銀河英雄伝説の登場人物・自由惑星同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀河英雄伝説 > 銀河英雄伝説の登場人物 > 銀河英雄伝説の登場人物・自由惑星同盟

銀河英雄伝説の登場人物・自由惑星同盟(ぎんがえいゆうでんせつのとうじょうじんぶつ・じゆうわくせいどうめい)は、田中芳樹の小説、およびそれを原作としたアニメ『銀河英雄伝説』に登場する、架空の人物の内、自由惑星同盟に所属・分類される人物の一覧である。

ヤン・ウェンリー[編集]

同盟側主人公。

ヤン艦隊(第13艦隊-イゼルローン革命軍)[編集]

ムライ(Murai
(声:青野武
ヤン艦隊参謀長。生真面目な性格でありヤン艦隊内では数少ない常識家であるため、ダスティ・アッテンボローやオリビエ・ポプランからは「歩く小言」と煙たがれている。但し、根っからの石頭ではなく柔軟な発想も持ち合わせているが、アウトロー気質の者が多いヤン艦隊では敢えて常識的な意見を述べる憎まれ役の立場に徹していた。アッテンボローとポプランもその役割を正しく理解しており、本当に嫌っているわけではなかった。
ヤン自身が参謀タイプの天才的軍人であったため、いわゆる本来の意味の参謀としての活躍は無く、常識論、一般人としての意見を述べてヤンの作戦立案の手助けを主な役目としていた。ただ事務処理や作戦細部の実務面、バーミリオン会戦での緻密な索敵計画立案・実行など、些か特殊なタイプの軍人であるヤンに足りない部分を補うという意味では広い意味での参謀役を果たした。特に司令官の悪影響で軍人として逸脱した言行の多いヤン艦隊のメンバーをまがりなりにも軍隊組織として纏め上げるために、必要不可欠な存在であった。
ヤンの死後は、幹部クラスで唯一イゼルローン要塞から離脱した。これは、「ムライほどの人物が抜けるなら俺たちも」と、戦意喪失した脱落者達をまとめて離脱させることで軍全体の士気が低下することを防ぐという、補佐役ムライの「最後の任務」であった。また、「疲れもしたし寂しくもなった」とも述べており、その顔に漂う老いと疲れに気づいたユリアンは、もはや制止することはできなかった。
オスカー・フォン・ロイエンタール叛乱時にはロイエンタールの使者役となり、万が一、ユリアンが「ロイエンタールに味方する」という間違った選択をした時は止めるつもりでいた。その後イゼルローン軍に復帰することなくハイネセンに戻り、オーベルシュタインの草刈りにより収容されたラグプール刑務所の暴動に巻き込まれて負傷するも、一命を取りとめる。
ヤンとの出会いはエコニアの捕虜収容所の上部機関、タナトス警備管区の参事官として。その時の第一印象として「秩序と規則が服を着て歩いている」と表現しているが、陰謀に巻き込まれたヤンとパトリチェフを事情聴取し、事態を収拾したその手並みはヤンをして見事と言わしめた。最終階級は中将。アニメ版の外見のモデルは、俳優の寺田農
フョードル・パトリチェフ(Fyodor Patirchev
(声:塩屋浩三
ヤン艦隊副参謀長。巨漢で怪力、誠実。声量が豊かで、オペラ歌手なみの低音の持ち主。外見も発言も頼りない印象を与えるヤンに代わって、兵士の叱咤激励役、雰囲気作り(ヤンの作戦案に彼が真っ先に同意することで、周囲を納得させ安心させる役)、艦隊全体への音声通信によってヤンの指示を伝える役目を果たしている。
ムライと同様、本来の参謀としての役目は果たしたとは言えないが、ヤンの能力不足の部分を補うという意味においては、広い意味でヤンの参謀として最適の人事であった。回廊の戦いの終結後に皇帝ラインハルトとの会見に向かうヤンの随員となるが、地球教徒に襲われ、ヤン、ブルームハルトとともにテロに倒れる。最期の言葉は「よせよ、痛いじゃないかね」であり、その巨体でドアを塞ぐことでテロリストたちの行動をわずかながらも遅らせた。
ヤンの少佐時代に惑星エコニアへ参事官補の大尉として登場、ヤンを補佐している。なおこの時、前後の事情を要約して過不足なく説明することに才能があると表現されており(外伝『螺旋迷宮』)、単なる指示の伝達でなく、よりわかりやすい形で指示を伝えるには、最適の人材とも考えられる。ただしエコニアでは、説明の際に虚偽内容をまじえて発言し、記録に残さないとはいえ、けん責処分を受けている。イゼルローン要塞駐留時はフライング・ボールの対抗戦で司令部チームの監督を務め、得点王であるユリアンの活躍もあって準優勝に輝いた。
3次元チェスの腕前はヤンと互角(つまり下手)であり、ヤン暗殺事件の際に一緒に死んだブルームハルト同様に、天国でヤンのよい相手になるだろうと述懐されている。OVA版においては、回廊の戦いの後ラインハルトとの会見の随員の人選も、ヤンが3次元チェスで勝てそうな相手だけを選んだのでは無いかとパトリチェフなどに推測されており、スールもそのメンバーに加わっている。最終階級は少将
建前とはいえ、政治家を公然と批判できる自由惑星同盟の体制には共感を示しており、それが職業軍人になる要素となったとヤンに語っている。
アニメ版の外見のモデルは、元力士の高見山大五郎
エドウィン・フィッシャー(Edwin Fischer
(声:鈴木泰明
ヤン艦隊副司令官。アスターテ会戦時は第4艦隊に所属しており、同艦隊が壊滅し第13艦隊が編成されるにあたって副司令官に任命された。ヤン艦隊のメンバーにしては珍しく無口で自己主張をあまりしない地味な人物で、ユリアンに「地味が軍服を着て物陰に黙って立っているような」と評されたりしたほど(ただし比較の対象がシェーンコップなので多少割り引いて受け取る必要はある)。チュン・ウー・チェンから艦隊を預けられる際にはムライやパトリチェフをまとめて了承している(具体的年齢は不明だが、原作ではこの時、3人のうちの年長者であると記述されている)。
艦隊運用の名人で「生きた航路図」とまで言われた。ヤン艦隊の不敗神話はヤン自身の智謀に加え、その作戦を完全に実行させるフィッシャーの艦隊運用の名人芸の完璧なまでのコンビネーションに支えられた所が大きい。その意味で、ヤン艦隊の片足、縁の下の力持ち、とも言える人物だった。
イゼルローン回廊の戦いでビッテンフェルトの攻撃を受け戦死、ダスティ・アッテンボローが「うちの生きた航路図が死んだ航路図になっちまった、これからはおちおちピクニックにも行けない」と嘆くほどヤン艦隊にとって深刻な打撃となった。彼の存在は、圧倒的に劣勢だったヤン艦隊の数少ないアドバンテージであり、ヤンが回廊の戦いで講和を受け入れる原因のひとつとなっている。なお彼の死後、艦隊運用はマリノに引き継がれた。
乗艦はアガートラム→シヴァ(同盟首都ハイネセン脱出からイゼルローン革命軍への合流までヒューベリオンに搭乗、航路運行の指揮をしていた)。死の直前ヤンに「戦いが終わったら、自分もアッテンボローに倣って本を書く」と冗談口を言っていた(原作ではこの台詞は死亡後の回想シーンで登場する)。最終階級は中将。
アニメ版の外見のモデルは、野球解説者の関根潤三
グエン・バン・ヒュー(Nguyen Van Thieu
(声:小室正幸
登場時は准将。後に少将に昇進。イゼルローン駐留機動艦隊分艦隊司令官。原作小説では、ドーリア星域の会戦において、救国軍事会議側第11艦隊を中央突破して分断する役で登場するが、アニメ版では、アムリッツァ星域会戦の後にヤンがイゼルローン要塞に赴任した様子を描いているシーンで、ダスティ・アッテンボローの直前のカットに登場している。帝国側で言えばフリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルトに似た(原作小説の記述より)猛将タイプで攻勢に強い。ドーリア星域の会戦での「どちらを向いても敵ばかりだ。撃てば当たるぞ!」は、彼の性格をよく表しているセリフである。
「司令官の冷静なコントロールの下でこそ絶大な破壊力を振るえるタイプ」であり、ドーリア星域では功を立てたが、ガイエスブルク要塞戦では救援部隊の一つを率いていたアラルコン少将と争う形で双方合わせて5000隻余りの艦艇(アニメ版の描写)ミュラーの敗残部隊を過剰に深追いするミスを犯し、救援に駆けつけたミッターマイヤーとロイエンタールの待ち伏せにあって全滅し、戦死している。戦死したときも、どちらを向いても敵ばかりであった。
乗艦はマウリア。当初(ドーリア会戦等)のアニメ版では、他の同盟軍の戦闘艦艇と同じ深緑色に塗られていたが、ガイエスブルク要塞戦では虎縞柄の派手な塗装に変わっていた(原作小説にはマウリアの塗装に関する本件の記述はない)。
アニメ版では髪があるが、コミック版ではスキンヘッドのキャラクターとして描かれている(原作には特に描写はない)。
イワン・コーネフ(Ivan Konev
(声:鈴置洋孝
最終階級は中佐。「クラブのエース」の称号を持ち、オリビエ・ポプランとコンビを組む撃墜王。イゼルローン要塞では第2空戦隊戦隊長を務めた。私生活はポプランと正反対で極めて淡泊、クロスワードパズルが趣味。温厚な性格だが、ポプランとの会話は毒舌の応酬となる(ヤンによれば「無害な化学物質でも、有害なのと化合させるとやはり有害になる」好例)。ポプランいわく「同盟で2番目の空戦の名手」(これに応じて「最高のパイロットは戦死して墓の中」だと切り返している)。弟または妹が計4人いる。バーミリオン会戦で巡航艦の砲撃により戦死。OVA版では会戦直前のクロスワードの答えをFUNERAL(葬式)であることをポプランに明かし、死を暗示していた。ヤンの幼馴染の友人ボリス・コーネフとは従兄弟であるが、結局生涯で一度も会うことはなかった。
ウォーレン・ヒューズ(Warren Hughes
(声:矢尾一樹[千])
大尉。「スペードのエース」の称号を持つ撃墜王。機体ナンバーはアニメ版によると133。帝国領侵攻時のケンプ艦隊との戦いで艦砲射撃により撃墜され戦死。アニメ版では戦艦の艦首主砲の直撃を受けて乗機の機体前半部を溶解され戦死した。道原かつみ版コミックにも登場する。妻子持ちのようで、娘が一人いることが確認されている(道原版コミックでは「マーガレット」という名前であった)。道原版コミックでは、最後の出撃時にシェイクリと賭けをしており、勝てばシェイクリに娘のお守りをさせる約束であった。
OVAでは本編では直接の登場はなく、(登場したのは機体のみで本人は名前が語られるにとどまった)、外伝「千億の星、千億の光」にて初登場した。
サレ・アジズ・シェイクリ(Saleh Aziz Shakely
(声:平野義和[千])
大尉。「ダイヤのエース」の称号を持つ撃墜王。帝国領侵攻時のケンプ艦隊との戦いでヒューズと同じく艦砲射撃により戦死。アニメ版では機体下部にビームが被弾、機体の制御を失い虚空に流され戦死する。道原かつみ版コミックにも登場する。このとき最後の出撃時にヒューズと賭けをしており、勝てばヒューズのおごりで呑み放題という約束をしていた(道原版コミックでは、ポプラン、コーネフ、シェイクリ、ヒューズは日常的に撃墜数で賭けをしていた)。
ヒューズ同様OVA本編では機体のみの登場で本人は名前が語られるにとどまり、外伝「千億の星、千億の光」にて登場した。
カスパー・リンツ(Kasper Linz
(声:小杉十郎太
最終階級は大佐。薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊の一員。シェーンコップがイゼルローン要塞防御指揮官となり、将官に昇進した後を受けて第14代連隊長(階級は中佐)となる。連隊長就任後もシェーンコップの良き補佐役として活躍する。バーミリオン星域会戦後にメルカッツと共に落ち延びるが、その際ヤン個人への忠誠を宣言したことからアレックス・キャゼルヌから軍閥化と皮肉られた。シヴァ会戦ではユリアン、シェーンコップ、ポプランらと共にブリュンヒルトに突入。負傷するが、とどめを刺される寸前に停戦命令が出されたため一命を取り留める。子供のころは画家志望で、スケッチブックに周囲の人物をモデルにした風刺画などの絵をよく書いている(ユリアンは「リンツ画伯の個展入場予約券ナンバー1」を貰った)。本人の言によれば、母親は彼を妊娠している状態で帝国から同盟へ亡命した。ハイネセンに既婚の姉がいる。
