鑑定士と顔のない依頼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鑑定士と顔のない依頼人
La migliore offerta
監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ
製作 Isabella Cocuzza
Arturo Paglia
出演者
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ファビオ・ザマリオン
編集 マッシモ・クアッリア
製作会社 Paco Cinematografica
配給 イタリアの旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ギャガ
公開 イタリアの旗 2013年1月1日
日本の旗 2013年12月13日
上映時間 124分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 $18,028,413[2]
テンプレートを表示

鑑定士と顔のない依頼人』(英題:The Best Offer、原題:La migliore offerta)は、ジュゼッペ・トルナトーレ監督・脚本による2013年イタリア恋愛ミステリ映画である。ジェフリー・ラッシュジム・スタージェスドナルド・サザーランドが出演し、映画音楽はエンニオ・モリコーネが作曲した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヴァージル・オールドマン ジェフリー・ラッシュ 小川真司
ロバート ジム・スタージェス 花輪英司
クレア シルヴィア・フークス英語版 山根舞
ビリー ドナルド・サザーランド 稲垣隆史
フレッド フィリップ・ジャクソン
ランバート ダーモット・クロウリー英語版
サラ リヤ・ケベデ
ナナ キルナ・スタメル英語版

製作[編集]

FVC映画ファンドからの提供を受けた Paco Cinematografica によって製作された。撮影は2012年4月30日にトリエステで始まり、その後フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウィーン南ティロルで5〜6週間かけて行われた[3]

評価[編集]

ガーディアン』のアンドリュー・パルバーは2/5星を与えた[4]。『ジ・エイジ』はフィリッパ・ホーカーは3/5星を与えた[5]。『Brisbane Times』のサンドラ・ホールは4/5星を与え、ジェフリー・ラッシュの演技を高評価した[6]。『ハリウッド・リポーター』のデボラ・ヤングは「鋭い脚本」と評した[7]。『バラエティ』では表面的で陳腐な映画と評されたが、興行的には成功すると予想された[1]

受賞[編集]

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では作品賞、監督賞、美術監督賞、衣裳賞、音楽賞を獲得した[8]ナストロ・ダルジェント賞では音楽賞と作品賞を含む6部門を獲得した[9]イタリアゴールデングローブ賞英語版では撮影賞と作曲賞にノミネートされた[10]

参考文献[編集]

  1. ^ a b “Review: "The Best Offer"”. Variety. (2013-01-24). http://variety.com/2013/film/reviews/the-best-offer-1117949089/ 2013年9月1日閲覧。. 
  2. ^ “La Migliore Offerta (The Best Offer)”. Mojo. http://boxofficemojo.com/movies/intl/?page=&country=IT&id=_fLAMIGLIOREOFFERT01 2013年10月6日閲覧。. 
  3. ^ Scarpa, Vittoria (2012年4月5日). “Tornatore shoots The Best Offer in Trieste”. http://www.cineuropa.org/nw.aspx?t=newsdetail&l=en&did=218345 2012年11月17日閲覧。 
  4. ^ Pulver, Andrew (2013年2月13日). “The Best Offer – First Look Review”. The Guardian. http://www.theguardian.com/film/2013/feb/13/the-best-offer-first-look-review 2013年9月1日閲覧。 
  5. ^ Hawker, Philippa (2013年8月29日). “The Best Offer review: Artistry in Fascination with Beauty”. The Age. http://www.theage.com.au/entertainment/movies/the-best-offer-review-artistry-in-fascination-with-beauty-20130828-2sqkv.html 2013年9月1日閲覧。 
  6. ^ Hall, Sandra (2013年8月29日). “The Best Offer review: Perfect Frame to Display Rush's Talent”. http://www.brisbanetimes.com.au/entertainment/movies/the-best-offer-review-perfect-frame-to-display-rushs-talent-20130828-2sqo5.html 2013年9月1日閲覧。 
  7. ^ Young, Deborah (2013-01-05). “The Best Offer: Film Review”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/review/best-offer-film-review-408942 2013年9月1日閲覧。. 
  8. ^ Hombrebueno, Pierre (2013年6月15日). “Giuseppe Tornatore's The Best Offer Wins Big at the Embarrassing Italian Oscars”. Twitch Film. 2013年9月1日閲覧。
  9. ^ Lyman, Eric J. (2013-07-07). “'The Best Offer' Wins Big at Italy's Nastri d'Argento Awards”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/best-offer-wins-big-at-581515 2013年9月1日閲覧。. 
  10. ^ “Geoffrey Rush film sweeps Silver Ribbon awards”. BBC News. (2013年7月8日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-23223677 2013年9月1日閲覧。 

外部リンク[編集]