長島☆自演乙☆雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長島☆自演乙☆雄一郎
基本情報
本名 長島 雄一郎
(ながしま ゆういちろう)
通称 コスプレファイター
侵略のアニヲタ野郎
階級 ミドル級K-1
スーパーウェルター級NJKF
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1984年7月2日(30歳)
出身地 兵庫県西宮市
身長 175cm
体重 70kg
スタイル 日本拳法
プロキックボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 23
KO勝ち 13
敗け 9
テンプレートを表示

長島☆自演乙☆雄一郎(ながしま じえんおつ ゆういちろう、1984年7月2日 - )は、日本キックボクサープロレスラー。本名は長島 雄一郎(ながしま ゆういちろう)。報徳学園高校卒業、流通科学大学中退。魁塾所属。スターポリスとマネジメント契約を結んでいる。血液型A型K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜王者、初代ニュージャパンキックボクシング連盟(NJKF)スーパーウェルター級王者。プロボクサー長島謙吾は実弟[1]

人物

兵庫県西宮市出身。大阪市生野区の魁塾に所属。日本拳法をバックボーンとする。ミドルネームの自演乙インターネットスラングで「自作自演おつかれさま」の略。「自演乙」と付けた理由は2ちゃんねらーであることから[2]。また、「☆」を2つ付けた理由は、「☆」が1つのつのだ☆ひろを超えたかったため[2]。なお、2009年1月から2ちゃんねる芸能・音楽・スポーツニュース速報+板の記者をやっている。

公式サイトおよびブログでは「声優になること」「K-1に出てコスプレ応援団席を作ること」が夢、コスプレが仕事、「皆に認めて貰えるような立派なアニオタになること」が目標で、格闘技は趣味としてついでに「(チャンピオン)ベルトも目指してる」と、あくまでコスプレ優先の姿勢を崩していない。これらのうち「声優」「K-1出場」「ベルト」は叶えられた。実際、長島の出る試合の観客席にはコスプレ姿で長島を応援するファンも見受けられる。

エピソード

格闘技関連

  • リングへの入場行進で毎回コスプレをしており、入場曲はアニメの主題歌や『東方Project』のアレンジ曲である。これらのパフォーマンスから桃井はるこのWeb番組等に出演し、桃井はるこ作詞作曲編曲のテーマソング「☆自演乙☆ソング」が発売されることとなった。
  • 格闘家を目指したきっかけは中学3年時にK-1でアンディ・フグを見て憧れたことからで[2]、「選手ではなく観客が満足する試合をやりたい」とインタビューで語るなど魅せる意味でのプロ意識は高い[3]
  • 格闘技イベント「DEEP KICK」のプロデューサーとして格闘技イベントを興行、「☆誕生日☆でおっつおつ」「☆新年会☆でおっつおつ」といったイベントを主催するなどプロデュース業にも積極的である。

アニメ・ヲタク関連

  • 自分の試合の対戦カードを発表する記者会見で、『生徒会役員共』の七条 アリアのコスプレ姿で会見に登場し「ヲタとしてのメッセージ」として「都の青少年健全育成条例の改正案に大反対」と切り出し、「表現の自由が奪われれば、コスプレの自由が奪われるかもしれないので、それ(改正案反対)を全面に出して戦いたい」と話した[5]

プライベート他

  • 2011年11月に一般人の女性と結婚。2012年9月3日に埼玉県鷲宮神社で行われたコスプレイベントにゲスト出演した際に結婚していたことを公表した[6]
  • 「CODE(コードヘッドウェア)」とのコラボレーションで帽子を、「MARS SIXTEEN」とのコラボレーションでTシャツを発売している。