OVA版では、画才を生かし、ヤン艦隊及び旗下の部隊の部隊マークワッペンを、彼がデザインしていたと思しき描写がある。また、歌も上手く連隊一と言われている。なお、OVA化に際してのデザインのモデルは佐々木小次郎であった。
軍から身を退いたフレデリカを除けば、第13艦隊結成時からシヴァ星域会戦後のイゼルローン革命軍解散までヤン艦隊に在籍し、生存が確認された唯一の人物である。
ライナー・ブルームハルト(Rainer Blumhardt
(声:難波圭一
薔薇の騎士(ローゼンリッター)連隊の一員。のちに副連隊長。バーミリオン星域会戦後に連隊長代理となる。祖父が共和主義者(ブルームハルト曰く祖父は単なる不平屋にすぎなかった)として逮捕され、殺害されたために同盟に亡命した経歴を持つ。回廊の戦い終結後にヤンの随員となり(OVA版では3次元チェスの腕前がヤンと同レベルのためとのパトリチェフは読んでいる)、地球教徒の襲撃からヤンを守り重傷を負い、救援にかけつけたワルター・フォン・シェーンコップらが見守る中死亡。だが、彼が逃がしたヤンも逃げ切れず前後して死亡している。3次元チェスは下手であり、天国でヤンのよき相手になるだろうと述懐された。上官のシェーンコップとは正反対の女性観・結婚観をもっており、女性関係にはかなり純な様子(外伝3巻)。ただし、第7次イゼルローン攻防戦においては幾分緩和されたかのような素振りを見せている。
スーン・スール
(声:小野健一
本名(旧姓)はスーン・スールズカリッター(Soulzzcuaritter)。心臓発作で倒れたファイフェルに代わってアレクサンドル・ビュコックの副官となる。珍姓奇名をしばしば周囲からネタにされていたが、ビュコックからスール(SOUL)という通称で呼ばれるようになった。OVA版では「スールズカリの少佐」とごにょごにょ呼ばれて副官に任命された。その後、「スール」という呼び名を気に入り、本名として正式に改名手続きまでしてしまう。帝国軍再侵攻の際ビュコックの命でムライ、フィッシャー、パトリチェフに同行しヤン艦隊の一員となる。皇帝ラインハルトとの会見に向かうヤンの随員となり、地球教に襲われるが随員の中で唯一生還し、ユリアンからすれば彼だけでも救出できたことは、大きな慰めとなった。ビュコック、ヤンと二人の上官に先立たれたことを後悔し続けていた。また一人だけ生き残ってしまったと苦しい生きの下からユリアンに訴えたが、ユリアンに励まされ立ち直った。アンドリュー・フォークとは士官学校の同期生であり、アッテンボローの一期下、ヤンの三期下に当たる。フォークについての印象をヤン達の死の直前に話している。
原作では3次元チェスの腕前が下手と評されるヤンと同レベルな人物として、パトリチェフとブルームハルトが挙げられるが、OVA版においてはスールがこれに加わっている(ヤンとラインハルトとの会見の随員として、ヤンが3次元チェスに勝てそうな相手が選ばれたと、パトリチェフから推測されている。またポプランからはビュコックの代理として選ばれたと言われている)。
階級は初登場から最終巻(外伝には登場しない)まで少佐だが、コミック版ではビュコックの元帥叙任式で初登場し、その場でアイランズ国防委員長から「少佐に任命」されており、『生者に二階級特進なし』の不文律からそれまでは大尉であったことになる。
なお、作者によれば、彼の名は全作品中で唯一、自分がオリジナルで創造した名前である(他の人物の名前は、国際年鑑などから拾った人名を組み合わせて命名している)。作者の夢の中に出てきた謎の人物の名であり、夢の中でこの「スールズカリッター氏」に散々追い回されたと語っている。
カーテローゼ・フォン・クロイツェル(Katerose von Kreutzer
(声:三石琴乃
ワルター・フォン・シェーンコップの娘。通称カリン。髪は「薄く淹れた紅茶の色」、瞳は「青紫色」の美しい少女。自由惑星同盟軍空戦隊所属。階級は伍長。宇宙暦784年7月18日生まれ(OVA版のデータ。イゼルローン奪還作戦時にシェーンコップが見ていたカリンの個人情報ファイルより)。年齢は初登場時15歳、本伝終了時は17歳。
正式な配属時期は記述が無いが、バーミリオン星域会戦後に離脱したメルカッツ艦隊にいたため、母親の死後、バーミリオン会戦直前にはヤン艦隊に配属されたことが判明している。初登場は本伝第六巻「飛翔編」でユリアン・ミンツに将来有望なパイロットとして紹介されるシーンにおいてである。回廊の戦いからスパルタニアンのパイロットとして参戦。初陣でワルキューレ一機撃墜、無事生還する。その後、第11次イゼルローン攻防戦にも参加したが戦果については記述がない。
ユリアンには初対面から何故か敵視していた。その後も非常に刺々しい態度を取り続けており、ダヤン・ハーン基地を経て地球に向かうユリアンに対し「何よ、あんな奴」と呟いてもいた。シェーンコップ関連での悪感情と思われるが、詳細は不明である。ユリアン自身のことを何も知らないのに「恵まれた境遇で何の苦労も知らない奴」という思い込みがあるらしく、妬みやコンプレックスに端を発した台詞が目立ち、それに起因する感情を激発させてユリアンにぶつけ、暫くは冷戦状態が続いた。しかし、ヤンの死後にユリアンが司令官を継いだ後、仲直りしたと呼べるほどではないがごく普通に会話するようになり(作中では、「薄氷の上に『中立』と書いた程度」と表現している)、偶には刺が覗くことはあったが、宇宙暦801年の新年パーティーで初めてファースト・ネームで呼んでいる。このユリアンとの関係は冷戦から友達以上恋人未満という具合に物語の中で発展していき、女性パイロット仲間からは公然の仲のように見られていた(落日篇第2章の記述より)。シヴァ星域会戦後、シェーンコップの死に衝撃を受けた彼女をユリアンは慰めた。
シェーンコップとの関係は一般的な親子関係とはいえなかった。当初は父親を「女なら誰でもいい人」と評して彼を「いい人だよ」と言ったユリアンに当たり散らしていたが物語後半ではそのような考えを改めていった。彼女はフレデリカ・グリーンヒルを敬愛しており、フレデリカからはシェーンコップは卑怯とは縁の無い人物だと言われたことが影響していたようで、彼に対しての悪感情は後半では薄れていたようである。父親に対して冷静で居られない自分に歯がゆさを感じている描写が後半は目立つ。シェーンコップが死ぬまでに「お父さん」と呼ぶことはなかったが、彼の死に際してはユリアンの胸を借り「お父さん」と泣き崩れる。ヤンの生前、ユリアンに刺々しい言動で八つ当たりした原因となる事象については、遂に物語の最後まで明かされることはなかった。
かなり気が強く、女性の扱いに慣れないユリアンと衝突することもあり、またヤンの死後ユリアンを責める兵士に対しては、ユリアンに代わって厳しく反論する場面もあった。シェーンコップとも衝突するが、口論では結局最後まで勝てずじまいであった。母親以外の家族については記述が無い。
バグダッシュ(Bagdash
(声:神谷明
初登場時の階級は中佐で、救国軍事会議に参加した同盟軍の情報部員。ドーリア会戦に先立ち、ハイネセンより脱出してきたとしてヤン艦隊に潜入する。救国軍事会議から、ヤン艦隊の情報操作(第11艦隊の位置を偽って伝えること)および(情報操作に失敗した場合の)ヤン暗殺を命じられていた。しかし、作戦はワルター・フォン・シェーンコップらに見抜かれ失敗、眠らされる(原作・道原版コミックでは特殊な睡眠、OVAではタンクベッドの冷凍睡眠モード)。第11艦隊敗北後に目覚め、クーデターの失敗を悟りヤンの元に転向する。その経緯ゆえ、ユリアン・ミンツなどからは白眼視され、シェーンコップからはきつい皮肉を度々言われている。しかし、自身で「主義主張は方便に過ぎない」と言いながらも、ヤンの下では二度と裏切りや転向はせず、情報戦のエキスパートとしてヤン艦隊を支えた。OVA版では、自分を嫌っているユリアンがフェザーンの駐在武官として赴く際には、餞別として情報にはベクトルが働くことを教えている。ハイネセンでのヤン逮捕事件以降の活躍で地歩を固めた。イゼルローン再奪取作戦の際に、コルネリアス・ルッツに対して偽の命令を多く流し、疑心暗鬼にさせた。図々しく悪びれないキャラという面で帝国のフェルナーと似ていると原作で表現されている。最終階級は大佐。OVA版の石黒監督の一番のお気に入りのキャラクターである。
ラオ(Lao)
(声:亀山助清
同盟軍少佐。最終階級は大佐。アスターテ会戦で第2艦隊の幕僚としてヤンを補佐する(小説、コミック版のみ。OVA版はその出番と役割をダスティ・アッテンボローにとって代えられている。劇場版第2作『新たなる戦いの序曲』では、第2艦隊人員として数カット登場する)。ヤン艦隊結成後はアッテンボロー分艦隊の主任参謀にまわり、物語の最後までアッテンボローを支える。ヤンやアッテンボローらと付き合ううちに苦労症になってしまったらしい。
ルイ・マシュンゴ(Louis Machengo
(声:中尾隆聖
同盟軍准尉。長身の黒人。卓越した白兵戦技の腕前と上官への強い忠誠心の持ち主で、ヤンが査問会で召還された際にシェーンコップが警護役に推薦(「片手で1個小隊は片付ける」と評されている)した。また、その時の実績から、ユリアンがフェザーンに赴く際にはヤンが警護役に任じている。ユリアンと共にフェザーンを脱出した際に、ヘンスロー弁務官の脱出に協力したことと帝国軍の駆逐艦を奪取した功績によって少尉に昇進する。
その後はユリアンと一緒に地球やオーディンにまで赴き、ごく自然にユリアンの護衛として家族同然に付き従っており、監視に来た帝国軍兵士も最初からヤン一家の一員と疑わなかった。最期はシヴァ星域会戦時ユリアンの盾となってブリュンヒルト艦内で戦死する。OVA版では第1期の救国軍事会議によるクーデターの終結後、グリーンヒル大将とエベンス大佐の遺体を運ぶ兵士として初登場している。
「人は運命には逆らえませんから」が口癖であり、アニメ版での臨終の台詞にもなっている。ポプラン達の冗談に冷静な観点から突っ込む発言が多い。酒豪で次々に注がれる酒に困惑していたユリアンの代わりに飲み、ポプランに「象に飲ませるようなもの」と言わせた。
ベルンハルト・フォン・シュナイダー(Bernhard von Schneider
(声:目黒裕一
帝国軍時代からのウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツの副官。上官であるメルカッツを強く慕っている。当時の階級は少佐。帝国にいた頃は「甘いマスクのハンサム」といわれた。リップシュタット戦役の後、メルカッツに自決を思いとどまらせて亡命を勧め、自身も同盟に亡命する。メルカッツやポプランからラインハルトの旗下だったら出世出来ただろうと言われている。メルカッツが亡命によって階級が下がったのに付き合い2階級降格を申し出るが1階級降格の大尉となった(銀河帝国正統政府では中佐となり、以降は中佐として表現される)。
通常はメルカッツにつきそい補佐役に徹しているが、メルカッツを護るために、時にブラウンシュヴァイク公やヤン艦隊の面々が相手でも食ってかかろうとする姿勢を見せたり、ユリアンとの会話で銀河帝国正統政府に対して冷笑的な論評を口にするなど、激情家であり毒舌家でもある一面を披露している。但し、これについてはヤン艦隊で朱に交わって赤くなった部分も少なくない。シヴァ星域の会戦で、死に瀕したメルカッツの最期を看取った後、メルカッツの遺族にその死を報告するためにユリアンと後の再会を約束して旧帝国首都星オーディンに向かった。
