長期離脱症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長期離脱症状(ちょうきりだつしょうじょう、protracted withdrawal syndrome)、Post-acute-withdrawal syndrome (PAWS)、post-withdrawal withdrawal syndrome) とは、アルコールオピエートベンゾジアゼピン系抗うつ薬また他の物質からの離脱後に生じる永続的症候群である[1][2][3][4]。依存性物質を使用した妊娠中の母親から生まれた幼児は長期離脱症候群が生じることがある[5][6]。長期離脱症候群は、仕事の維持や家族や友人との対話能力など、回復や日常生活の維持に多々の影響を及ぼす。症状は、長期オピオイドヘロイン依存など)からの断薬の90%、アルコールメタンフェタミンベンゾジアゼピンの長期利用からの回復者の4分の3、その他の精神薬では少ない程度の人々に発生する。

長期離脱症候群は、GABAアゴニスト(ベンゾジアゼピン、バルビツール酸系、アルコール)依存の結果である。オピオイド依存性は数十年から無期限に続く。症状は不安定な期間を過ぎたのちに相対的な寛解期に入る。

症状は、気分の変動など感情障害に似ている。快感消失(薬の使用以上の喜びを感じることができない)、不眠、極端な薬物への渇望と執着、自殺念慮自殺、一般的な認知障害、不安うつ病パニック発作などがある。

背景[編集]

アルコールや処方薬などの薬物乱用は、精神病のような症状を誘導する。この症状は、中毒状態や離脱状態の両方で発生する可能性がある。いくつかのケースでは、これらの薬物による精神疾患は解毒後も長期間継続する。アンフェタミンやコカイン乱用の後に長期精神病またはうつ病が形成されるなど。

重度の不安や抑うつは一般的に継続的なアルコール乱用によって導かれ、たいていは長期間の断酒によって収まる。適度のアルコール定期摂取であっても、ある人々では不安や抑鬱のレベルを高める。 ほとんどの場合、これらの薬物による精神疾患は長期断薬によって消失していく。[7]

原因[編集]

この症状は、中枢神経の生理学的適応が永続化したことで、 ゆっくりと可逆的耐性が形成され、 神経伝達物質の擾乱と神経経路の過興奮の結果として生じている。[8][9][10][11]

症状[編集]

症状の重症度は波のように変動する。 一般的な症状は、認知、神経過敏、抑うつ気分、不安障害などであり、そのすべてが再発する可能性と深刻なレベルに達する可能性がある[12][13]

ベンゾジアゼピンからの長期離脱症候群はパニック障害などの全般性不安障害を引き起こすことがある。ときおり長引く特性であることと、ベンゾジアゼピン離脱の重大さにより、突然の断薬は勧められない[14]

共通の症例は以下がある。[15][16][17][18]

  • 心理社会的な機能障害
  • 無快感[19]
  • うつ
  • 対人スキル障害
  • 強迫行動
  • 罪悪感
  • 自律神経失調
  • 悲観的な考え
  • 集中への障害
  • イニシアチブの欠如
  • 渇望
  • はっきりと考えることが出来ない
  • 記憶障害
  • 感情的な過剰反応、しびれ
  • 睡眠障害
  • 身体の調整問題
  • ストレスに対する敏感さ
  • 痛みに対する敏感さの増加
  • パニック障害[14]
  • 全般性不安障害[14]

症状は断続できだが、常に起こるわけではない。それらはストレスやその他の引き金、予期しないタイミングで悪化する。それらは短期間または長期間続くことがある。

次のことは長期離脱症候群をぶり返すか悪化させることがある。

  • ストレスやフラストレーションの状況
  • マルチタスキング
  • 不安・おそれ・怒りの環状
  • 社会的衝突
  • 自身がリラックスできない状況
  • ToDoリストへの掲載のしすぎ

長期ベンゾジアゼピン離脱[編集]

精神機能の障害は、断薬後数ヶ月または数年続くことがある。 断薬後、一年以上精神病うつ病は医学文献に記載されている。 ある精神科通院歴のない患者では、大うつ病性障害・集中力の低下・食欲低下・不眠・喜びの消失・アネルギー・精神遅滞などの症例があった。 患者はまた、毒に犯されているとの被害妄想を持っており、同僚に迫害されているとの幻覚を持っていた。 症状はクロルジアゼポキシドの突然の断薬後に発症し14ヶ月間続いた。試験的に利用された様々な精神薬も症状を軽減するのに失敗した。14ヶ月後に過敏性腸症候群にてクロルジアゼポキシドを服用すると、症状は完全に再発した[20]

別ケースの報告書では、一日あたり5mg-30 mgジアゼパムを投与されていた女性患者について量を突然減らしたところ、女性患者に同様の現象が報告された。 彼女は電気ショック感覚を発症し、depersonalisation不安めまい・側頭葉の脳波スパイク感覚・幻覚・視知覚や感覚の歪みが数年続いた[21]

アルプラゾラムをわずか8週間服用している患者の臨床試験では、記憶障害を引き起こし、断薬後8週間継続した[22]