来歴

総合格闘技

2005年8月27日、POWERGATE 2(総合格闘技ルール)に出場し高田谷悟腕ひしぎ十字固め一本負け。この時のリングネームは本名の「長島雄一郎」だった。

2006年4月29日、REALRHYTHMの若手育成大会「ダブルアール」で開催されたライト級トーナメントに出場し2試合を勝ち抜く。セコンドには池本誠知が付いた。

2006年7月30日、REALRHYTHM 4th STAGEで行われたダブルアール・ライト級トーナメント決勝で鍵山雄介KO勝利し優勝を果たした。

2006年10月1日、パンクラスのパンクラスゲート試合に出場しKO勝利を収めた。

キックボクシング

2007年4月15日、リングネームを「長島☆自演乙☆雄一郎」に変えニュージャパンキックボクシング連盟でプロキックボクシングデビュー。深野文仁に右ハイキックでKO勝利。

2008年2月11日、「MARS 11 "2nd ANNIVERSARY"」で開催されたMARSブラスターバウト初代王者決定トーナメントAブロックに出場。1回戦でK・ウォーワンチャイに判定勝利、決勝ではシャイン・スー韓国、大韓ムエタイ韓国スーパーミドル級王者)にKO勝利し、優勝を果たした[7]。Bブロック優勝者浦野貴之と6月29日に王者決定戦を行う予定だったが大会は開催されず、MARSは消滅した。

NJKF日本王座獲得

2008年11月9日に後楽園ホールで行われた「START OF NEW LEGEND XIII 〜新しい伝説の始まり〜」第10試合NJKFスーパーウェルター級王座決定戦[8]では、前日コメントで対戦相手の古川照明は入場行進中のコスプレに対し「北斗の拳とかのアニメの真似事だと思うが最近のアニメは理解できない」とコメント、対する長島は「練習時間以外は常に入場のことを考えている。てるあきくん、おっつおつにしてやんよ♪」とコメントし[9]、当日は初音ミクのコスプレをして両手にネギを持ちネギ踊りしつつ入場、リング上でも踊り狂った[8]。また、この一戦はNJKFとしては初の加盟ジム所属ではない選手のタイトル戦となった。

試合は1R開始直後に長島がパンチの連打で古川からダウンを奪い、古川は立ち上がったが左目が腫れて足下もおぼつかなく、再開直後から再び仕掛けてきた長島のラッシュに抵抗出来ずスタンディング・ダウンを取られレフェリーストップで1RTKO勝利。試合開始64秒、パンチのみでの勝利だった。試合後、応援客が応援の小道具として持っていたネギをリングに投げ込む中、長島はコーナーポストに登って雄叫びを上げ[8]NJKFスーパーウェルター級初代王者となった[10]

2008年12月22日、DEEP PROTECT IMPACT 2008で初代M-1フェザー級王者サクシー・ケイ・リバーと対戦、長島の膝蹴りによりサクシーは鼻から出血してドクターストップがかかり2RTKO勝利。この試合にはFEG社長の谷川貞治が観戦に訪れており、長島は試合後のマイクパフォーマンスで「全勝でK-1MAXの舞台に上がりたいと思っています。アニヲタによるK-1制圧作戦が実行に移されようとしています」とK-1参戦をアピールした[11]

K-1

2009年2月23日、K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜に出場。1回戦では『マクロスF』の劇中歌「星間飛行」をBGMにランカ・リーのコスプレをし、ナレーションをランカ・リー役の中島愛が務める中で入場。試合は前回準優勝のHAYATOを相手に序盤からパンチのラッシュを仕掛け、バッティングで右瞼をカットしながらも計3度のダウンを奪い2RKO勝利。続く準決勝の山本優弥戦では1回戦と違う「アナタノオト」バージョンで入場。この試合も序盤からラッシュを仕掛けたが山本のガードを崩せず2Rにダウンを奪われ、3R途中にHAYATO戦でカットした瞼からの出血が悪化してドクターストップによるTKO負けを喫した。