なお、原作2巻によれば金髪。コミック版ではそれに準じているが、アニメでは茶髪になっている。
デッシュ(Desh
(声:宮田浩徳
同盟軍准将。宇宙暦799年12月2日、小惑星ルジアーナで新規に建造されていた駆逐艦や巡航艦を率いて脱出。約半数を失いながらも途中で兵員と物資を集めながら50日をかけてエル・ファシルに到着し、ヤン艦隊に合流する(OVA版では上司のバウンスゴールに脱出の指揮を託され、苦渋の表情で上司と別れる様子が描かれている)。その後は回廊の戦いにも艦隊の一部を率いて参加している。
マリノ(Marino
(声:荒川太郎
大佐、後に准将に昇進。ヤンが第13艦隊の司令官となった時点でのヒューベリオンの初代艦長。その後バーミリオン会戦・回廊の戦いなどで分艦隊を指揮、伏兵として帝国軍を苦しめる。分艦隊司令に転じた際の旗艦はムフウエセ(シュモクザメの様な独特のシルエットを持つ戦艦)。勇猛にして豪胆な性格であり、「生きて華麗な皇帝を、もっとも華麗に死んだ皇帝にしてやるぞっ!」など、言動の端々にうかがえる。
ヤン艦隊の艦隊運用を担っていたフィッシャーの死後に、その後継者に擬せられた時は、その面では故人に及ばないことを自他ともに認めている。その後、実際に艦隊運用を担当したという作中の描写は無く、第11次イゼルローン攻防戦でも作中での登場は無い。
ボーステック社などのゲームでは、アッテンボローには譲るものの、有能な艦隊幕僚、司令としての能力値を設定されていることが多い。
アサドーラ・シャルチアン
(声:小島敏彦
中佐。マリノが分艦隊司令官に昇進転属したため、第二代ヒューベリオン艦長に着任しバーミリオン海戦に参加。旗艦が前に出すぎ、集中砲火の的になるリスクを避けるため、司令官ヤンの許可を得て後方に下がるが、「何でこんなに下がるんだ。指揮がしにくいじゃないか」と愚痴を言われてしまった。ただし同盟唯一の残存戦力であったヤン艦隊の旗艦の艦長を大過なくこなしている。のちにヒューベリオンがメルカッツの旗艦になった後の処遇は不明で、シヴァ会戦での撃沈時にも記述は無い。
コリンズ
(声:アニメ未登場)
イゼルローン要塞駐在憲兵大佐。外伝2巻に登場。シェーンコップを「歩く風俗壊乱」等と称して嫌悪していたらしい。宇宙歴797年1月8日、麻薬中毒患者と思しき兵の人質となり、シェーンコップに助けられる。その後、シェーンコップの逸失利益(カードの勝ち分等)を請求されたかは不明。
ニルソン(Nilson
(声:大林隆之介
同盟軍中佐、799年に大佐に昇進。戦艦ユリシーズ艦長。第4次ティアマト星域会戦の時点では第2艦隊に所属し、既にユリシーズの艦長を務めていた。その後ユリシーズごと第8艦隊に転属となり、アムリッツァ星域会戦では艦隊の9割が失われるなか生還している。ヤン艦隊に配属されて以降も最後の最後まで生き残り、回廊の戦い以降は乗艦が艦隊総旗艦にまでなっているが、アムリッツァ会戦での軽微だが深刻な損害(トイレの汚水処理システムが破壊され、汚水が艦内に流れ出した)から「トイレを壊された戦艦」と評され、ヤン艦隊では笑いのネタにされてしまった。ゆえに後年ユリシーズのクルーはひがみっぽくなった、とも評される。他にもユリシーズがイゼルローン放棄作戦(箱船作戦)の時には赤ん坊とその母親600人を乗艦させ避難させる役を担わされ、ニルソン自身も不機嫌な様子をクルーから「実はユリアンに惚れていた」などと冗談のネタにされたりしていた(この時は実は歯痛に悩んでいただけだった)。さらにOVA版ではガイエスブルク要塞のイゼルローン回廊出現にも遭遇しており、「ユリシーズを偵察に出すと必ず敵を引き連れて戻ってくる」と言わるなどユリシーズ共々話題に事欠かない存在であった。
劇場版第1作においては、ヤンとアッテンボローとあわせて僅か3人で、ユリシーズを乗艦として囮部隊を率いるという任務に参加している。この時のニルソン曰く、ユリシーズは「じゃじゃ馬で他の人にはとてもじゃないが任せられない」とか。この時ニルソンは巧みな操艦技術でラインハルトの乗艦ブリュンヒルトの真下に接近し、事実上ラインハルトを人質に取るという作戦に貢献している。
フィールズ(Fields
(声:島田敏
戦艦ユリシーズの航法士官で中尉。冗談口をたたくのが得意(というか趣味)で、艦長のニルソンを少年愛嗜好者とガセネタを流したり、イゼルローン脱出時に艦に乳児と母親を載せることに対して、「女性が一番美しいのは出産直後だ」とクルーを励ましたりしている。
エダ(Eda
(声:山口晃
戦艦ユリシーズ副長。階級は少佐。イゼルローンからの脱出時、赤ん坊と母親600人を乗せろという指示を艦長のニルソンに伝えた。その後もユリシーズに乗艦しており、ダヤン・ハーンにて地球へ向かうユリアンを見送る際や、「8月の新政府」樹立時の同盟国歌合唱時に登場している。(OVA版)
トダ(Toda
(声:大森章督
技術大尉。帝国領侵攻作戦の際の、ヒューベリオンの整備主任。ケンプ艦隊との交戦に出撃したオリビエ・ポプランから機銃の照準が9-12度狂っていたことから味方殺しと文句を言われて反論し、殴り合いを演じた(OVA版では整備中の女性兵にポプランが声をかけており、それをトダがとがめた直後に出撃している)。KOされる寸前にワルター・フォン・シェーンコップ(OVA版ではイワン・コーネフ)が制止に入り、その場は収まったが、ポプランはそれをいささか根に持っている様子。ちなみにOVA版では技術少佐。これは原作初版ではポプランの階級は中尉(後の版ではイワン・コーネフとともに大尉に修正)であってトダは上官であったことによるスライド処置。
ボーステック社のゲームではアムリッツァ会戦以降、戦死扱いになっている。
ゼノ(Zeno
(声:アニメ未登場)
中佐。レダIIの艦長。査問会に向うヤンとフレデリカを送り届ける途中、スパルタニアンと輸送艦の人為的ミスによる事故について触れ、後方管理の不備に対して怒りと不満を述べている。
ルイシコフ
(声:配役表記なし)
中佐。レダIIの艦長。ゼノの後任。ヤンらと共にラインハルトとの会談に赴く。帝国艦の接近に伴い警戒態勢をとるが、ロムスキーらが帝国艦を迎え入れたことによって艦内に地球教徒の暗殺団の侵入を許してしまう。その後の生死は不明。
ウノ(Uno
(声:アニメ未登場)
大佐。同盟軍の帝国領侵攻の時に第13艦隊の補給を担当していた士官。帝国軍の焦土作戦で物資が逼迫したため、帝国人民を自分達が養う意味をヤンに問い、「我々がルドルフにならないためさ」と返答されている。
J・ギブソン
(声:アニメ未登場)
大佐。イゼルローン要塞哨戒部隊指揮官。帝国方面宙域でガイエスブルク要塞のワープアウトを観測し、イゼルローンに通報した。アニメではユリシーズのニルソン中佐に変更されている。
ブラッドジョー
(声:アニメ未登場)
大佐。参謀。原作小説2巻で、帝国軍の戦艦ブロッケンが持ってきた捕虜交換の話を相談する幹部会議に出席している。
ボーステック社のゲームではグラフィックが設定され、黒人男性となっている。
ハムディ・アシュール
(声:中博史
少佐。艦隊戦術オペレーターとしての手腕に優れる。799年7月16日、レサヴィク星域にて「バーラトの和約」に基づく同盟艦船の廃棄作業に従事していたが、ヤンの意を汲んだメルカッツ麾下の動くシャーウッドの森艦隊の襲撃に遭遇、「専制政治に抵抗する志のある者は我々と合流されたし」との呼びかけに応じそのままシャーウッドの森艦隊に合流する。総勢4,000余名から成る志を同じくして参加した「お調子者集団」の中で最も階級が上だったこともあり、合流直後に代表者としてメルカッツと面会をする。その際、メルカッツに艦隊の行動理念とそれに基づく艦隊総司令としての資格を臆すること無く問い質し、シュナイダーから「何と理屈の多い男だ」と評された。
その後、「8月の新政府」樹立時の同盟国歌合唱時に描写されている。(OVA版)
ピアッツィ
(声:アニメ未登場)
大尉。フィッシャー分艦隊に所属する陸戦隊員。ランテマリオの戦いの後に接近してきた帝国駆逐艦(ユリアン搭乗)の確認のためにハーメルンⅣに移乗した。
クラフト
(声:なし)
薔薇の騎士連隊隊員。シヴァ星域会戦においてユリアンに従いブリュンヒルトに突入した。激戦の後、シェーンコップから名を呼ばれたが、返答はなかった。
道原かつみの漫画版ではビクトル・フォン・クラフト。宇宙歴797年時点で中尉。黒髪で細面の優男。(原作にはフルネーム・階級・外見のいずれも明記なし)イゼルローン攻略に際してリンツ・ブルームハルトが別行動する中、シェーンコップとともに要塞司令室に乗り込んだ、薔薇の騎士連隊の精鋭と扱われている。
宇宙歴797年の新年パーティで婦人兵たちのイタズラによって女装させられ、悪ノリしたシェーンコップに尻をなでられる。制服を返してもらうためにイワン・コーネフと共謀して、クラフトを男だと気づずナンパしたポプランを人身御供に差し出している。
ゼフリン
(声:なし)
薔薇の騎士連隊隊員。シヴァ星域会戦においてユリアンに従いブリュンヒルトに突入した。激戦の後、シェーンコップから名を呼ばれたが、返答はなかった。
道原かつみの漫画版ではマックス・ゼフリン[1]。巨漢で、オールバックにした前髪の左端だけ額に垂らしている。階級は不明(こちらも、原作ではフルネーム・外見の明記なし)イゼルローン攻略に際して要塞司令室に乗り込んだ。
宇宙歴797年の新年パーティでは、少女向けドレスとエプロンドレスを無理やり着せられ泣きながら逃げ惑った。
クローネカー
(声:なし)
薔薇の騎士連隊隊員。シヴァ星域会戦においてユリアンに従いブリュンヒルトに突入した。激戦の後、シェーンコップから名を呼ばれたが、返答はなかった。
道原かつみの漫画版でもフルネームは不明だが、スキンヘッドの巨漢と描かれている。イゼルローン攻略に際して要塞司令室に乗り込むが、前二者が確認できるロイエンタールの旗艦トリスタン突入作戦では確認できない。
宇宙歴797年の新年パーティでは、女装させられケンカをしている兵士に「やめないとキスするぞ」と強面で凄んでいる。
ロイシュナー、ドルマン、ハルバッハ
(声:なし)
3名とも薔薇の騎士連隊隊員。シヴァ星域会戦においてユリアンに従いブリュンヒルトに突入した。激戦の後、シェーンコップから(この順番で)名を呼ばれたが、返答はなかった。
コールドウェル
(声:広森信吾
第13艦隊第2航空隊副隊長のち空戦隊長、大尉。バーミリオン会戦で戦死したコーネフの後任として繰り上がった。動くシャーウッドの森艦隊にも参加、ポプランが地球へ向かう際に彼より空戦隊の指揮を任された。
その後、特に台詞は無いが、ヤン亡き後のイゼルローン革命軍の会議で姿が見える。(OVA版)
外伝2巻でも名前のみ(イゼルローン駐留部隊によるフライングボール大会でMVPを受賞)登場している。
モランビル
(声:配役表記なし)
第13艦隊アップルジャック中隊隊長、大尉。バーミリオン会戦にて、自分と1名をのぞいて全滅したことをポプランに報告した後通信途絶。
ザムチェフスキー
(声:配役表記なし)
第13艦隊アップルジャック中隊員、准尉。アップルジャック中隊隊員が自分1人だけになったと報告し、モランビル大尉が戦死したことを暗喩した。
A少尉 B曹長
(声:なし)
共にイゼルローン要塞に勤務する婦人兵。A少尉はシェーンコップと肉体関係を持った2日後にポプランと、B曹長はポプランと愛し合った2日後にシェーンコップと一夜を共にしたと噂される。
男性が実名なのに女性が匿名であることについて、アッテンボローが「女性には人権がある」とポプランらに説明した。シェーンコップは「俺の趣味はポプランほど悪くないよ」と述べている。
少年兵
(声:保志総一朗
13歳。革命軍総司令官になったユリアンに以前から憧れており、逡巡するも思い切って尊敬していると告げた。

