銭元カン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「銭元瓘」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
文穆王 銭元瓘
呉越
第2代王
王朝 呉越
在位期間 932年 - 941年
姓・諱 銭伝瓘→銭元瓘
明宝
諡号 文穆王
廟号 世宗
生年 光啓3年(887年
没年 天福6年(941年
武粛王
皇后 恭穆夫人
恭懿夫人
仁恵夫人

銭 元瓘(せん げんかん)は、十国呉越の第2代王。武粛王銭鏐の七男。

生涯[編集]

天復2年(902年)、唐朝により鎮海節度使に任命された銭鏐は京師に帰還すると人質の提供を求められた。他の兄弟がことごとく朝廷に向かうことを拒否する中、伝瓘のみが人質となることを志願した。後に杭州に戻った伝瓘は、成人後に呉越の軍勢を率いて各地を転戦するなどの武功を上げた。これらの活躍により、銭伝懿銭伝璙銭伝璟らの諸兄に譲られる形で武粛王の後継者となった。

宝正7年(932年)、武粛王の薨去にともない後を継いだが、王を名乗らなかった。この時に元瓘と改名している。長興4年(933年)には後唐明宗より呉王に、翌年には呉越王に封じられている。天福2年(937年)には後唐に取って代わった後晋高祖により呉越王に封じられている。

天福6年(941年)に薨去、享年55。現在の浙江省蕭山龍山南に埋葬された。

先代:
武粛王
呉越の第2代王
932年 - 941年
次代:
忠献王