2009年3月8日から13日にかけて、4月21日のK-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16における推薦枠での出場選手を決めるファン投票がK-1公式サイトで実施され、他の候補選手を大きく引き離す50%あまりの得票率で出場権を獲得、世界トーナメント初代王者アルバート・クラウスとの対戦が決定した[12]

2009年4月8日の公開練習では桃井はるこのWeb番組に出演した際にリクエストを募集して1位となったビリー・ヘリントンのコスプレでレスリングスパーリングを行い、その後着替えてミット打ちを見せた。取材には『灼眼のシャナ』のシャナの衣装で応じ、出稽古でボクシング日本スーパーウェルター級5位の下川原雄大などととコメント。勝って衣装を持ち帰るとクラウスが挑発したことに対して「命懸けで阻止する」とし、自分が勝てばクラウスが『天元突破グレンラガン』のヨーコのコスプレをすることを要求した[13]

2009年4月21日、K-1 WORLD MAX 2009 FINAL16のトーナメント1回戦でクラウスと対戦。10人のメイドを引き連れ、桃井はること共に『乃木坂春香の秘密』の主人公・乃木坂春香のコスプレで同作品のエンディングテーマのダンスを再現し入場。試合では真っ向からパンチを出して打ち合おうとしたが逆にクラウスのパンチで1Rに2度のダウンを奪われ、試合開始1分7秒でプロデビュー以来初めてダウンによるKO負けを喫した。試合後のインタビューでは「世界は強かった」とコメントし、ファンに謝罪すると共にこの敗戦を活かして這い上がると宣言した[14]

2009年8月から9月にかけて東京に住み込みシルバーウルフで出稽古を行い、魔裟斗ともスパーリングを行った[15][16]

2009年10月26日、K-1 WORLD MAX 2009 FINALのワンマッチで散打選手シュー・イェン(中国)に初回KO負け。2連続1ラウンドKO負けとなり、試合後の会見では「自分の進退を考えなければいけない」と引退を示唆するコメントを残した[17]

2010年3月27日、K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜に出場し、K-1 MAX史上初となる全試合KO勝利[18]で初優勝を果たした[19]。NJKF王座の防衛戦を行うことが難しくなったため、4月1日付けで王座を返上した[20]

2010年7月5日、K-1 WORLD MAX 2010 FINAL16アンドレ・ジダと対戦し、2-0の判定勝ち。試合後、ジダの攻撃を受けた際に右耳の鼓膜が破れていたと語った[21]

2010年11月8日、K-1 WORLD MAX 2010 FINALに出場。準々決勝でマイク・ザンビディスと対戦し、3Rに2度のダウンを奪われてKO負けを喫した。