各艦隊司令官[編集]

クブルスリー(Kubersly
(声:田中信夫
帝国領侵攻作戦時第1艦隊司令官(座乗艦は、原作・OVA・ゲームのいずれでも不明)。第1艦隊は首都警備や治安維持を任務とする艦隊で、帝国領侵攻作戦には参加しなかった。そのため、アムリッツァ星域会戦後、首脳部の総退陣にともなって統合作戦本部長となるが、統合作戦本部の1階ロビーでアンドリュー・フォークに銃撃され負傷、その後復帰するも、トリューニヒト派の軍部支配に嫌気がさして辞任、退役。
ヤン・ウェンリーを高く評価していた人物の一人であり、帝国領侵攻作戦が失敗に終わり、統合作戦本部長に就任した時にはヤンが統合作戦本部の幕僚総監に就任することを望んでいた。温厚な人柄で筋の通った性格の持ち主であったため、兵士の評判も悪くない人物であった。
パエッタ(Paetta
(声:徳丸完
アスターテ星域会戦時第2艦隊司令官で、第4次ティアマト会戦頃からアスターテ会戦時までのヤンの上官だった。アスターテ星域会戦で重傷を負い、第2艦隊の指揮権をヤンに委譲している(その後第2艦隊の生き残りは第13艦隊に編入される)。アムリッツァ会戦後の再編時、クブルスリーの統合作戦本部長就任に伴い空位となった第1艦隊司令官に就任。第一次ランテマリオ会戦にビュコックの指揮の下で参加している、その後の戦いに参加した描写はなく、同盟消滅後も健在だったが、オーベルシュタインの「オーベルシュタインの草刈り」により逮捕されラグプール刑務所に収監された。その後、同刑務所の暴動で命を落とす。第2艦隊時代の座乗艦はパトロクロス。第1艦隊時代の座乗艦については原作にもOVAにも具体的描写は無いが、第2艦隊時代と同じパトロクロスであるとする説と、ロボス元帥の座乗艦であったアイアースに変更したとする説がある。
劇場版第2作『新たなる戦いの序曲』の設定では、トリューニヒトの覚えがめでたい司令官で、勝てる戦いのはずのアスターテ会戦で彼の艦隊が出撃することが選ばれたとのこと。
部下の進言を聞かないワンマン的な提督であり、ヤンの進言もかなり却下している。アスターテ会戦において自身が負傷した際、艦橋で無事な将校の中で階級が最上位であるという理由から、指揮権をヤンに移譲している。ヤンの能力に対して偏見を持っていると見られ、何を考えているのか分からないと評している(新たなる戦いの序曲)。一応は「用兵家としての手腕に期待して(いる)」と言ってはいたが、その発言が真意なのかヤンは疑問視していた。
艦隊司令官としての能力はある程度有していたようで、惑星レグニッツァ上空の戦いではラインハルト艦隊を相手に、ヤンを感心させる用兵を行った(ただし劇場版第1作においては、体当たり攻撃という愚かな命令を下してヤンを呆れさせるという、正反対の描写となっている)。ランテマリオ会戦まで第1艦隊司令官であったことを考えると、軍人としてある程度の評価はあったようだが、国防委員長のトリューニヒトに取り入っていたことも描写されている。
劇場版第1作では惑星レグニッツァ上空の戦いや第4次ティアマト会戦においてヤンに救われたため、パエッタはヤンの能力を認めた。そのため、その続編となるOVA版/劇場版第2作においては、ヤンの進言を却下するにあたって、いささか描写が苦しくなっている。
ルフェーブル(Lefebres
(声:今西正男
帝国領侵攻作戦時第3艦隊司令官。アムリッツァ星域会戦の前哨戦の一つであるレーシング星域の戦いにてワーレン艦隊と交戦中、護衛の戦艦が被弾し、その艦と盾にしていた小惑星の間に座乗艦が挟まれて沈没、戦死した。座乗艦はク・ホリン。
同盟軍艦隊司令官の中でも特に出番が少なく、OVAではセリフが一言(乗艦が護衛艦とぶつかる際に驚きの声を上げた)のみである。
ゲームにおいてはその能力にばらつきがあり、有能であったり、無能とはいわないがパエッタやホーウッドらに多少劣る能力数値であることがある。
パストーレ(Pastolle
(声:佐藤正治[1]、石井康嗣[新])
アスターテ星域会戦時第4艦隊司令官。座乗艦はレオニダス。第11艦隊旗艦のレオニダスIIと同型艦。同会戦の緒戦、ラインハルトに急襲され、座乗艦が被弾した際に艦外に投げ出されて戦死。第4艦隊の残存艦はフィッシャーによって戦場を離脱した。
OVA版の描写による友人のパエッタの評では百戦錬磨の猛将である。しかし少なくとも作中の描写では、ラインハルトの艦隊に対し数で劣るとは言え正面からぶつかりあっているのにもかかわらずあっさりと壊滅させられている。
劇場版第2作『新たなる戦いの序曲』の設定では、トリューニヒトの覚えがめでたい司令官で、勝てる戦いのはずのアスターテ会戦で彼の艦隊が出撃することが選ばれた。実際の戦闘においては同盟軍側の予想通りの行動をとらなかったラインハルト艦隊に対して「敵の司令官は用兵を知らん」などと見当外れな批判をしたり、どうなさいますかと質問した艦隊参謀を一方的に罵ったりするなどその対応は稚拙を極め、ラインハルトからは第4艦隊の反応の遅さから嘲笑混じりに「無能者」と酷評されるなど、OVAよりも扱いが酷くなっている。
ゲームでは数値上は劇場版ほどの無能ではない。艦載機の指揮に優れた能力設定をされることがある。
アレクサンドル・ビュコック
帝国領侵攻作戦時第5艦隊司令官。
ムーア(Moore
(声:平野正人
アスターテ星域会戦時第6艦隊司令官。座乗艦はペルガモン。ラップから各個撃破の危険性を警告されたにもかかわらず聞き入れず、ラインハルトから側背を急襲をされ、更に攻撃に晒されながら敵前回頭するという愚行を侵し、艦隊はほぼ全滅させられ、無能ぶりを曝け出す。ただ軍人としては人格とプライドはそれなりにあったようで、降伏を勧告されるも、それを拒否して撃沈されている。 OVA版では原作小説のこのわずかな描写すらカットされ、回頭中に呆気無く旗艦を撃沈されてしまっている。
劇場版第2作『新たなる戦いの序曲』では、トリューニヒトの覚えがめでたい司令官で、勝てる戦いのはずのアスターテ会戦で彼の艦隊が出撃することが選ばれた。OVAと比較して太った体型になったほか、ラップや他の部下に対する態度や口調は粗野かつ高圧的な印象を与えるものになっている。降伏拒否の描写は復活するが、むしろ頑迷ゆえの降伏拒否という形であり、より扱いが酷くなっている。
ゲームではパストーレ同様数値上は劇場版ほどの無能ではない。攻撃に優れるが、防御に劣る能力傾向がある。
ホーウッド(Hawood
(声:小川真司
帝国領侵攻作戦時第7艦隊司令官。占領した惑星系で住民の暴動に手を焼く。OVA版では、部下のヴァーリモント少尉に食糧問題解決を指示するなど、出番が増えている。アムリッツァ星域会戦が始まる前にドヴェルグ星域にてキルヒアイスに降伏。降伏後は登場しないため、彼の動向は不明。座乗艦はケツァル・コァトル。
アップルトン(Appleton
(声:石森達幸
帝国領侵攻作戦時第8艦隊司令官。アムリッツァ星域会戦の前哨戦にてメックリンガー艦隊に攻撃されるも、3割の損害でアムリッツァ星域まで撤退させることに成功し、同星域会戦にヤン、ビュコックらとともに参戦した。この事[2]からも有能な艦隊指揮官であることが伺える。しかしアムリッツァ星域においてビッテンフェルト艦隊に側面を突かれ、艦隊は壊滅、原作ではこの時の生死についての描写は無いが、OVA版では動力を失い恒星アムリッツアに墜落していく座乗艦からの退艦を辞退し、艦と運命を共にした。座乗艦はクリシュナ。第8艦隊で幸運にも生き残った戦艦が、後にヤンの旗艦となるユリシーズである。ボーステック社のゲームではホーウッド、アル・サレム同様中堅的な能力だが、空母を中心とした艦隊編成となっており艦載機攻撃が得意となっている。
アル・サレム(Al Salem
(声:北川米彦
帝国領侵攻作戦時第9艦隊司令官。座乗艦はパラミデュース。アムリッツァ星域会戦の前哨戦にてミッターマイヤー艦隊に急襲され、その時に重傷を負い(OVAでは、座乗艦のワイヤーロープが被弾の衝撃で切れた際に、彼の体を強く打ちすえた)、指揮権を副司令官モートン少将に委譲した。その後の行方については小説版では説明はないが、OVAではロボスがアムリッツァへの集結命令を出した時点では生存していた模様だが、後に戦死したことがDVDパッケージ裏の解説に書かれており、道原かつみのコミック版でもヤンの台詞で、アムリッツァ星域に撤退する前に戦死したことが明らかにされている。一方ボーステック社のゲームでは生き延びることができたようで、退役となっている。
なお、アムリッツァ星域会戦の前哨戦においては、ミッターマイヤーの艦隊運動が俊敏過ぎて、第9艦隊を追い抜いてしまうという事態が生じた。これによってミッターマイヤーは、"疾風ウォルフ"と渾名されるようになった。
ウランフ(Uranff
(声:大林隆之介
帝国領侵攻作戦時第10艦隊司令官。古代騎馬民族の血を引く勇将で、市民にも人気があった。姓はなく、これがフルネームである。アムリッツァ星域会戦の前哨戦で同じ猛将タイプのビッテンフェルトと惑星リューゲン軌道上で激突する。数と士気で勝るビッテンフェルト艦隊に同レベルの損害を与え、中央突破による脱出を成功させるも、殿(しんがり)となった自らの座乗艦を撃沈されて戦死。ビュコックとともに、帝国への大侵攻の危険性を作戦初期から察知したヤンの数少ない理解者であった。ヤンもビュコックに次ぐ信頼を彼に寄せており、後に彼が生きていればもっと楽ができた、とその死を惜しんだ。ボーステック社のゲームでも、あらゆる能力が非常に高い水準で設定されており、ヤンに次いでビュコックと並んで同盟軍トップクラスの指揮官となっている。座乗艦は盤古(バン・グゥ)。
第10艦隊の生き残りの提督たちは、アムリッツァ会戦でヤンの指揮下に入り(道原かつみの漫画版では、アッテンボローが第10艦隊司令官代行としてヤンの指揮下に入る)、会戦後に第13艦隊と統合・再編されて、イゼルローン要塞駐留艦隊(ヤン艦隊)となる。
ルグランジュ
帝国領侵攻作戦時第11艦隊司令官。詳細は後述
ボロディン(Borodin
(声:池田勝
帝国領侵攻作戦時第12艦隊司令官。本編ではほとんど出番がなく、むしろ外伝で活躍する。アムリッツァ星域会戦の前哨戦の一つ、ボルソルン星系での戦いでルッツ艦隊と交戦。旗艦以下護衛艦8隻に討ち減らされるまで抵抗し、自決。ウランフと並びヤンやビュコックにその能力を惜しまれた人物であった。
外伝「千億の星、千億の光」ではヴァンフリート星域の会戦において、ビュコックの期待に応えて狭いヴァンフリート4=2宙域において効果的に艦隊を展開したが遅れてやってきた他の同盟軍艦隊に押され苦心して構築した陣形を崩されてしまい、苦笑いしていた。
ゲームでは、ビュコック、ウランフに並ぶ、極めて能力の高い指揮官として設定されており、ビュコックからの信頼も厚い。座乗艦はペルーン。
ヤン・ウェンリー
帝国領侵攻作戦時第13艦隊司令官。
ライオネル・モートン(Lionel Morton
(声:大木正司
帝国領侵攻作戦時の第9艦隊副司令官(少将)であり、重傷を負った司令官アル・サレム中将から指揮権を委ねられ全面崩壊を防いだ(OVAでは、この時点では名前のみの登場)。ガイエスブルク要塞との攻防戦時点では独立艦隊の指揮官となっており、アラルコンやマリネッティ、ザーニアルと共に救援としてヤンに率いられてイゼルローン回廊に赴いている。前線指揮官として有能な人材であり、その能力はヤンも認めていた。しかし士官学校を卒業しておらず、本人もそれを過剰に意識していた。ランテマリオ星域会戦に先立ち、新設の第14艦隊司令官に任じられ中将に昇進し、ビュコックらと共に迎撃にあたる。バーミリオン星域会戦で途中から参戦したミュラーの猛攻を真っ先に受けて戦死する。座乗艦はアキレウス。
ラルフ・カールセン(Ralph Carlsen
(声:新井量大
豪胆な偉丈夫で勇将として知られる。ランテマリオ星域会戦に先立ち新設の第15艦隊司令官に任じられ、ビュコックらと共に迎撃にあたる。バーミリオン星域会戦にも参加する。戦後も同盟軍に残り最後の戦いとなったマル・アデッタ星域会戦にも参加、別働隊を率いて小惑星帯に潜み、伏兵となってファーレンハイト艦隊を奇襲攻撃、さらにはミュラー艦隊を中央突破し、ラインハルトの本陣に肉薄するが、衆寡敵せず戦死する。座乗艦はディオメデス。ヤンからは有能な指揮官と評されるが、OVA版では死の直前に自分は士官学校を出ておらず、こんな時代でなければ艦隊司令官までは到底出世できなかっただろう、と自らについて述べている。
カールセンが士官学校に在籍しているかについてはメディアによって違っており、OVA版では前述の通り士官学校にいけなかったことが述べられている。小説版では1997年刊行『「銀河英雄伝説」読本』収録の「外伝ダゴン星域会戦記」においてラルフ・カールセンが士官学校に在籍していたとされる記述されているが[3]、2009年に刊行された創元SF文庫版「銀河英雄伝説外伝 5 黄金の翼」収録の同作品では同じ場面においてカールセンの名前が削除されている。

