鑑定士と顔のない依頼人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鑑定士と顔のない依頼人
La migliore offerta
監督 ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ
製作 Isabella Cocuzza
Arturo Paglia
出演者
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 ファビオ・ザマリオン
編集 マッシモ・クアッリア
製作会社 Paco Cinematografica
配給 イタリアの旗 ワーナー・ブラザーズ
日本の旗 ギャガ
公開 イタリアの旗 2013年1月1日
日本の旗 2013年12月13日
上映時間 124分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
製作費 $18,000,000[1]
興行収入 $18,028,413[2]
テンプレートを表示

鑑定士と顔のない依頼人』(英題:The Best Offer、原題:La migliore offerta)は、ジュゼッペ・トルナトーレ監督・脚本による2013年イタリア恋愛ミステリ映画である。ジェフリー・ラッシュジム・スタージェスドナルド・サザーランドが出演し、映画音楽はエンニオ・モリコーネが作曲した。

ストーリー[編集]

ヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)は美術鑑定士として成功を収めていた。だが、女性と接するのが非常に苦手で、隠し部屋に大量の女性の肖像画を飾り鑑賞するという奇妙な性癖を持っていた。ヴァージルは女性の肖像画は自身が開催するオークションで友人のビリー(ドナルド・サザーランド)と共謀し、格安で落札していたのだった。友人のビリーはかつては画家を目指していたのだが、ヴァージルに才能がないと一蹴され、諦めていた。

ある日ヴァージルのもとに、電話を通じて依頼が入る。依頼内容は両親が死去したので、両親が収集していた美術品を競売にかけて欲しいというものだった。依頼人の邸宅には確かに様々な美術品が置いてあったが、当の依頼人であるクレア(シルヴィア・フークス)自身は姿を表さなかった。何度か足を運ぶと依頼人のクレアは隠し部屋に引きこもっていることが分かった。

邸宅の管理人やクレア自身の会話を整理すると、クレアは広場恐怖症で長年引きこもっており、作家として生計を立てているという。依頼人が姿を表さないという前代未聞の依頼であったが、ヴァージルは扉越しに接するうちに、クレアの容姿に興味を持ち、ある日クレアの容姿を盗み見る。クレアは長年引きこもっていたとは思えないほど美しく若い女性であった。

クレアにすっかり夢中になるヴァージルは、遂にクレアとの直接対面を果たし、クレアに自分のコレクション(女性の肖像画)を見せびらかすなどして、非常に親しくなる。そして友人の機械職人ロバート(ジム・スタージェス)の後押しを受け、プロポーズに成功する。プロポーズを受けたクレアは両親の遺した美術品を競売にかけるのをやめて欲しいと依頼し、ヴァージルは快諾する。

結婚を機にヴァージルは引退を決意し、そして最後の競売となった会場では様々な人から祝福され、友人のビリーからは「俺の絵の才能を認めてくれなかったのが残念だったが、お祝いに絵画を送ったよ」と絵画を送ってもらう。ヴァージルは帰宅するが、隠し部屋の肖像画コレクションが殆ど全てが根こそぎなくなっており、ヴァージルは愕然とする。

唯一遺された女性の肖像画は元々クレアの邸宅にあったもので、裏にはなぜか「親愛と感謝をこめて」とビリーの署名があった。更にはロバートの店とクレアの邸宅はもぬけの殻になっており、連絡も取れなくなってしまう。邸宅の近所のバーの客に、邸宅に何度も家具が運びいれられ運び出されていたこと、邸宅から若い女性(クレア)が度々外出していたこと、そして彼女(バーの客)が邸宅の本当の持ち主で他人に邸宅を貸すことがあったことを告げられる。

ヴァージルは自分が騙されていたことを信じられず、クレアが話していた思い出の飲食店で一人食事をする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヴァージル・オールドマン ジェフリー・ラッシュ 小川真司
ロバート ジム・スタージェス 花輪英司
クレア・イベットソン シルヴィア・フークス英語版 山根舞
ビリー・ホイッスラー ドナルド・サザーランド 稲垣隆史
フレッド フィリップ・ジャクソン 桂一雅
ランバート ダーモット・クロウリー英語版
バーの客 キルナ・スタメル英語版
サラ リヤ・ケベデ

製作[編集]

FVC映画ファンドからの提供を受けた Paco Cinematografica によって製作された。撮影は2012年4月30日にトリエステで始まり、その後フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ウィーン南ティロルで5〜6週間かけて行われた[3]

評価[編集]

ガーディアン』のアンドリュー・パルバーは2/5星を与えた[4]。『ジ・エイジ』はフィリッパ・ホーカーは3/5星を与えた[5]。『Brisbane Times』のサンドラ・ホールは4/5星を与え、ジェフリー・ラッシュの演技を高評価した[6]。『ハリウッド・リポーター』のデボラ・ヤングは「鋭い脚本」と評した[7]。『バラエティ』では表面的で陳腐な映画と評されたが、興行的には成功すると予想された[1]

受賞[編集]

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞では作品賞、監督賞、美術監督賞、衣裳賞、音楽賞を獲得した[8]ナストロ・ダルジェント賞では音楽賞と作品賞を含む6部門を獲得した[9]イタリアゴールデングローブ賞英語版では撮影賞と作曲賞にノミネートされた[10]

参考文献[編集]

  1. ^ a b "Review: "The Best Offer"". Variety. 2013-01-24. Retrieved 2013-09-01. 
  2. ^ "La Migliore Offerta (The Best Offer)". Mojo. Retrieved 2013-10-06. 
  3. ^ Scarpa, Vittoria (2012年4月5日). “Tornatore shoots The Best Offer in Trieste”. http://www.cineuropa.org/nw.aspx?t=newsdetail&l=en&did=218345 2012年11月17日閲覧。 
  4. ^ Pulver, Andrew (2013年2月13日). “The Best Offer – First Look Review”. The Guardian. http://www.theguardian.com/film/2013/feb/13/the-best-offer-first-look-review 2013年9月1日閲覧。 
  5. ^ Hawker, Philippa (2013年8月29日). “The Best Offer review: Artistry in Fascination with Beauty”. The Age. http://www.theage.com.au/entertainment/movies/the-best-offer-review-artistry-in-fascination-with-beauty-20130828-2sqkv.html 2013年9月1日閲覧。 
  6. ^ Hall, Sandra (2013年8月29日). “The Best Offer review: Perfect Frame to Display Rush's Talent”. http://www.brisbanetimes.com.au/entertainment/movies/the-best-offer-review-perfect-frame-to-display-rushs-talent-20130828-2sqo5.html 2013年9月1日閲覧。 
  7. ^ Young, Deborah (2013-01-05). "The Best Offer: Film Review". The Hollywood Reporter. Retrieved 2013-09-01. 
  8. ^ Hombrebueno, Pierre (2013年6月15日). “Giuseppe Tornatore's The Best Offer Wins Big at the Embarrassing Italian Oscars”. Twitch Film. 2013年9月1日閲覧。
  9. ^ Lyman, Eric J. (2013-07-07). "'The Best Offer' Wins Big at Italy's Nastri d'Argento Awards". The Hollywood Reporter. Retrieved 2013-09-01. 
  10. ^ “Geoffrey Rush film sweeps Silver Ribbon awards”. BBC News. (2013年7月8日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-23223677 2013年9月1日閲覧。 

外部リンク[編集]