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜青木真也と対戦。『探偵オペラ ミルキィホームズ』の主演声優陣(声優ユニット「ミルキィホームズ」)をバックダンサーに、明智小衣のコスプレで入場。試合は、オープンフィンガーグローブを着用し、変則ルール(1Rが3分の特別キックルール(フリーノックダウン制)、2Rが5分の総合格闘技ルール。2Rで決着がつかない場合は判定なし)で行なわれたが、1Rは青木が明らかに戦意のないクリンチ、タックル、投げ、掛け逃げ(ドロップキックや浴びせ蹴りでマットに倒れ込む、蹴りを放つと同時に故意に転倒する)、首相撲の状態からの膝蹴り、相手に背中を向けて逃げる行為、ロープにつかまってのドロップキックと反則行為を繰り返しながら逃げ回り、会場からは猛烈なブーイングが浴びせられていた。本来であれば、青木は1Rの時点で反則負けを宣せられて当然であった。続けて2R開始4秒で、タックルに来た青木への右跳び膝蹴りでダウンを奪って失神させ、鉄槌での追撃でKO勝ちした。試合後は、座礼を行い頭を深々と下げた。タップアウトできないように両腕を押さえ付けながら技を極め続けて相手の腕を折り、舌を出しながらファックポーズで侮辱した青木とは対照的である。試合後のインタビューで、「2Rのひざは狙っていましたか?」という質問に対し「狙っていました。作戦は特にないです。青木選手とやると決まって、総合ルールでは勝てるわけないだろと思ってました。青木真也ですからね。世界一のグラップラーですから。総合ルールになったら終わるなと思っていました。でも、僕も往生際は悪いので、どうせだったら一発、立ってる状態では白帯ではないので。本当に1ラウンドと2ラウンドのファーストコンタクトを練習、イメージしてきました。」[22]と語った。この試合の解説を行った須藤元気は、「空気が読めないところが最高ですね」、「戦う気ないっすね、一切」、「しょっぱい逃げ方してるから」、「バチが当たった」、魔裟斗は「こんな戦い方するんだったらキックルールを受けるな」、「超気持ちいいな、俺」、「乙ー!乙ー!よくやった!よくやった!K-1なめんなよっつーね」、「俺1ラウンドすっげー頭きてた」、「人生逃げてちゃ勝てない」、谷川貞治は「漫画のような展開」とコメントした。青木の反則行為を黙認した島田裕二の贔屓レフェリングに対し、長島も苦言を呈していた。試合後、青木は病院送りとなり、一部では死亡説も取り沙汰された。青木が試合前のインタビューで答えていた「 2Rになったら五体満足で帰れないからその辺よろしくお願いします」という内容を皮肉にも自身が体現することになってしまった。

2011年9月25日、K-1 WORLD MAX 2011 〜-70kg Japan Tournament FINAL〜のスーパーファイトで拳月と対戦。プロレス参戦による大幅な体重増からの減量のためトーナメントには出場せず、78kg契約のワンマッチとなった。試合は1Rに長島がカウンターの左フックでダウンを奪い主導権を得た後、2Rでスリップ状態の長島に対するキックにより拳月が反則の減点1を受ける。拳月はレフェリーに注意を受けた直後に長島に向かって舌を出す、ノーガードで挑発するなど荒いファイトスタイルを続けたが、その後は両者決め手を欠き3R終了。大差の判定で長島が勝利した。

2011年12月31日、元気ですか!! 大晦日!! 2011[23]菊野克紀とMIXルールで対戦。1Rのキックルールで菊野に先制のダウンを奪われ、終盤カウンターの左フックでダウンを奪い返すものの仕留めきれず、2RのDREAMルールでテイクダウンを許し、バックマウントから側頭部へのパウンドを浴び続けレフェリーストップ負けを喫した。試合後のコメントでMMAに転向することを発表。

プロレス

過去の来歴から一見プロレスと接点が無さそうだが、アントニオ猪木引退試合でプロレスに目覚め、プロレスラーになるために格闘技を始めて、猪木が引退後に主宰したUFOに入団を問い合わせたこともあるという。

2011年5月5日に後楽園ホールにて開催される『ブシロードレスリング』でプロレスデビューが決定。佐藤耕平と対戦し、14分03秒に飛びつき回転十字固めで勝利[24]

同年6月、ZERO1のリングでとタッグを組み、大谷・橋本大地組と対戦。同じキック主体で戦う大地を一人前の選手として認め、闘争心むき出しで戦った(試合は曙が大地からボディ・プレスでフォール勝ち)。 [25]

同年8月、ZERO1のリングで大谷晋二郎橋本大地とタッグを組み、崔領二KAMIKAZE澤宗紀と対戦。ライバル視している橋本大地とタッグなため不機嫌ながらもキックでのコンビネーションを見せる。(試合は大谷が澤にスパイラルボムで勝利)

同年8月、IGFのリングで蝶野正洋と対戦。魔法少女まどか☆マギカ巴マミのコスプレをして入場した自演乙は、蝶野のSTFで首を極められギブアップ。しっかりとプロレスをしながらもマミるフラグを回収する試合を見せた。[26]