軍首脳陣[編集]

シドニー・シトレ(Sidney Sithole
(声:内海賢二佐藤正治[黄])
作品開始時点での統合作戦本部長、同盟軍元帥。がっしりとした体格の大柄な黒人。権力中枢に近いこともあって、政局抗争を繰り広げているが、基本的に現実的・良識的な人物で、軍内外に広く人望がある。
ヤンが、士官学校にいた当時の校長であり、頭が上がらない人物で、かつ数少ない理解者の一人。士官学校で戦史研究科が廃止されるにあたり、反対運動を展開したヤンらに対して、懲罰として戦史研究科が所有する蔵書の整理を課した。これによりヤンらは蔵書を自由に扱え、戦史研究も大いに行えた実に粋な計らいであった。その他にも実績があったらしく、名校長と評されている。
第5次イゼルローン攻略戦には総司令官兼第8艦隊司令官(大将)として参加。当時のドワイト・グリーンヒル中将、アレクサンドル・ビュコック中将らを指揮し、帝国軍艦隊を並行追撃することにより、要塞に肉薄する活躍を見せる。この作戦は、帝国軍が味方の艦隊ごと同盟軍を要塞主砲トール・ハンマーでなぎ払うという暴挙に出たため結果的に失敗したものの、要塞に肉薄しほんの少しではあるが損傷を与えたことを評価されて、少し時間をおいてから元帥に昇進したようである。
同盟軍の帝国領侵攻が失敗に終わった後、本人は無謀な出兵に反対であったにも関らず、総責任者として責任を取る形で統合作戦本部長を辞任・退役し、故郷の惑星カッシナに帰り養蜂(原作では果樹園)を営む(ただし、仮に帝国領侵攻作戦が成功したとしてもシトレは遠征軍総司令官ロボス元帥に地位を譲らざるをえないため、どちらに転がっても自分の運命は同じであった。また当時の状況から考えて、作戦が成功しても同盟の益にはならないという理由からも、最小限の失敗で収まることを祈っていた)。
救国軍事会議のクーデターに際しては隠棲先から駆けつけ、ヤンとヤン艦隊が同盟政府と民主主義を守るものだと支持を表明。引退していたとはいえ声望豊かな彼の支持表明は、スタジアムの虐殺後のことだったこともあり、クーデター派が民心を失うことに輪をかけるかたちとなった。
自由惑星同盟が銀河帝国に併合されて滅亡した後、グエン・キム・ホア広場での騒乱の際、帝国軍に拘禁される。またその時に帝国軍新領土総督のロイエンタールと面会し、ビュコックやヤンに同盟の命運を託し結果として両名が亡くなり、自分が生き残っていることに自責の念を述べている。アニメ版ではこのシーンで原作にはない「本来自分が果たすべき役割を他人に押し付け傍観者となった」との供述がなされるため、上記救国軍事会議での出頭と支持表明は完全にカットされている。アニメ版で16話の退役後、最初に顔を出すのは45話で、それも蜂の世話にかまけて世情から背を向けているシーンである。
いずれにせよそのまま収監され続け、その後ラグプール刑務所の暴動に巻き込まれて負傷するも、一命は取りとめる。こののちは、原作・アニメのいずれでも言及されない。
OVAではジョアン・レベロとは旧知の仲である。普段は共に冗談交じりの憎まれ口を叩き合う仲だが、本来は互いに信頼しており、帝国遠征が決まった際、無謀な出征を止められなかったレベロは「すまんな、シトレ」とつぶやいている。艦隊司令当時の旗艦はヘクトル(PS・SS版に艦名記載、短編の「黄金の翼」に艦名の記載がある)。
ラザール・ロボス(Lassalle Lobos
(声:大木民夫
作品開始時点での宇宙艦隊司令長官、同盟軍元帥。帝国からの亡命者の子孫。シトレとは逆に小太りな男。シトレとは四半世紀にわたるライバル。
やや大雑把なところがあるものの優れた戦術指揮能力を持ち、40代半ばまでは前線指揮官としても後方任務でも優れた業績を挙げていた。作中でも外伝「千億の星、千億の光」での第6次イゼルローン攻防戦まで優れた指揮官として描かれている[4]。だが、それ以降は急速に衰えを見せ、第三次ティアマト会戦の直前には任務の優先順位が不明瞭な内容の訓示を出して、グランド・カナル事件を引き起こす結果を招いた。急速に衰えた原因についてはいろいろ噂が飛び交い、「帝国の女スパイに性病を移された」という下品なものもある。
帝国領侵攻作戦では遠征軍総司令官となるが、その衰えのために第6次イゼルローン攻防戦から評価していた作戦参謀アンドリュー・フォーク准将の専横を許し、実質的にフォークの傀儡と化してしまっていた。作戦の危機についてのキャゼルヌの進言も聞いているようで聞いておらず、更にビュコックが面会を求めた時には昼寝をしており、さらにその時に出してあった「敵襲以外は起こすな」という命令のためビュコックは彼に面会出来なかった。そして更に戦闘が開始されると、提督の戦死、味方の降伏、通信途絶など、事態が悪化してしまったのにもかかわらず、グリーンヒル総参謀長の撤退進言まで無視してアムリッツァに部隊集結を命じ、更なる損害を味方に与えてしまう。結局作戦は失敗したため、責任を取らされる形で退役に追い込まれる。シトレの辞任の原因は彼の項目の記述通りだがロボスの巻き添えを食って辞めさせられたと思われても仕方ない見方で世間から見られた。その後は登場しないが、アニメ版では26話ラストの第一期物故者歴々でウランフの前にエントリーされており、死亡した扱いになっている。
座乗艦はアイアース。同艦は劇場版『我が征くは星の大海』の第四次ティアマト会戦と外伝『千億の星、千億の光』に描かれた第六次イゼルローン攻防戦で登場しているが、OVA本伝ではロボスが最前線に出陣した戦いが無いため、登場機会が無かった。
ドワイト・グリーンヒル 
作品開始時の統合作戦本部次長で、宇宙艦隊総参謀長。フレデリカ・グリーンヒルの父。詳細は後述
チュン・ウー・チェン(Trung Yu Chang
(声:大塚明夫
帝国軍のフェザーン侵攻を前後して、士官学校の教授から宇宙艦隊の副参謀長に転任した(OVAではこの時少将)。直後に総参謀長のオスマン中将が病気で更迭されため、後任として総参謀長に昇格し階級も大将に昇進するが、同じく元帥に昇進したビュコックの「特進の前渡しではないか」という問いかけに「単なる自棄でしょう」と返している。バーラト和約以降、総参謀長兼宇宙艦隊司令長官代理となる。妻子がおり、第二次ラグナロック作戦直前時は38歳で妻子がいることが述べられている。戦略家で、卓越した識見と視野をもっており、ラグナロック作戦が発動された際、ヤンをイゼルローンに拘泥させず、自由に行動させる措置を講ずることを提案している。OVA版においては、ランテマリオ星域会戦においてビュコックに献策を行い、戦術面においても優れた能力を示した(原作小説においては「ミッターマイヤーすら手こずらせたビュコックの負けない事に徹した戦いぶり」と記され、チュンの関与は描写されていない)。会戦終盤ではビュコックの自決も未然に防いでおり、広い視野での見識を示した。
第二次ラグナロック作戦が発動されると、迎撃の準備をしつつ、ムライらに貴重な残存戦力の一部(軍艦5,560隻)を託してヤンの下に送った。その後、同盟軍最後の戦いとなるマル・アデッタ星域会戦にビュコックと共に帝国軍に立ち向かい、民主共和制に殉じる。ヤンとは直接の接触は薄いが、その働きに多大な援助を果たした。
卓越した能力に対して風貌は軍人らしく見えず、士官学校に教授となる前に行った際に学生に出入りの業者と間違えられたという真偽が定かでない逸話から、「パン屋の2代目」とあだ名されている。作中ではヤンとは違った意味で軍人らしくないと表記されているが、風貌が軍人らしく無いという意味では共通している。食事のマナーが悪い事も共通しており、ヤンが彼よりはマシだと言い訳したことがある。
中国語版では「邱吾權」、「邱吾权」の字が当てられるが実際の漢字表記は「淳于建」となる。
ドーソン(Dawson)
(声:島田彰
アッテンボローの士官学校時代の教官。アッテンボローの卒業と同時に転任となり、その後は憲兵隊司令官、国防委員会情報部長、第一艦隊後方主任参謀を務める(順序不明)。救国軍事会議によるクーデターの直前は統合作戦本部次長。フォークのテロによって負傷したクブルスリー統合作戦本部長の代行に就任。この時点での階級は大将。クーデター終結後にいったんは次長に戻るが、後日クブルスリーが引退したために正式に本部長となる。ラインハルトとヤンによる面談の内容から、ハイネセンが占領された時に帝国軍に収監されたことが判明しているが、その後の消息は記述が無い。最終的な階級は元帥[5]
性格は小心で陰気、神経質な小役人タイプ。私怨を忘れないとされ、自分より士官学校時代の一番だけ席次が良かった同期生が、何かしらのミスで降格処分となってドーソンの部下となった時、ねちねちいびり抜いたと言われている。また、士官学校で軍隊組織論教官を勤めていた時、わざわざ一人ひとりの点数を読み上げ、点数の悪い生徒には勉強したのかしなかったのか聞き、どちらの返答をしてもねちねちいじめる嫌味な性格。当時生徒だったアッテンボローには「自分では勉強したつもりですが、まだまだ不足だったようです」と返され、沈黙した。さらに後方主任参謀時代、ゴミ箱を覗き込んでチェックを入れ、じゃがいもの廃棄する部分が多いと小言を言って周囲をうんざりさせ、アッテンボローからはじゃがいも士官と陰口を叩かれていた。
統合作戦本部長になれたのは実力ではなく、一部政治家とのコネによると評されている。実際にラグナロック作戦でフェザーンが帝国軍に占領された後は、職務を停滞させている。作中の人物のひとりから「建国後百年ほどの平和な時期であれば統合作戦本部長でも大丈夫だった」と散々な評価をされ、救国軍事会議メンバーからも「大将に昇進したことさえおかしい程度の男」と評されていた。
ロックウェル(Rockwell)
(声:江原正士
ヤンを指弾する査問会に、後方勤務本部長として登場(トリューニヒト派の軍人として知られていたようで、彼の存在でヤンが軍内部にトリューニヒト閥の伸張を感じている)。バーラトの和約以後は、帝国軍に収監されたドーソン元帥の後任として統合作戦本部長となる。その直後の7月に発生したヤンの逮捕とレベロの拉致に際してヤンの殺害を密かに命じたが、シェーンコップ達に阻止され、さらに部下のキャゼルヌにも(昇進を餌に引き止めたものの)怒りとともに鼻で嘲笑われ去られるに至った。マル・アデッタ星域会戦で同盟軍の残存兵力が消滅したあと、保身を謀ってレベロを暗殺し、その『功』を以ってラインハルトに助命嘆願する。その際、たまたま同席していたファーレンハイトを『変節者』として同類呼ばわりした。この二つの卑劣な行為にラインハルトは呆れはて、同様に怒り心頭に発したファーレンハイトに後始末(処刑)をまかせた。