治療[編集]

症状は月の単位で、深刻な場合は年単位でだんだんと改善されていく[23][24]

アカンプロセート は、アルコール離脱の長期離脱症候群について効果的であることが分かっている[25][26]

カルバマゼピントラゾドン は、長期離脱症候群の治療に効果のあることがある[27][28][29]

認知行動療法は、長期離脱症候群の禁断症状が顕著なときに助けになる[30]

出典[編集]

  1. ^ Collier, Judith; Longmore, Murray (2003). “4”. In Scally, Peter. Oxford Handbook of Clinical Specialties (6 ed.). Oxford University Press. p. 366. ISBN 978-0198525189. 
  2. ^ Miller FT (Mar-Apr 1994). “Protracted alcohol withdrawal delirium”. J Subst Abuse Treat 11 (2): 127?30. doi:10.1016/0740-5472(94)90029-9. PMID 8040915. 
  3. ^ Ashton H (1991). “Protracted withdrawal syndromes from benzodiazepines”. J Subst Abuse Treat (benzo.org.uk) 8 (1-2): 19?28. doi:10.1016/0740-5472(91)90023-4. PMID 1675688. http://www.benzo.org.uk/ashpws.htm. 
  4. ^ Wu JM; Wei DY, Luo YF, Xiang XY (November 2003). “[Clinic research on heroin de-addiction effects of acupuncture and its potentiality of preventing relapse]”. Zhong Xi Yi Jie He Xue Bao 1 (4): 268?72. doi:10.3736/jcim20030412. PMID 15339529. 
  5. ^ Lejeune C; Floch-Tudal C, Montamat S, Crenn-Hebert C, Simonpoli AM (March 1997). “[Management of drug addict pregnant women and their children]”. Arch Pediatr 4 (3): 263?70. doi:10.1016/S0929-693X(97)87247-8. PMID 9181022. 
  6. ^ Gaillard MC; Borruat FX (April 2002). “[New finding: transitory horizontal pendular nystagmus secondary to neonatal abstinence syndrome]”. Klin Monatsbl Augenheilkd 219 (4): 317?9. doi:10.1055/s-2002-30650. PMID 12022028. 
  7. ^ Evans, Katie; Sullivan, Michael J. (1 March 2001). Dual Diagnosis: Counseling the Mentally Ill Substance Abuser (2nd ed.). Guilford Press. pp. 75?76. ISBN 978-1572304468. http://books.google.co.uk/books?id=lvUzR0obihEC. 
  8. ^ Rimondini R; Sommer WH, Dall'Olio R, Heilig M (March 2008). “Long-lasting tolerance to alcohol following a history of dependence”. Addict Biol 13 (1): 26?30. doi:10.1111/j.1369-1600.2007.00079.x. PMID 17850416. 
  9. ^ Ahveninen J; Jaaskelainen IP, Pekkonen E, Hallberg A, Hietanen M, Naatanen R, Sillanaukee P (June 8, 1999). “Post-withdrawal changes in middle-latency auditory evoked potentials in abstinent human alcoholics”. Neurosci Lett 268 (2): 57?60. doi:10.1016/S0304-3940(99)00378-X. PMID 10400077. 
  10. ^ Kiefer F; Andersohn F, Jahn H, Wolf K, Raedler TJ, Wiedemann K (January 2002). “Involvement of plasma atrial natriuretic peptide in protracted alcohol withdrawal”. Acta Psychiatr Scand 105 (1): 65?70. doi:10.1034/j.1600-0447.2002.0_011.x. PMID 12086228. 
  11. ^ Bruijnzeel AW; Gold MS (November 2005). “The role of corticotropin-releasing factor-like peptides in cannabis, nicotine, and alcohol dependence”. Brain Res Brain Res Rev 49 (3): 505?28. doi:10.1016/j.brainresrev.2005.01.007. PMID 16269317. 
  12. ^ Stojek A; Madejski J, Dedelis E, Janicki K (May-Jun 1990). “[Correction of the symptoms of late substance withdrawal syndrome by intra-conjunctival administration of 5% homatropine solution (preliminary report)]”. Psychiatr Pol 24 (3): 195?201. PMID 2084727. 
  13. ^ Bokhan NA; Abolonin AF, Krylov EN, Vetlugina TP, Ivanova SA (2003). “Comparative Efficiency of Proproten-100 during the Therapy of Patients with Alcoholism in the Stage of Therapeutic Remission”. Bull Exp Biol Med 135 (Suppl 1): 171?5. doi:10.1023/A:1024709014483. PMID 12949690. 
  14. ^ a b c Riba, Michelle B.; Ravindranath, Divy (12 April 2010). Clinical manual of emergency psychiatr. Washington, DC: American Psychiatric Publishing Inc. p. 197. ISBN 978-1-58562-295-5. http://books.google.co.uk/books?id=l8veL1bDoF8C&pg=PA197. 
  15. ^ De Soto CB; O'Donnell WE, Allred LJ, Lopes CE (December 1985). “Symptomatology in alcoholics at various stages of abstinence”. Alcohol Clin Exp Res 9 (6): 505?12. doi:10.1111/j.1530-0277.1985.tb05592.x. PMID 3911810. 