同年12月2日、IGFのリングでボブ・サップと対戦。『こいけん!』の喜久井マリで入場した自演乙は、序盤はパワーで押されながらもスクールボーイで見事勝利。

2012年3月20日に、IGFのリングでマスクド・ゲノムJr.との対戦が決定。藤真拓哉のデザインした長島☆自演乙☆雄一郎イメージキャラクターコスプレで入場。

同年3月25日、靖国神社奉納プロレスに参加。nobodyknows+のノリ・ダ・ファンキーシビレサスと6人タッグで戦い勝利し、アニメとコスプレを奉納。入場はIGFと同じく藤真拓哉のデザインした長島☆自演乙☆雄一郎イメージキャラクターコスプレ。[27]

入場曲

戦績

キックボクシング

キックボクシング 戦績
32試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
23 13 8 0 0 0
9 4 4 1
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
一龍 3R終了 判定3-0 武林風 2014年9月9日
× ダニロ・ザノリニ 2R 反則 RISE 100 2014年7月12日
渡部太基 延長1R終了 判定3-0 RISE 99 2014年4月29日
宍戸大樹 3R終了 判定 3-0 SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT~GROUND ZERO TOKYO 2013~ 2013年11月16日
タヌンサック・スラナリージム 3R終了 判定 3-0 M-FIGHT~蹴拳13~Part2 2013年10月14日
× 佐藤嘉洋 3R終了 判定 0-3 HOOST CUP KINGS~王者たちの饗宴~ 2013年6月16日
× ロビン・ファン・ロスマレン 3R終了 判定 DREAM.18 & GLORY 4 2012年12月31日
× ヘンリー・オプスタル 3R終了 判定 0-3 REBELS.13 2012年10月28日
拳月 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD MAX 2011 〜-70kg Japan Tournament FINAL〜
【スーパーファイト】
2011年9月25日
× マイク・ザンビディス 3R 1:58 KO(2ノックダウン:パンチ連打) K-1 WORLD MAX 2010 -70kg World Championship Tournament FINAL
【準々決勝】
2010年11月8日
アンドレ・ジダ 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg World Championship Tournament FINAL16 / -63kg Japan Tournament FINAL〜
【1回戦】
2010年7月5日
中島弘貴 3R 1:58 KO(右フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜
【決勝】
2010年3月27日
龍二 1R 1:44 KO(2ノックダウン:パンチ連打) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜
【準決勝】
2010年3月27日
名城裕司 1R 0:39 KO(2ノックダウン:左フック) K-1 WORLD MAX 2010 〜-70kg Japan Tournament〜
【1回戦】
2010年3月27日
× 徐琰(シュー・イェン 1R 1:04 KO(左フック) K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL 2009年10月26日
× アルバート・クラウス 1R 1:07 KO(パンチ連打) K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16
【1回戦】
2009年4月21日
× 山本優弥 3R 0:59 TKO(ドクターストップ:右瞼カット) K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜
【準決勝】
2009年2月23日
HAYATO 2R 0:36 KO(2ノックダウン:右ストレート) K-1 WORLD MAX 2009 〜日本代表決定トーナメント〜
【1回戦】
2009年2月23日
サクシー・ケイ・リバー 2R 0:39 TKO(ドクターストップ:鼻負傷) DEEP PROTECT IMPACT 2008
【キックルール】
2008年12月22日
古川照明 1R 1:04 KO(パンチ連打) ニュージャパンキックボクシング連盟
「START OF NEW LEGEND XIII 〜新しい伝説の始まり〜」
【NJKFスーパーウェルター級王座決定戦】
2008年11月9日
宮越宗一郎 1R 1:50 KO(3ノックダウン:左フック) ニュージャパンキックボクシング連盟
「START OF NEW LEGEND XI 〜新しい伝説の始まり〜」
2008年9月27日
健太 5R終了 判定2-1 ニュージャパンキックボクシング連盟
「WEST SWELL 〜西のうねり〜」
2008年6月8日
マーマイ 4R KO カオラックスタジアム(タイ) 2008年5月3日
シャイン・スー 3R 0:18 KO MARS 11 2nd ANNIVERSARY
【MARSブラスターバウト・トーナメントAブロック 決勝】
2008年2月11日
K・ウォーワンチャイ 判定3-0 MARS 11 2nd ANNIVERSARY
【MARSブラスターバウト・トーナメントAブロック 1回戦】
2008年2月11日
岩崎徳正 3R終了 判定3-0 MARS 10 "ALL-OUT WAR"
【MARSブラスターバウト・ルール】
2007年12月9日
丸山純一 1R 2:27 KO MARS 09
【キックルール】
2007年10月13日
上田拳二 1R 1:38 KO(パンチ連打) DEEP 30 IMPACT
【PUREBRED大阪提供試合 キックルール】
2007年7月8日
深野文仁 1R 2:04 KO(右ハイキック) ニュージャパンキックボクシング連盟
「FIGHTING EVOLUTION IV 〜進化する戦い〜 健心塾10周年記念大会」
2007年4月15日
西村佳生 1R 1:30 KO ACCEL 格闘武道会4 聖夜決戦 2005年12月25日
蔵本竜二 判定3-0 ACCEL 格闘武道会2 KARATE REVENGE 2005年6月5日

