銭形砂絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銭形砂絵

銭形砂絵(ぜにがたすなえ)は、香川県観音寺市にある寛永通宝を模した巨大な砂絵である。

概要[編集]

縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂の展望台からみると真円に見える。夜になるとライトアップされる。

謂れは「1633年寛永10年)に、丸亀藩藩主の生駒高俊侯が領内を巡視することになった折、土地の人々が歓迎の気持ちを現わすため、急遽白砂に鍬を入れ一夜にして作りあげて藩主に捧げた」と伝えられているが、寛永通宝が鋳造されたのは寛永13年(1636年)からであり、その点でこの伝承には矛盾がある。

例年春季と秋季の「銭形化粧直し」や、台風などでが流されたりした際には、市民総出で補修工事が行われる。

「銭形」にちなみ、世界中の貨幣を展示する「世界のコイン館」が琴弾公園内に設置されている。

エピソード[編集]

  • 「銭形を見たものはお金に不自由しない」という言い伝えがある。
  • 旧観音寺市(合併前)のシンボルマークになっていた(現在の観音寺市は新設合併なので不使用)。
  • テレビ映画「銭形平次」(大川橋蔵版)のタイトルバックに使用されている。
  • 桃太郎電鉄」シリーズでは臨時収入イベントとして登場する。
  • 太平洋戦争中、米軍は軍事機密が隠されているとして偵察を繰り返したが、終戦まで正体が判らなかった。
  • テレビドラマ『西部警察 PART-III』の岡山・高松ロケ編(1984年2月19日放送「激突!!壇ノ浦攻防戦」)や『特捜最前線』の瀬戸内ロケ編(1985年12月19日放送「倉敷-高松-観音寺・瀬戸内に消えた時効!」)に登場している。

年中行事[編集]

  • 春季(4月)- 春季銭形化粧直し
  • 秋季(10月)- 秋季銭形化粧直し
  • 年末年始 - ライトアップ(終夜にわたり実施)
銭形を冠する地域行事
  • 冬季(1月)- 観音寺銭形たこあげ大会
  • 夏季(7月)- 銭形まつり、銭形踊りコンテスト

関連書籍[編集]

  • 『銭形砂絵殺人事件』 - 赤かぶ検事シリーズ (作者:和久峻三祥伝社1995年
  • 『新風神の宿るところ~観音寺市銭形砂絵の謎』(作者:森田泉、遊なぎ会、2006年

座標: 北緯34度8分2.91秒 東経133度38分32.21秒 / 北緯34.1341417度 東経133.6422806度 / 34.1341417; 133.6422806