救国軍事会議のメンバー[編集]

ドワイト・グリーンヒル(Dwight Greenhill
(声:政宗一成
同盟軍大将。作品開始時点での統合作戦本部次長兼宇宙艦隊総参謀長で、アムリッツァ会戦の敗北まで同職にあった。フレデリカの父で、落ち着いた理知的かつ紳士的な人物。ヤンの理解者の一人。軍内部の良識派として、いずれは軍の首班(=統合作戦本部長)になると目されていた。また、娘フレデリカの様子を娘の上司であるヤンに尋ね、その働きぶりを聞き笑顔を見せるなど、一人の父親としても温かみのある人物であった。軍内部でも人望は厚かったようである。なお、シトレの指揮の下で第5次イゼルローン攻略戦にも第4艦隊司令官として参戦しており、作戦会議でヤンとわずかながら会話している。
大雑把なところのあるロボスとは反対に、細部まで気配りのできる人物で、ロボスを補佐し、第6次イゼルローン攻防戦までは同盟軍宇宙艦隊を効果的に指揮していた。またこの時、ヤンの作戦をブラッシュアップしてさらに効果的なものにしていた事からも参謀としての優秀さが垣間見える。しかしロボスの急速な衰えと、それに伴うフォークの専横もあって、帝国領侵攻作戦は完全に失敗。その責任を取って査閲部長に左遷されたのち、ラインハルトの策を授けられたリンチの策略にはまり、救国軍事会議の議長としてクーデターの首謀者となってしまう。当時のヤンにとって、尊敬する人物がクーデターの首謀者というのは全くの予想外で、衝撃的な出来事であった。彼のような「良識派」がクーデターという手段に出た理由については、原作小説では、リンチ少将と旧知であったことくらいしか無いが、OVA版においては、性急な若手将校たちに担がれた立場であること、その若手将校たちの暴走を掣肘するためにあえてクーデター派のトップに立ったことが、亡妻の墓に語りかけた台詞で明かされている。アルテミスの首飾りが破壊された時、クーデター派の有力者であったエベンス大佐がハイネセン市民は人質としてヤン艦隊と徹底抗戦すべきと主張したが、グリーンヒル大将は止めている。最期はクーデターの失敗が明らかになった場でリンチに射殺される。ただし、公式には自殺とされている。この殺害直前に、リンチに人を見る目がなかったと評されている。
妻に先立たれたものの(OVA版の設定、小説版では描写は見られない)、一人娘のフレデリカを深く愛し、またフレデリカも父を慕っているなど親子関係は良好だったが、クーデター以降は会話の機会すら無いまま死別した。
ヤンのことを高く評価していた向きがあり、第6次イゼルローン攻略戦では、当時の評価があまり高くなかったヤンを総司令部の幕僚として置き、周囲から贔屓しているのではないかと言われるほどだった。ただし全面的に贔屓していたわけではなく、また、同攻略戦終盤に意見を求めようとしたところで当のヤンが寝ていたということがあったため、いったんは失望して幕僚から外している。OVA版では、約1年後の第4次ティアマト会戦で、ヤンが同盟軍の全軍崩壊を防いだあたりから再評価したらしく(原作小説ではヤンの活躍の描写は無い)、第13艦隊創設時にヤンの副官に娘フレデリカを推薦した(原作および漫画版では、キャゼルヌが手を回した結果とされる)上、ヤンのイゼルローン攻略戦の作戦の成否について勝算の自信がシトレよりあるとも言われている。またフレデリカが軍人を目指すきっかけになったのを自分の影響だと考えていた(実際はヤンの影響である)。
OVA版のオリジナルで、妻の墓に向かってクーデターを率いるに至った心境を語り掛ける場面や、リンチに銃を向けて話すうち激昂した口調になっていく場面がある。また、田中芳樹はこの墓参りのシーンを気に入っており、知人から「世界一墓参りのシーンの多いアニメだ」と評されたと『「銀河英雄伝説」読本』で述べている。
名前の由来はゴルゴ13の登場人物からである。
ルグランジュ(Legrange
(声:嶋俊介
中将。アムリッツァ星域会戦時第11艦隊司令官。第3次ティアマト会戦で戦死したウィレム・ホーランド中将の後任として第11艦隊司令官に就任し、壊滅した艦隊を再編成した。帝国領土への大侵攻には加わらなかったが、その後の救国軍事会議のクーデターにクーデター側として参加。そのため、内戦でヤン艦隊と同盟軍同士の戦いをすることになった。ヤン艦隊との戦いでは、ヤンの元に工作員としてバグダッシュを送り込み、偽の情報でヤン艦隊を混乱させようとする。バグダッシュには、情報操作に失敗した場合、ヤンを暗殺する命令も出されていた。だが、バグダッシュは任務に失敗し、逆に第11艦隊が情報操作を逆手にとられて奇襲を受け、敗北する。「自分最後の戦闘が名立たるヤン相手であったことを光栄に思う」という旨の通信を送り、軍事革命を讃えながら自決した(OVA版では「自由惑星同盟よ、永遠なれ!」と叫んでいる)。グリーンヒル大将に「ヤンを必ず倒すか降伏させる」と豪語したり、コミック版では「最後の一兵まで戦いぬく」と発言するなど、大言の目立つ人物。さらにOVAではドーリア星域会戦直前に「最も尊ぶべきは献身と犠牲であり、憎むべきは臆病と利己心である」との訓示を行い、一部の兵を辟易させている。
艦隊指揮官としては有能な人物であり(OVA版ではシェーンコップの発言から、勇猛な人物としても知られていた様子)、最後まで第11艦隊の戦意を失わせることなく勇戦したが、その抵抗を諦めない姿勢のために第11艦隊は旗艦以外数隻(コミック版では8隻、OVAでは全滅)になるまで戦闘を続けて敗北し、同盟軍に残る貴重な機動戦力が消耗してしまう結果となった。旗艦はレオニダスII(原作およびコミック版では、第4艦隊旗艦と同じレオニダスと記述されていた)。ボーステック社のゲームでは平均的な能力であることが多い。
ブロンズ(Bronze)
(声:水鳥鉄夫
中将。同盟軍情報部部長。自らの地位を利用し、クーデター派の暗躍に関する情報を全て握りつぶしていた。情報という繊細な物を扱う人物にしては気性の激しい性格で、クリスチアンの言葉やバグダッシュの寝返りに激怒し、また最後の頼みの綱であるアルテミスの首飾りが破壊された時にはその場に崩れ落ちていた。道原かつみの漫画版では救国軍事会議の降伏後、自決を選ぶエベンスに対し、高官がいなければ下の者が責任を取らされるからと生きて裁判にかかることを選択する。OVA版でも降伏し裁判を受ける道を選んだ模様で、うなだれながら他の救国軍事会議幹部とともに連行されるシーンがある。
ストークス(Stokes
(声:岸野幸正[21])
少将。第11艦隊副司令官。OVAオリジナルキャラ。上官のルグランジュ中将と共にヤン艦隊と戦った。第11艦隊の作戦が失敗し、逆に奇襲を受けて艦隊が分断された際に、ルグランジュ中将が指揮を執れなくなった(中将と連絡が取れなくなった)前衛部隊を指揮した。前衛部隊の戦力で本隊を援護しようとするが、アッテンボロー准将の時間稼ぎ戦法に手こずらされ、本隊を援護することはできなかった。その後、第11艦隊本隊を壊滅させたヤン艦隊の各個撃破にあい、玉砕している。座乗艦はアバイ・ゲセル。
エベンス(Evans)
(声:池水通洋
大佐。ブロンズやルグランジュ、ストークスといった将官たちより階級は下だが、救国軍事会議の事実上のナンバー2だった。ハイネセン掌握時の際に報道テレビに姿を見せていることから、救国軍事会議の報道官として活動していることが窺える。また、掌握しているハイネセンが経済破綻を始めた時には経済担当を任されていたが、軍人視点な政策しか行えなかったため、経済を立て直すことが出来なかった。その際に意見を求めたフェザーン商人の皮肉に対して、(思い止まったとはいえ民間人を相手に)ブラスターを抜きかけた事からやや短気な性格である事が窺える。
グリーンヒルとリンチの死後にヤンに通信を送っている。その時、ヤンから自分達のやったことを痛烈に非難され反論できなかったが、それでも自分達が正しいと頑なに主張し、軍事革命を称賛しながら通信を遮断する。(OVA版では最後にヤンに自由惑星同盟の未来を託す言葉を残して通信を切断する)。ヤンとの通信が終わった後に自決。なお同盟軍の軍隊至上主義者のアラルコン少将が救国軍事会議に参加しなかったのは、エベンスと個人的に反目していたからである。
クリスチアン(Christian)
(声:曽我部和恭
大佐。救国軍事会議のメンバーの一人。宇宙暦797年6月22日、ハイネセン記念スタジアムで開かれた無許可の市民集会に3,000人の武装兵を従えて突入、市民たちを弾圧しいわゆる「スタジアムの虐殺」を引き起こした。ジェシカ・エドワーズを撲殺した後、怒り狂って暴徒と化した市民の暴走に巻き込まれて踏み殺される。グリーンヒルの「事態を穏便に解決するように」との忠告を完全に裏切った軍事至上主義者であり、状況が芳しくなかった救国軍事会議の行く末を更に悪化させることになった。そのため、原作小説ではアーサー・リンチからも低能と嘲られていた。
アーサー・リンチ(Arthur Lynch
(声:広瀬正志
元少将。ヤンを英雄にした「エル・ファシル事件」が起こった当時のエル・ファシル警備艦隊司令官。
エル・ファシルに帝国軍が奇襲をかけた際に軍事行動を誤ってしまい、敗退。惑星が帝国軍に包囲されると恐慌をきたしてしまい、民間人を置いて艦隊だけ脱出しようとしたが、帝国軍に包囲され降伏、捕虜となる。この醜聞のために捕虜収容所内でも相当に肩身の狭い思いを強いられていた。また、彼より後に捕虜となった者から、妻子は住んでいた官舎から出て籍を抜いてしまったという噂を耳にしている。それらのことから、酒に溺れる自堕落な生活を送っていた(原作小説では生活態度があまりにも悪かったため、同じように白眼視されていた旧部下達からも露骨な嫌悪の目で見られている)。その後、帝国と同盟での捕虜交換の機会においてラインハルトの走狗となり同盟内で救国軍事会議のクーデターを起す。救国軍事会議の中にあっても酒瓶を手放さず、その態度は会議のメンバーからも白眼視されていたことは想像に難く無いが、グリーンヒルがかばっていたようである。クーデターの失敗が決定的になると、唯一の理解者だったグリーンヒルを射殺し、直後に救国軍事会議の幹部達に自らも葬られた。
ラインハルトからクーデター作戦成功の暁には帝国軍少将の地位が約束されていたが、もはや本人はそんなことに興味はなく、ただ自分の正しさを信じている者達に弁明の余地すら残せない恥をかかせたかったからラインハルトの提案に乗った事が本人の口から語られている。また、決して拭えない汚名を背負っているが故に、徹底的に卑怯者として生きると決めていた。
「エル・ファシル事件」前までは、前線でも後方でも一定以上の実績を挙げ、評価も高い有能な軍人であった。グリーンヒルは古くからリンチの能力と才覚には期待していた様で、今回のクーデター計画を受け入れたのも周囲から激しく白眼視されているリンチに名誉挽回の機会を与えたいと考えていたためでもあった。そのためリンチがラインハルトの走狗だった事実を知って当然ながらグリーンヒルは激怒した。しかしリンチは自らの人生さえ投げ出したような態度で、「アンタに見る目が無かっただけだ」と言い放った。この直後にグリーンヒルに銃撃され、反射的に彼の眉間を打ち抜いている。同時に軍事会議のメンバーから一斉射撃を受けて死亡する。
マロン(Maron
(声:アニメ未登場)
大佐。惑星シャンプールを占拠した救国軍事会議の指揮官。イゼルローンとハイネセンの航路上に位置するため、ヤン艦隊によるクーデター鎮圧の第1目標とされた。シェーンコップ指揮下の陸戦隊と3日にわたって戦闘を繰り広げるものの鎮圧され、ブラスターで延髄を撃ち抜き(コミックではブラスターを咥えたまま発砲し)自決した。アニメには登場せず、ナレーションにて「シャンプールはわずか3日で陥落した」と説明されるにとどまる。
ハーベイ
(声:アニメ未登場)
惑星ネプティスを占拠した救国軍事会議の指揮官。救国軍事会議のクーデター打ち合わせの際に名前が上がっている。なお、ネプティスはドーリア星域会戦後、ヤン艦隊がバーラトに到着する以前に奪還されている。
ヒルマ
少佐。コミック版のオリジナルキャラクター。旗艦に同乗していたルグランジュの幕僚で、明記はないが副官と思われる。開戦当時7000隻を数えた第11艦隊本隊が、ヤン艦隊との戦闘で8隻にまで撃ち減らされたことで、敗北を悟り自決したルグランジュに代わり降伏勧告を受諾した。眼鏡をかけた痩せ型の男性。