総合格闘技

総合格闘技 戦績
5 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
3 3 0 0 0 0 0
2 0 1 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 柴博 5分2R終了 判定0-3 REALRHYTHM 5th STAGE 2006年11月18日
鍵山雄介 1R 3:45 KO(スタンドパンチ) REALRHYTHM 4th STAGE
【オープニングファイト / ダブルアール・ライト級トーナメント 決勝】
2006年7月30日
木村統雄 0:41 TKO(レフェリーストップ:パウンド) RR 3rd STAGE
【ダブルアール・ライト級トーナメント 準決勝】
2006年4月29日
大野剛 0:37 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ) RR 3rd STAGE
【ダブルアール・ライト級トーナメント 1回戦】
2006年4月29日
× 高田谷悟 1R 1:59 腕ひしぎ十字固め POWERGATE 2 2005年8月27日

ミックスルール

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 菊野克紀 2R 2:34 TKO(バックマウントパンチ) 元気ですか!! 大晦日!! 2011
【MIXルール(1R キックルール/2R DREAMルール)】
2011年12月31日
青木真也 2R 0:04 KO(右膝蹴り→パウンド) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜
【DREAM特別ルール(1R 変則キックルール/2R DREAMルール)】
2010年12月31日
柏木広和 3R終了 判定3-0 ACCEL 格闘武道会
【日本拳法VS空手 異種格闘技試合】
2004年7月31日

アマチュア総合格闘技

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
長堂嘉夢 1R 0:12 KO(スタンドパンチ) パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【パンクラスゲート】
2006年10月1日

獲得タイトル

アマチュア

  • 極真連合会全日本大会 高校の部 準優勝
  • 第7回西日本学生個人拳法選手権大会 第4位[28]
  • のじぎく兵庫国体 日本拳法一般男子の部 準優勝[29][注 1]
  • 第8回格闘空手選手権大会 優勝

プロ

  • ニュージャパンキックボクシング連盟初代スーパーウェルター級王座
  • ダブルアール・ライト級トーナメント優勝
  • K-1 WORLD MAX 2010 -70kg Japan Tournament 優勝

