鍋島直之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鍋島 直之(なべしま なおゆき、寛永20年1月18日1643年3月8日) - 享保10年4月28日1725年6月8日))は、江戸時代前期の外様大名肥前蓮池藩第2代藩主。5万2,600石を領した(ただし蓮池藩は独立した藩ではなく佐賀藩35万7,000石のうちからの知行であり、内分知行なので本来大名にはならないはずだが、幕府から特別に大名と認められていた)。

初代藩主・鍋島直澄の次男。母は奥平松平忠明の娘。正室は諫早茂敬の娘、継室は鍋島光茂の養女(榊原照清の娘)。子は鍋島直富(次男)。幼名・通称は、千熊丸。官位は従五位下、摂津守。

生涯[編集]

寛永20年(1643年)1月18日、江戸麻布邸に生まれる。明暦2年(1656年)に初めて将軍徳川家綱御目見する。万治3年(1660年)には本家の佐賀藩主・鍋島光茂(異父兄かつ従兄にあたる)にも拝謁して忠誠を誓う誓詞を提出した。寛文5年(1665年)父の隠居により家督を相続し、第2代藩主となった。

しかし、蓮池藩はあくまで佐賀藩の内分から領地を持っているに過ぎないので、佐賀鍋島家では独立した分家大名家とは認めず、あくまで直之も佐賀鍋島家家臣として取り扱った。直之は徐々に鍋島本家への不満を高め、本家からの独立を企図するようになり、本家との関係を悪くしていく。天和元年(1681年)、直之が本藩の許可を得ずして独断で幕府に太刀と馬代を献上した際には、鍋島本家から厳しく咎められた。

直之はこれに対抗し、他の支藩の小城藩主・鍋島直能鹿島藩主・鍋島直條らと連名して、支藩の独立性を認めない鍋島本家の専横を批判する抗議書を提出した。しかし本家当主の光茂は、こうした分離主義の動きには徹底弾圧の姿勢で臨み、天和3年(1683年)にはこれみよがしに「三家格式」なる法令を発令して、三支藩の藩主は佐賀鍋島家の家臣に過ぎないことを改めて内外に示した。ここに佐賀藩と蓮池藩の関係は、親戚筋でありながら最悪なものに至った。

その後も本家からの独立・関係改善に苦心したが、宝永5年(1708年)1月に高齢のために隠居し、弟で養嗣子の直称に家督を譲った。享保10年(1725年)4月28日に蓮池で死去。享年83。鍋島家宗廟の宗眼寺に葬られた。

備考[編集]

元禄12年(1699年)に勅使饗応役を務めており、この絡みで大河ドラマ元禄繚乱」にも登場した。このドラマの中で直之は高家吉良義央から「鍋島などそんな大した家柄でもなかろうに不必要にでかい家紋をつけおって……。勅使様のお目障りとなるだろうから家紋を片付けよ。」などと命じられ、家紋を侮辱されるという武士として最大の屈辱に耐え切れず、ついに刀を抜きかけるというシーンがあった。その後、主君直之の殿中刃傷を恐れた蓮池藩江戸家老石井又左衛門が機転を利かせて吉良に賄賂を送り、ご機嫌をとって事なきをえたという内容であった。

実はこの話は、元禄11年(1698年)に勅使饗応役を命じられた津和野藩亀井茲親とその家老多胡真蔭の津和野名産茶菓子「源氏巻」にまつわる話であるが、このドラマでは鍋島直之と石井又左衛門に代えられていた。