その他軍人[編集]

ジャン・ロベール・ラップ(Jean Robert Lapp
(声:田中秀幸
ヤンの士官学校時代からの親友にして、ジェシカ・エドワーズの婚約者。ヤンに「いずれは将官の器」といわれるほどの才能の持ち主。アスターテ星域会戦時には第6艦隊参謀で、階級は少佐。各個撃破される危険性を予見し、ヤンと同じ対抗策を上官のムーア司令官に進言するも退けられる。同会戦にて上官が愚行をする度に止めようとするが、全く聞き入れられず、司令官と共に戦死する。ジェシカは彼の死をきっかけに反戦運動に身を投じることとなる。ボーステック社のゲーム『銀河英雄伝説IV』では、序盤で戦死させるのが惜しいほど高い能力値を持った有能な人物となっている。
ヤンからその能力を高く評価されていた人物だったが、病気療養のために軍務を離れていた時期があったため、アスターテ星域会戦時の彼の階級は同期のヤン准将や後輩のアッテンボロー中佐よりも低い。
アンドリュー・フォーク(Andlew Fork
(声:古谷徹
准将。同盟滅亡の原因を作った一人。士官学校を首席で卒業(スーン・スールと同期で、アッテンボローの一期下。)した秀才だが、傲慢かつ自信過剰な上に極めて独善的で、自己の才能を示すのに実績ではなく空疎な弁舌を用い、ライバルを蹴落とすことに情熱を燃やしていた。ヤンのイゼルローン要塞奪取後、栄達心から戦略的に意味の無い帝国領土への侵攻を立案、政治的ルートで上層部に持ち込む。その後の対応も稚拙を極め、ついにアムリッツァでの大敗を招くが、彼自身は帝国軍の総反撃が始まる前にビュコックに譴責されて転換性ヒステリー(解離性けいれん、あるいは解離性転換障害)による発作を起して倒れ、入院加療・予備役編入となる。敗戦の責任を問われることはなかったが精神的異常は完治せず、ついには関係の無いクブルスリーをテロにより負傷させ辞任に追い込み(これに先立って救国軍事会議に参加しており、この凶行は実は彼らに利用されてのことである)、軍人としての栄達の道は完全に断たれた。
同盟完全消滅後に起きた精神病院の火事により、死亡したとみなされていたが、実は地球教により拉致されて生存しており、回廊の戦い後、ヤンに対するテロの実行者になる。実際には囮として利用されたに過ぎず、乗っていた武装商船ごと吹き飛ばされ、今度こそ本当に死亡するものの、ヤン達の視線を地球教からそらす囮としては成功し、結果的にヤン暗殺が実現されてしまう。
その驕慢な性格や尊大さ、同盟にもたらした数々の悪影響により、ヤン艦隊メンバーのみならず、シトレやクブルスリーも彼を痛烈に批判している。OVAで声を担当した古谷自身、2008年4月8日に「笑っていいとも」の声優コーナーにゲスト出演した際、「今まで声を演じた中で一番嫌いなキャラクター」の質問に、フォークを挙げ思い入れが全くないと発言している。
時系列上の初登場は第6次イゼルローン攻防戦(名前のみの登場)で、その頃から既にロボスから高く買われていたようで、第6次イゼルローン攻防戦においてホーランド少将と同じ作戦を提案し、提案者がフォークだったので採用された。この作戦はラインハルトに看破されたとはいえイゼルローン要塞に打撃を与えている。また、この時アッテンボローの口からフォークが士官学校の一期下であることが語られている。
マリネスク
(声:アニメ未登場)
少将。シトレの主席副官。帝国領侵攻作戦についての会議に出席した。
ウィッティ
(声:風早祐介
大佐。クブルスリーの副官。フォークのクブルスリー射殺未遂事件に遭遇した際には医者の手配を指令するとともに、とっさの出来事に何も行動できなかった衛兵達を罵った。
ヤマムラ(Yamamura
(声:アニメ未登場)
軍医少佐。帝国領侵攻の際にはイゼルローンに所属し、アンドリュー・フォークがビュコックの糾弾によって転換性ヒステリーを起こした際に、ビュコックに対してその病状を説明し、その後に「完治させるためにはフォークの作戦を完遂して彼を満足させる必要がある」と発言し、暗にフォークの更迭をビュコックに使嗾している。OVAには登場せず、フォークの病状についてはドワイト・グリーンヒルが説明している。また、原作小説では「壮年の男」となっているが、道原かつみの漫画版では中年女性として描かれており、台詞も単にフォークの病状を説明するのみとなっている。
コナリー
(声:笹岡繁蔵
少将。第12艦隊副司令官。ボルソルン星系にてルッツ艦隊と交戦した際、艦隊が旗艦ペルーン以下護衛艦8隻まで討ち減らされたことを報告する。ボロディンの自決後は艦隊の指揮を引き継ぎ、ルッツ艦隊に降伏した。その後の消息は不明。
チェン
(声:小関一
少将。第10艦隊参謀長。惑星リューゲン軌道上にてビッテンフェルト艦隊と交戦した際、艦隊に約4割の被害が出た事を報告する。撤退命令が下された後も殿となって奮戦したが、ウランフと共に戦死した。
ナン
(声:石野流三[新])
技術少佐。アスターテ会戦時第4艦隊レオニダスの通信長(劇場版では少佐、第4艦隊の通信士)。第4艦隊に敵艦隊が襲来した時、パストーレの命令で第2、第6艦隊に応援要請を出すように命令されたが、帝国軍の放った妨害電波により、絶望の動作と表情でそれに応じている。その後、艦橋への被弾により戦死している。
ファイフェル(Pfeiffel
(声:梅津秀行
少佐。ビュコックの高級副官を長年にわたって務めた人物で、与えられた指示を着実にこなすタイプの部下。上官に対して非常に忠実で、第3次ティアマト会戦直前のホーランド中将の発言に対して、激発しそうになったこともある。だが、ジェシカ・エドワーズの演説を聞いた時、或いはウォルター・アイランズとビュコックの面会後に、軍人視点な発言をしてビュコックにたしなめられた場面も見られる。後に中佐に昇進し、帝国のラグナロック作戦への対応準備のため、徹夜続きの激務に追われる。だが、同盟艦隊がバーラト星系から出発する前日、連日の徹夜がたたり心臓発作を起こして入院。職務はスーン・スールに引き継がれた。その後の消息は不明。なお、原作ではビュコックが大将の時には少佐だったが、ビュコックが元帥になった後は少将と記述されていた(創元文庫版では少佐に修正)。
サンドル・アラルコン
(声:大友龍三郎
少将。査問会から解放されたヤンがイゼルローン要塞に戻る時に同行した独立艦隊のひとつの司令官。指揮官としてはまずまず有能ではあったが、軍国主義的志向が強く、民間人や捕虜を殺害した嫌疑が何度もかけられており、ヤンには密かに忌避されている。ガイエスブルク要塞戦が終結した後、グエン・バン・ヒューと競う形で帝国軍の敗残部隊を追撃し、ミッターマイヤーとロイエンタールの待ち伏せにあって全滅してしまう。アニメ版では、ケンプとミュラーの艦隊を挟み撃ちにして撤退させたヤンに追撃を申し入れた。別の思惑があるヤンに却下されると、ヤンの指揮能力と性格に疑問を呈している。なお、狂信的軍国主義者であるのにもかかわらず救国軍事会議に参加しなかったのは、幹部の1人であるエベンス大佐と個人的に不仲だったからであり、思想的にはより過激でさえあったとされる。座乗艦はマルドゥーク。
マリネッティ
(声:岡和男
准将。査問会から解放されたヤンがイゼルローンに戻る時に同行した独立艦隊のひとつの司令官。OVA版では、第一次ランテマリオ星域会戦に参戦。ミッターマイヤー艦隊を相手に、その渾名を畏れたあまり我武者羅な攻撃を行い、ミッターマイヤーに不意打ちを食らわせる。ビュコックの指示により後退するが、帝国軍に付け入られる隙を作ってしまった。その後、マル・アデッタ星域会戦にも少将として参戦している。マル・アデッタ以降の所在についての描写は無く不明。座乗艦はロスタム。
ザーニアル
(声:菅原正志
准将。査問会から解放されたヤンがイゼルローンに戻る時に同行した独立艦隊のひとつの司令官。OVA版では、第一次ランテマリオ星域会戦に参戦し、マリネッティ艦隊と共にミッターマイヤー艦隊に猛攻を加える。その後、マル・アデッタ星域会戦にも少将として参戦している。マル・アデッタ以降の所在についての描写は無く不明。作中での台詞は「撃て、撃て」のみで、マリネッティよりさらに台詞が少ない。座乗艦はベレノス。
シムズ
(声:古田信幸
軍曹。ヤンが査問会に召集された際、彼の世話と護衛(事実上の監視)を担当した。常に無表情で、ヤンの質問に答える時も淡々と受け流していた。この態度に怒ったヤンは扉越しに軍帽を投げつけ、辞表まで書いている。OVA版では黒人の巨漢であり、表情は無表情を貫いている。また、原作小説ではヤンに対する威圧を含めて可憐さというものを徹底的に排除した結果、彼が選ばれたのではとヤンが邪推している。
バウンスゴール(Baunsgoal
(声:山賀教弘
技術中将。第二次ラグナロック作戦の際、惑星ルジアーナで建造していた艦艇を脱出させ、自身は時間稼ぎのために帝国軍と戦い、戦死。彼が脱出させた艦艇の約半数は、逃走に成功した。原作ではくだりが数行書かれただけだが、OVA版ではセリフが入るなど、扱いが増えていた。
ビューフォート(Beaufort
(声:アニメ未登場)
准将。独立艦隊の指揮官。マル・アデッタ会戦に先立ち、先鋒の「黒色槍騎兵」艦隊の後方にゲリラ戦を仕掛け、一時的に同艦隊の補給を断つ程の戦果を挙るも、その本拠地を黒色槍騎兵に叩かれ、艦隊は四散する。ビューフォートは身一つで脱出し、ビッテンフェルトを悔しがらさせたという。この時、彼の部下が捕虜になり、尋問によって帝国軍に「メルカッツ生存」の情報が入った。
エマーソン(Emerson
(声:檀臣幸
中佐。自由惑星同盟軍の宇宙艦隊総旗艦となったリオ・グランテの艦長。同盟軍最後の戦いとなったマル・アデッタ会戦で最後まで殿を勤め、ビュコック、チュンらと共に乾杯しながら、撃破された艦と運命を共にした。
リバモア
(声:アニメ未登場)
中将。同盟軍人事部長。駐在武官としてフェザーンに赴くユリアンに辞令を渡した。若くして駐在武官に抜擢されたユリアンをトリューニヒトのお気に入りと勘違いし、無用のトラブルを避けるためか必要以外のことは一切発しなかった。
オスマン
(声:アニメ未登場)
中将。チュン・ウー・チェンの前任の宇宙艦隊総参謀長。帝国のラグナロック作戦への対応準備中に、過労のために脳出血を起こして意識不明の重体となる。そのまま更迭されるが、その後は不明。
オーブリー・コクラン(Aubley Cochrane
(声:麦人
大佐。ラグナロック作戦時のリューカス星域同盟軍補給基地司令官。バーミリオン会戦において、帝国軍のミュラー艦隊が同基地を占拠しに来た際、民用物資であることを理由に一部の部下の(実力行使を伴う)反対をおしのけ、帝国軍に一戦もせず降伏した。ミュラーはここで一戦しなかったため、バーミリオン会戦において真っ先にラインハルトの救援に駆けつけることが出来た。彼なりの信念に基づく行動であったが、結果としてコクランの判断がヤンがラインハルトを倒すきっかけを失わせることとなった。なお、ミュラーは降伏のいきさつを知り、配下にしようとしたがコクランは断り、部下とハイネセンへ帰還の許可を申し出ていた。その後、旧部下の告発により、利敵行為をなしたとして僻地の未決囚収容所に収監されるも、その後の自由惑星同盟の混乱の中で放置されてしまった。2年後になって餓死寸前の状態でミュラーに救出され、部下となる。
ブレツェリ
(声:アニメ未登場)
大佐。シュパーラ星系の通信基地JL77の基地司令官代行。
この通信基地は機能的集約化の拠点であり、ランテマリオの星域会戦直前に帝国軍の情報を集め伝達を続けたため、脱出不可能であった。JL77の戦闘要員はわずか2,000名で防備も貧弱、戦闘用艦艇さえない状況であり、多大な貢献をしたこの基地に対し統合作戦本部もただ見捨てるわけにもいかず、50,000名の戦闘要員と300隻の戦闘用艦艇を派遣する連絡をした。それに対し、ブレツェリは「せっかくですが」と断った。
これは、下手に増援されれば帝国軍は黙って通過してはくれないだろう、それならいっそこのままやり過ごした方がいいという策(本人も自信はなかった)であった。ブレツェリの読み通り帝国軍のミッターマイヤー提督はJL77が何かする気なら一撃で殲滅するつもりだったが、自分からわざわざ無力な弱敵に手は出さず、基地と人員は助かった。その後の消息は不明。
道原かつみの漫画版ではあごひげを生やした小太りの中年。表情は冷静だが、心中で通信兵の愚痴に「下の者は愚痴をこぼせてうらやましい」とか、ハイネセンからの派兵を「焼け石に雀の涙」などとぼやく、中間管理職じみたキャラクターと描かれている。
マスカーニ(Mascagni)
(声:立木文彦
少将。宇宙暦799年 / 新帝国暦1年7月16日のレサヴィク星域において、バーラトの和約に基づいて1,820隻の戦艦及び宇宙母艦の爆破処分作業を行っていた工作部隊の指揮官で、旗艦はOVA版では工作艦「RK-387」。戦争が終わったことから緊張感が欠落しており、敵味方識別装置の反応と作業の応援に来たという通信を鵜呑みにしてメルカッツ率いる「動くシャーウッドの森」艦隊の接近を許してしまい、その正体に気付いた時には旗艦を包囲されて自身や部下達は手も足も出なくなった。
義勇兵集団を名乗る動くシャーウッドの森艦隊によって処分予定の艦艇の内、戦艦464隻と宇宙母艦80隻を強奪された揚句、義勇兵集団から参加を呼びかける通信を受けて、指揮下の部隊からハムディ・アシュール少佐を始めとする4,000人もの「お調子者」が義勇兵集団に参加合流してしまう。
ハイネセン帰還後に査問会にかけられた時、目の前に現れた強盗集団(動くシャーウッドの森)の総数を500隻と証言する(実際は60隻)。OVAでは艦船の数についてはそれ以上触れられなかったが、原作小説ではマスカーニの部下の中に数千隻と証言する者もいたため、500隻が最も妥当な数であると判断された。
コーネフ(konev)
(声:なし)
中将。帝国領侵攻作戦の作戦主任参謀。
ビロライネン(birolinen)
(声:なし)
少将。帝国領侵攻作戦の情報主任参謀。
グレドウィン・スコット
(声:アニメ未登場)
帝国領侵攻時に新たに占領した各星系へ物資を輸送する任を受けた輸送艦隊の司令官。輸送船100隻、護衛艦26隻を率いてイゼルローンから辺境星系へ赴いた。しかし、自分に課せられた任務に遠征軍の命運がかかっている事を全く理解しておらず、航路が同盟の支配領域にあるからと周囲を全く警戒せずに艦橋で趣味の三次元チェスに興じる有様であった。その結果、ラインハルトの戦略により、艦隊はキルヒアイス艦隊の奇襲によって完膚無きまでに撃破され、自身も戦死した。彼の輸送艦隊が壊滅したことで前線には物資が行き届かなくなり、侵攻作戦は脆くも瓦解してしまう。さらにその輸送物資も同盟各星系から強引に抽出したものであり、同盟全体の衰亡にもつながっている。
ニコルスキー
(声:アニメ未登場)
中佐。グレドウィン・スコット輸送艦隊参謀。上官よりは真面目な性格であり、帝国軍の襲撃を受けたことをスコットに報告した際には、状況を理解できないスコットをたしなめている。しかし、緊張感が欠落しきったスコットは依然として状況を理解できず、ニコルスキーは更に口を開くも、その瞬間に艦は撃沈され無能な上官と運命を共にする羽目になった。
ジャワフ(Jawaf)
(声:仲野裕
大佐。OVAでは30~40代くらいの、体格のがっしりした黒人として描かれている。
ジョアン・レベロがヤンを逮捕させたのち、統合作戦本部長ロックウェル大将よりシェーンコップおよびアッテンボロー両退役中将の身柄を拘束するように密命を受け、特命隊の指揮官として2個中隊の武装陸戦隊を率いていた。しかしライナー・ブルームハルト中佐(連隊長代理)率いるローゼンリッター連隊の奇襲を受けて任務に失敗し、彼も軽傷を負った。ロックウェルに任務の報告をした際には失敗したと知るや否や責任逃れを始めるロックウェルに呆れていた。
ベイ(Baye)
(声:池田勝
大佐。表向きは救国軍事会議の賛同者として参加していたが、実はトリューニヒトに情報を漏らしていたスパイ(OVAではブロンズ中将の情報部をけなしたり、トリューニヒトの逃亡成功を理由にスパイがいることを主張するなど救国軍事会議の結束に亀裂を入れるような行動を多数行っている)。そのためベイはクーデターによる逮捕を免れている。クーデターが終結した後、この功績によって准将に昇進した(原作の一部などに、少将に昇進したという記述ミスがある)。ヤンが査問会に呼び出された時にはヤンを宇宙港でフレデリカとマシュンゴから引き離し、宿泊施設(軟禁場所)に連れて行く役を担当した。ヤンの解放を望むフレデリカらの抗議を一蹴し、トリューニヒトに密告した上で彼女らに闇討ちをかける。性格はビュコックから「いたち」「ゴキブリ野郎」と評され、盗聴の記録を証拠品として使用する同盟憲章違反行為を行う可能性があると示唆されたほど。
ヴィオラ
(声:西尾徳
大佐、フェザーンの同盟高等弁務官事務所主席武官。トリューニヒト派の軍人で、イゼルローン要塞から赴任して来たユリアンとマシュンゴに対し高圧的に振る舞った。病的なまでに肌が白く、肥満している割には肉感に乏しいことから「地上の気球」と称された。帝国軍によってフェザーンが占領された際にはヘンスロー弁務官らを見捨て宇宙船で逃亡したが、帝国軍の臨検に遭い逮捕された。
エドモンド・メッサースミス((Edmond Messersmith
(声:配役表記なし)
少佐、有能な士官で、グリーンヒル大将の部下だったこともある。グリーンヒル大将は娘フレデリカの結婚相手と考えていた時期もあった。査問会のためにハイネセンにやってきたヤンと引き離されたフレデリカに、ビュコック司令長官との面会の便宜を図った。
アニメでは名前は登場せず、トリューニヒト派に属し、親切をよそおってフレデリカとマシュンゴを憂国騎士団が待ち受ける地下駐車場に誘導した。