コスプレレパートリー

チルノ博麗霊夢(2010年3月27日、名城裕司戦)、八意永琳(2010年3月27日、龍二戦)、霧雨魔理沙(2010年3月27日、中島弘貴戦)
  • アニメ
ランカ・リー(2009年2月23日、HAYATO戦。2009年4月4日、赤坂5丁目ミニマラソン)、ヴィータ閻魔あい仲村ゆり中原小麦カミナ渚カヲルアンドレ・ジダ戦前日記者会見)、サキエル(2010年7月5日、アンドレ・ジダ戦)、平沢唯田井中律明智小衣アルセーヌ涼宮ハルヒ朝比奈みくる長門有希巴マミ(2011年8月27日、蝶野正洋戦)、鹿目まどか先導エミ角谷杏(2013年6月16日 佐藤嘉洋戦)
  • 漫画
水銀燈泉こなたアリシア・フローレンス阿部高和諫山黄泉巻き貝の巻Mr.2・ボン・クレー
  • ゲーム
竜宮レナ天海春香(ゼノグラシア版)シュー・イェン戦前日記者会見)、坂上智代(TBS番組カード学園)、フェイリス・ニャンニャン能美クドリャフカ
  • ライトノベル
桜野くりむ木下秀吉インデックス白井黒子シャナドクロちゃん乃木坂春香(2009年4月21日、アルバート・クラウス戦)、戦場ヶ原ひたぎ瀬能ナツルアンドレ・ジダ戦公開練習)、ニャル子(2012年10月28日 ヘンリー・オプスタル戦)
  • 芸能人
桃井はるこビリー・ヘリントンアルバート・クラウス戦公開練習)
  • その他
初音ミク矢澤にこ

出演

テレビ番組

アニメ

ゲーム

インターネットテレビ

  • 桃井はるこの独占!モコモコ90分#1(ニコニコ生放送、2009年3月25日)
  • 桃井はるこの独占!モコモコ60分(ニコニコ生放送、2009年)
  • 全てのホビーファンに送る「朝まで生ワンホビテレビ6」!(ニコニコ生放送、2009年7月26日)
  • J-サポート(あっ!とおどろく放送局、2009年12月21日)
  • ai sp@ce バリバリ720分(ニコニコ生放送、2009年12月29日, 30日)

ラジオ

インターネットラジオ

イベント、その他

  • 大虹ロックフェスティバル Vol.1 〜みらくるらりあっと〜(2008年11月29日)
  • New レイヤーズパラダイス(2009年3月20日)
  • Borderless Dimension!! vol.10(2009年3月28日)
  • 萌えミーティング2009(2009年7月12日)
  • AOMORI夏の魔物(2009年7月18日)
  • ブシロード カードフェス(2009年7月25日)
  • ワンダーフェスティバル2009in幕張(2009年7月26日)
  • 『劇場版マクロスF 〜イツワリノウタヒメ〜』公開初日舞台挨拶(2009年11月21日)
  • 阿佐ヶ谷ロフトA『とある桃井の超自演砲vol.1 〜自演のチカラ2010〜』(2010年5月25日)

