長城汽車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長城汽車 賽鈴

長城汽車股份有限公司(英:Great Wall Motor Company Limited、簡体字:长城汽车、略称:GWM / GW)は、中国最大の私有自動車メーカーである。

歴史[編集]

長城汽車は香港証券取引所における中国最初の私有自動車メーカーであり、1984年に17億香港ドルの投資を受けて設立された。そして、10年に及ぶ成長ののち、保定市最大の納税者となった。

2004年9月には、欧州市場にCUVの輸出を開始し、世界進出の一歩とした。現在は収益の約3分の1を輸出が占めている。

車種[編集]

CUV[編集]

SUV[編集]

ピックアップ[編集]

乗用車[編集]

  • 騰翼 (Voleex) Cシリーズ

コンパクトカー[編集]

ミニバン[編集]

生産拠点[編集]

生産拠点は主に保定に存在する。施設総面積は1,800,000m2で、最高年間300,000台生産することができる。2007年には最高生産台数が400,000台に到達する。

また、2007年8月23日に、ウクライナに工場を設置した。今後ロシアにも工場が設置される予定。

さらに、イランの自動車メーカーDiar社は長城汽車の製品を生産している。

中国国外での販売[編集]

2006年に最初の輸出車としてホーバーが西ヨーロッパに輸出され、イタリアでは30,000台が販売された。そして世界108カ国に販売拠点を置いている。また、同年5月にはキューバにおいてディアーの販売が開始された。

さらに、ペルー市場においてはゾナ・モーターズによって同年にセーフとホーバーの販売が開始された。

類似性の問題[編集]

同社のSUV「セーフ」はトヨタ・ハイラックスサーフに、「セーラー」は日産・フロンティアに類似しているなどの指摘があり[1]、さらにフィアットは、長城汽車の「ペリー」が自社の「パンダ」に類似しているとしてトリノ・中国双方の裁判所に訴訟したが、トリノ側のみが罰金の支払いを命じた[2]。なお同車は日産・ノートとの類似性も指摘されている[3]

なお、他にも他車との類似性を指摘されている車両が多く存在する。

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【上海モーターショー05】長城汽車の日産対抗とホンダライバル
  2. ^ 中国“パンダ”の逆襲!…フィアット敗北
  3. ^ 【北京ショー速報】長城汽車が小型車に参入、展示した3モデルはいずれも日本車に似る

外部リンク[編集]