長崎電気軌道2号系統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
長崎電気軌道2系統から転送)
移動: 案内検索
2号系統・蛍茶屋行き(精霊流しのための臨時便)
2号系統・赤迫行き(2号系統の赤迫行きは臨時便でしか運転されない)

2号系統(2ごうけいとう)は、長崎市の赤迫を起点とし、松山町、長崎駅前、築町、西浜町、公会堂前を経て、蛍茶屋へ至る長崎電気軌道のの運転系統である。方向幕は白色(□)。

路線では赤迫支線(赤迫 - 住吉)と本線(住吉 - 西浜町)と蛍茶屋支線(西浜町 - 蛍茶屋)に本系統が運行される。

2号系統は、元々は浦上車庫前を起終点とした定期系統であり、1964年頃には日中時間帯は10分間隔で運転されていた。浦上車庫の現在の0番線付近に待避線があり、これを折り返し線として使用していた。1968年6月の正覚寺下延長を機に、経営再建のための合理化に伴い、定期系統から臨時系統に変わり、徐々に減便され、朝ラッシュ時と深夜のみの運転となり、現在では深夜のみとなっている。浦上車庫前の待避線は1971年5月頃に廃止されている。

3号系統に比べて距離が長く、遠回りとなるため、他の系統と比較して運行本数が非常に少なく、2010年平成22年)現在では通常深夜1往復のみの運行である。ただし、越年時は初詣電車として深夜に約8分間隔で運行されるほか、何らかの理由により桜町支線が通行止めの場合は3号系統から振り替えて運行される。他にも大波止や築町といった利用者の多い電停を通るためまれにイベント等の時に臨時運行される。

3000形がデビューした当初、3000形専用ダイヤの蛍茶屋行きは2号系統で運行されていた。現在は2号系統の運行はなく、全て3号系統で運行されている。

系統概要[編集]

  • 全長 約8.8km
  • 所要時間 約36分
  • 運行間隔 深夜1往復(ただし、赤迫方面行きは終点まで行かず浦上車庫前止まり。越年時は深夜約8分間隔で全区間運行)
  • 2007年(平成19年)5月19日5月24日に発生した2度の脱線事故により7月18日までの間3号系統赤迫行きは運休となり、代替として赤迫行きのみ約6分間隔で運行された。しかし運行経路が3号系統に比べて遠回りとなるため、長崎駅前 - 赤迫間では、正規の3号系統より10分程度延着していた。特に始発便(蛍茶屋6時15分発)を利用する客には影響が大きいため、6月2日より利便の確保のため通常の始発より早い時間に臨時便(蛍茶屋6時5分発)を1本増発して対応していた。

停留場一覧[編集]

停留場番号 停留場名 読み 停留所間距離 (km) 赤迫からの距離 (km) 周辺施設 路線 軌道
11 赤迫 あかさこ 1





1





赤迫支線


12 住吉 すみよし JR西浦上駅・住吉市場 本線
13A[1] 昭和町通り しょうわまちどおり 十八銀行住吉支店・長崎銀行千歳支店・若葉町交番
13 千歳町 ちとせまち チトセピア
14 若葉町 わかばまち マルタマストアー
15 長崎大学前 ながさきだいがくまえ 長崎大学
16 岩屋橋 いわやばし 長崎北消防署・長崎大橋郵便局・十八銀行大橋支店
17 浦上車庫前 うらかみしゃこまえ  


18 大橋 おおはし 長崎県営野球場
19 松山町 まつやままち 平和公園・長崎銀行浦上支店・長崎原爆資料館
20 浜口町 はまぐちまち 長崎西洋館
21 大学病院前 だいがくびょういんまえ 長崎大学病院 長崎北郵便局


22 浦上駅前 うらかみえきまえ JR浦上駅
23 茂里町 もりまち 長崎ブリックホール長崎新聞社長崎文化放送みらい長崎ココウォーク
24 銭座町 ぜんざまち ダイハツ長崎本社
25 宝町 たからまち ベストウェスタンプレミアホテル長崎
26 八千代町 やちよまち 長崎県交通局本局・長崎営業所
27 長崎駅前 ながさきえきまえ JR長崎駅アミュプラザ長崎NHK長崎放送局
28 五島町 ごとうまち テレビ長崎
29 大波止 おおはと 夢彩都長崎港ターミナル・長崎県庁
30 出島 でじま 出島長崎県美術館長崎水辺の森公園長崎国際テレビ
31 A/B 築町 つきまち 長崎新地ターミナル長崎新地中華街・十八銀行本店
32 西浜町 にしはまのまち  
36 西浜町(アーケード前) にしはまのまち(アーケードまえ)     浜町アーケード
37 賑橋 にぎわいばし 0.4 6.9 眼鏡橋親和銀行長崎支店・長崎銀行本店・エフエム長崎本社 蛍茶屋支線
38 公会堂前 こうかいどうまえ 0.3 7.2 長崎市公会堂・長崎市民会館
39 諏訪神社前 すわじんじゃまえ 0.5 7.7 諏訪神社
40 新大工町 しんだいくまち 0.3 8.0 玉屋
41 新中川町 しんなかがわまち 0.4 8.4 シーボルト記念館
43 蛍茶屋 ほたるぢゃや 0.3 8.7  

脚注および参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 赤迫ゆきのみ停車。もと13番なので、今でも駅名標には13が記してある。