脚注

注釈

  1. ^ デモンストレーション競技で兵庫県内在住もしくは県内の大学か道場に所属している選手のみ参加可能。
  2. ^ 第10話ではOPとEDに参加している。

出典

  1. ^ ☆自演乙☆の弟・長島謙吾3回TKO デイリースポーツonline 2009年5月6日
  2. ^ a b c 『練習はアニメ4時間見てから』――長島☆自演乙☆選手、K-1戦う“ヲタ”の日常 (3/3)ITmedia、2009年3月13日。
  3. ^ 自演乙がクラウスに「負けたらコスプレ」要求!! K-1公式サイト 2009年3月18日
  4. ^ ブシロードの社長がK-1 MAX世界トーナメントに出場する自演乙を"おたく世界ライト級"王者に認定!防衛戦はアキバプロレスで? バトルニュース 2010年6月3日
  5. ^ 「Dynamite!!」参戦の自演乙選手、「都条例反対を全面に出して戦う」
  6. ^ 長島☆自演乙☆雄一郎 : コスプレファイターが結婚告白 「らき☆すた」のコスプレ姿で,毎日新聞,2012年9月2日
  7. ^ 【MARS】桜木圧勝でようやく光が見えた! トーナメント優勝は長島 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年2月11日
  8. ^ a b c 長島☆自演乙☆が圧勝TKO! 新王者に=NJKF スポーツナビ 2008年11月10日
  9. ^ 古川×長島☆自演乙☆、王座戦控えコメント BoutReview 2008年11月7日
  10. ^ アニオタでニコ厨で2ちゃんねらーでコスプレイヤーな格闘家「長島☆自演乙☆雄一郎」とは? - GIGAZINE
  11. ^ 【DEEP】地上最強のアニヲタ長島☆自演乙、谷川FEG代表の目前でK-1制圧を宣言! 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年12月23日
  12. ^ 「wktkが止まらない」 自演乙選手、ファン投票1位で「K-1 MAX」世界戦へ - ITmedia News
  13. ^ 長島がガチムチ公開スパー、大みそかは魔裟斗よりアニソン!?=K-1 MAX 世界王者クラウスには屈辱コスプレ指令=自演乙☆劇場 スポーツナビ 2009年4月8日
  14. ^ K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL16:第4試合 K-1公式サイト 2009年4月21日
  15. ^ 完全復活の自演乙が驚きのマニフェストを発表!? K-1公式サイト 2009年10月12日
  16. ^ 自演乙の発声練習に絶句&肉体美に思わず溜め息… K-1公式サイト 2009年10月23日
  17. ^ K-1 WORLD MAX 2009 World Championship Tournament FINAL:第1試合 K-1公式サイト 2009年10月26日
  18. ^ 自演乙が初V、全試合KOは史上初/K1日刊スポーツ
  19. ^ K-1 WORLD MAX 2010 -70kg Japan TournamentK-1公式サイト
  20. ^ 【NJKF】5・9長島☆自演乙☆雄一郎がタイトル返上!健太と太陽が決定戦 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月5日
  21. ^ 【K-1MAX】コスプレ長島、試合中に鼓膜が破れていた!明かされた激闘の裏側 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月5日
  22. ^ ?勇気のチカラ2010? 第8試合 スポーツナビ 2010年12月31日
  23. ^ ヒョードルが年明け直前に石井をKO!桜庭相手に鈴川&澤田が大暴れ!菊野と自演乙は壮絶な殴り合い!青木は北岡に激勝! バトル・ニュース 2011年12月31日
  24. ^ 【ブシロードレスリング】"コスプレファイター"自演乙が子供の頃の夢を叶えてプロレスデビュー!ムーンサルトプレスや卍固めまで繰り出し見事勝利! バトルニュース 2011年5月5日
  25. ^ 大地vs.自演乙のルーキー対決が実現!曙に圧殺された大地だが、父の七回忌に高山善廣と一騎打ちが決定! バトルニュース 2011年6月14日
  26. ^ 初代王者のバンナが藤田をKOして2億円ベルト初防衛!鈴川は何度も立ち上がるが、アーツに惨敗!蝶野は自演乙に貫禄勝ち! バトルニュース 2011年8月27日
  27. ^ 大谷vs.橋本戦を終えた大谷は大地をパートナーに指名してノア出撃宣言!靖国でコスプレファイターvs.紅白歌手ファイターが実現! バトルニュース 2012年3月25日
  28. ^ 2006年度 西日本学生拳法連盟主催・後援 試合結果”. Infoseek. 楽天. 2009年4月10日01:27閲覧。
  29. ^ のじぎく兵庫国体 デモスポ行事 日本拳法 試合結果 日本体育協会 公式サイト
  30. ^ キャラクター”. R-15 ぽーたぶる 公式サイト. 2011年9月3日閲覧。

関連項目

外部リンク

前王者
2008年10月新設
初代NJKFスーパーウェルター級王者

2008年11月9日 - 2010年4月1日(返上)

次王者
健太