鎌倉文学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 鎌倉文学館
Kamakura Museum of Literature.jpg
正面
施設情報
正式名称 鎌倉文学館[1]
事業主体 鎌倉市
管理運営 鎌倉市芸術文化振興財団・国際ビルサービス共同事業体(指定管理者[2]
所在地
神奈川県鎌倉市長谷一丁目5-3
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

鎌倉文学館(かまくらぶんがくかん)は、神奈川県鎌倉市長谷にある鎌倉ゆかりの文学、特に鎌倉文士をテーマにした鎌倉市立の資料館である。3階建てであるが、3階は木造であり非公開となっている。

概要[編集]

1890年頃に侯爵 前田利嗣の鎌倉別邸として建てられたが、1910年(明治43年)に火事により失われた。現在の建物は侯爵 前田利為1936年(昭和11年)に洋風に全面改築した建築物である。渡辺栄治が設計し、竹中工務店が施工している。

戦後の一時期、デンマーク公使内閣総理大臣 佐藤栄作の別荘として使用されたが、1983年前田利建から鎌倉市に寄贈され、外観をそのままに内部の補修・収蔵庫の新築をおこない、1985年10月31日に開館した。

2000年(平成12年)3月、国の登録有形文化財となった。

近隣の観光[編集]

所在地[編集]

神奈川県鎌倉市長谷1丁目5番3号 ※駐車場は無し

歴代館長[編集]

交通[編集]

電車[編集]

バス[編集]

  • 鎌倉駅から「藤沢・大仏方面行き」で「海岸通り」下車徒歩3分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鎌倉市文学館条例
  2. ^ 鎌倉文学館の指定管理者の指定について

関連項目[編集]

外部リンク[編集]