長尾半平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長尾半平
長尾半平

長尾 半平(ながお はんぺい、慶応元年(1865年7月 - 昭和11年(1936年6月20日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の土木技術者、鉄道技術者、教育者政治家実業家。俳人でもあり、「秋邨」と号した。

人物[編集]

祖伯父は長尾秋水。1865年(慶応元年)村上藩士の長男として、越後国村上堀片(現・新潟県村上市堀片)で生まれる。若くしてクリスチャンとなり禁酒主義者となる。1879年から地元新潟の語学校に入学したが、同1885年学制改革により同学校が廃止し上京。築地英語学校に通うほか青山学院で聖書研究。

1887年(明治20年)大学予備門から工部大学校(現東京大学工学部)に進学し、後身の帝国大学工科大学土木工学科を1891年に卒業。

卒業後は内務省に入省。土木監督所に勤務の後、山形県、つづいて埼玉県土木課長をへて、1898年(明治31年)台湾総督府民政部土木課長に就任。また、1900年から台北市区改正計画委員会委員として、野村一郎堀見末子らと台湾市区改正計画にも取り組み、さらに土木技師として港湾築港や鉄道敷設など、土木事業および都市計画・国土計画策定に従事。

1901年(明治34年)4月からロンドンに港湾の調査滞在。このとき夏目漱石と同じ下宿に居住。帰台後は基隆港湾局技師をへて、1902年(明治35年)2月、土木局長心得に就任。また台湾時代には婦人慈善会商議員長などをつとめ、長尾奨学金を創設した。

1901年、後藤新平の招きで鉄道省に移籍し、鉄道院技師に転任。1911年には鉄道院業務調査会会議副委員長。その後鉄道博物館掛長となり、交通博物館設立に尽力。1913年鉄道院管理部長。1916年以降は九州・中部各鉄道管理局長、鉄道省理事を経て、1919年に西シベリア鉄道国際管理委員会副委員長に就任。

1921年からは東京市電気局長に。東京市では市長後藤新平と電気局長の半平で、名前に田がつく3人助役とともに「三田二平の新市政」と呼ばれた。

1930年、衆議院議員に当選し、立憲民政党に属した。

日本国民禁酒連盟(現・日本禁酒同盟)理事長として禁酒運動に、また麻薬中毒者救護会理事など社会活動にも尽力。その他教文館初代会長、和光学園園長、明治学院理事、東京女子大学副学長などを務めた。

亡くなる直前には朝鮮総督府に転任し、同地で死去した。

著書に、禁酒叢話(1928年)など。長尾のロンドン時代については夏目漱石がエッセイ『過去の匂い』に書いている。

著名な子孫[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]