 絹本著色慈覚大師
  • 絹本著色山王曼荼羅図
  • 絹本著色十六羅漢図
  • 紙本墨画三十三観音像
  • 木造伝徳川義季像
  • 木造伝徳川義季夫人像
  • 木造法照禅師月船琛海像
  • 三仏堂三尊仏
  • 紙本墨書永禄日記
  • 普光庵法照禅師月船琛海墓所出土品

所在地[編集]

  • 群馬県太田市世良田3119-7

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、創建当時に日本の臨済宗の概念は確立されておらず、栄西の弟子であった栄朝も自身を天台宗の僧侶を称していたとされ、栄朝が創建した当初は天台宗と臨済禅の兼修寺院であったという指摘もある(田中大喜「〈得宗専制〉と東国御家人 -新田義貞挙兵前史-」 田中 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第三巻 上野新田氏』(戒光祥出版、2011年)ISBN 978-4-86403-034-2(原論文:2001年))。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]