  16. ^ Voltaire-Carlsson A; Hiltunen AJ, Koechling UM, Borg S (Sep-Oct 1996). “Effects of long-term abstinence on psychological functioning: a prospective longitudinal analysis comparing alcohol-dependent patients and healthy volunteers”. Alcohol 13 (5): 415?21. doi:10.1016/0741-8329(96)81678-8. PMID 8888936. 
  17. ^ Watanabe KI; Ogihara-Hashizume A, Kobayashi Y, Mitsushio H, Komiyama T (April 2001). “Impaired sleep during the post-alcohol withdrawal period in alcoholic patients”. Addict Biol 6 (2): 163?169. doi:10.1080/13556210020040244. PMID 11341856. 
  18. ^ Vik PW; Cellucci T, Jarchow A, Hedt J (March 2004). “Cognitive impairment in substance abuse”. Psychiatr Clin North Am 27 (1): 97?109. doi:10.1016/S0193-953X(03)00110-2. PMID 15062633. 
  19. ^ Janiri L; Martinotti G, Dario T, Reina D, Paparello F, Pozzi G, Addolorato G, Di Giannantonio M, De Risio S (June 3, 2005). “Anhedonia and substance-related symptoms in detoxified substance-dependent subjects: a correlation study”. Neuropsychobiology 2 (1): 37?44. doi:10.1159/000086176. PMID 15942262. 
  20. ^ Modell JG (Mar-Apr 1997). “Protracted benzodiazepine withdrawal syndrome mimicking psychotic depression” (PDF). Psychosomatics (Psychiatry Online) 38 (2): 160?1. PMID 9063050. http://psy.psychiatryonline.org/cgi/reprint/38/2/160.pdf. 
  21. ^ Shader RI; Greenblatt DJ (1981). “The use of benzodiazepines in clinical practice”. Br J Clin Pharmacol 11 (Suppl 1): 5S?9S. PMC 1401641. PMID 6133535. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1401641. 
  22. ^ Curran, Hv; Bond, A; O'Sullivan, G; Bruce, M; Marks, I; Lelliot, P; Shine, P; Lader, M (November 1994). “Memory functions, alprazolam and exposure therapy: a controlled longitudinal study of agoraphobia with panic disorder.”. Psychological medicine 24 (4): 969?76. doi:10.1017/S0033291700029056. ISSN 0033-2917. PMID 7892364. 
  23. ^ Roberts AJ; Heyser CJ, Cole M, Griffin P, Koob GF (June 2000). “Excessive ethanol drinking following a history of dependence: animal model of allostasis” (PDF). Neuropsychopharmacology 22 (6): 581?94. doi:10.1016/S0893-133X(99)00167-0. PMID 10788758. http://www.nature.com/npp/journal/v22/n6/pdf/1395491a.pdf. 
  24. ^ De Soto CB; O'Donnell WE, De Soto JL (October 1989). “Long-term recovery in alcoholics”. Alcohol Clin Exp Res 13 (5): 693?7. doi:10.1111/j.1530-0277.1989.tb00406.x. PMID 2688470. 
  25. ^ Beleslin D (1991). “[Modern drug therapy in alcoholism]”. Med Pregl 44 (7-8): 279?84. PMID 1806768. 
  26. ^ Wilde MI; Wagstaff AJ (June 1997). “Acamprosate. A review of its pharmacology and clinical potential in the management of alcohol dependence after detoxification”. Drugs 53 (6): 1038?53. PMID 9179530. 
  27. ^ Malcolm R; Myrick H, Brady KT, Ballenger JC (2001). “Update on anticonvulsants for the treatment of alcohol withdrawal”. Am J Addict 10 Suppl: 16?23. PMID 11268817. 
  28. ^ Le Bon O; Murphy JR, Staner L, Hoffmann G, Kormoss N, Kentos M, Dupont P, Lion K, Pelc I, Verbanck P (August 2003). “Double-blind, placebo-controlled study of the efficacy of trazodone in alcohol post-withdrawal syndrome: polysomnographic and clinical evaluations”. J Clin Psychopharmacol 23 (4): 377?83. doi:10.1097/01.jcp.0000085411.08426.d3. PMID 12920414. 
  29. ^ Mueller TI; Stout RL, Rudden S, Brown RA, Gordon A, Solomon DA, Recupero PR (February 1997). “A double-blind, placebo-controlled pilot study of carbamazepine for the treatment of alcohol dependence”. Alcohol Clin Exp Res 21 (1): 86?92. PMID 9046378. 
  30. ^ Hori T; Komiyama T, Harada S, Matsumoto T (2005). “[Treatment of substance dependence by a bio-cognitive model based on behavioral pharmacology]”. Seishin Shinkeigaku Zasshi 107 (11): 1147?58. PMID 16408423. 

関連項目[編集]