長尾一徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「長尾一德」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

長尾 一德(ながお かずのり、1963年9月9日 - )は、日本実業家。株式会社ジョイフル第3代取締役社長。奈良県出身(出生地は鳥取県日野郡日南町[1]兵庫県芦屋市出身とする資料もある[2])。

来歴[編集]

小学校時代は6回も転校を重ねた。奈良県立桜井商業高等学校卒業、法政大学経済学部中退。1987年3M(アメリカ本社)に入社。1989年12月にペプシコに転職。ペプシコーラの日本における事業がサントリーに売却されたのに伴い、1998年1月にサントリーフーズに転籍した。

2006年4月にジョイフルに出向。2007年3月に取締役商品本部長兼マーケティング本部長に就任し、また同時にジョイフルに転籍した。同年12月13日、当時の社長の穴見陽一が次期衆院選に大分1区より自民党公認候補として立候補を表明したのを受け、2008年1月1日に代表取締役社長に就任した。ジョイフルとしては初の創業家以外の社長で、かつ非プロパーの社長となる。

2008年の世界同時不況で業績が悪化したため、2009年3月26日に代表権のない社長に退いた(代表権は新たに会長に就任する児玉幸子(創業者穴見保雄の義妹)のみが持つ)。

2010年3月25日の定時株主総会で取締役を退任した[3]。その後の消息は不明。

脚注[編集]

  1. ^ ジョイフル採用情報サイトより
  2. ^ 大分合同新聞2007年12月14日朝刊共同代表制へ ジョイフルより。同記事によれば元プロ野球選手とある。しかし長尾が高校を卒業したと思われる1982年から3M入社とされる1987年までの日本プロ野球12球団の選手名鑑に長尾の名はなく、この記事の信憑性には疑問が持たれる。
  3. ^ 取締役退任に関するお知らせ ジョイフル2010年3月10日付ニュースリリース