外伝[編集]

オットー・フランク・フォン・ヴァーンシャッフェ
(声:仲野裕[千])
大佐。ローゼンリッターの第12代連隊長で、シェーンコップ達の上官。第11代連隊長リューネブルクが帝国へ逆亡命した後を受けて隊長に就任した。ヴァンフリート4=2の後方基地でセレブレッゼの命令により偵察に赴いたが、途中で装甲車が故障して動けなくなり、後から来たシェーンコップの提案によって基地に帰還する途中、リューネブルク率いる帝国軍の陸戦隊に急襲され重傷を負う。戦場からは脱出し、基地に到着して手術を受けるが、既に体力が落ちていたため、手術中に死亡した。
大隊長時代までは有能な軍人で人望もあったが、連隊長に就任してからはその長所が失われた。シェーンコップは、地位の向上と権限の拡大に耐えるだけの精神的な骨格が不足していたと評している。
バーナビー・コステア
(声:坂下光一郎[螺])
大佐。惑星エコニアにある捕虜収容所の所長。当時59歳。一兵卒からの叩き上げであり、第二次ティアマト会戦ではフレデリック・ジャスパーの艦隊に所属していた。初対面の時ヤンが受けた印象は「ややかたくるしい(原作小説)」と「思ったよりも偉ぶらない(アニメ)」というものだった。長年に渡って公金を横領していたが、ヤンがそれを調査に来たと勘違いして謀殺を画策、ヤンが赴任した夜に捕虜の脱走/立てこもり事件を引き起こすがヤン達によって鎮圧されて、身柄を拘束されている。
しかし事件の調査に来たムライに審問される際には、一転してコステアはヤンが捕虜たちと共謀して暴動を起こしたと主張している。OVA版ではムライは横領の具体的な証拠がなく、状況証拠とヤン達による脅迫による自白だけではコステアを起訴出来ないとヤン達に述べており、コステアの罪が問われない可能性を示していたが、原作、OVA版ともに既にムライがエコニアに来る前にフェザーンの銀行に設けられたコステアによる匿名の口座を調べたことで容疑が固まり、公金横領の罪で逮捕され、収容所の管理責任と合わせて軍法会議にかけられることになった。原作では彼の汚職が暴かれる過程で、同盟軍において一兵卒から大佐にまで昇進して定年退官する者が受け取る退職金の額が、20万ディナールであることが描かれた。
ジェニングス
(声:なし)
中佐。惑星エコニアにある捕虜収容所の副所長。当時36歳。官僚的な能力では一兵卒からの叩き上げであるコステア所長を上回っており、それがゆえに所長との仲はあまり良くない。当人の主観では勤勉と義務感から、所長の偏見では不眠症であるがため、深夜3時の巡回を毎日欠かさない。ヤンが赴任した当日に起きた暴動で当初捕虜側の人質となるが、ヤンとパトリチェフが身代わりとなって解放される。その後の戦闘による砲撃で負傷し入院したため、ヤンが最高責任者として暴動収束後の事後処理にあたることになった。
ボーリィ
(声:遠藤哲司[螺])
少佐。惑星エコニアにある捕虜収容所の警備主任。長身の黒人。所長の意を汲んで動くことが多く、捕虜による反乱事件の時はヤンに向かって婉曲的な表現で人質交換に応じるよう仕向けた。
チャン・タオ
(声:たてかべ和也[螺])
一等兵。惑星エコニアにある捕虜収容所でのヤンの従卒。従卒ひとすじ35年のベテランで、「おかげで一人も殺さずにこれたことが誇り」とヤンに語った。勤続年金も獲得しており兵士ではあるが生活は比較的裕福である。男爵(バロン)ウォリス・ウォーリックの従卒を務めた経験がある。彼の730年マフィア評は「大変立派な方たちばかりでした」という単純なものだった。スキャンダルで失脚した「男爵」に関しては「あの方のまわりには、時々ろくでもないものたちがおりましてな」と擁護している。
マシューソン
(声:小山武宏[螺])
准将。惑星エコニアを含むタナトス警備管区の司令官。捕虜収容所の騒乱終結後に報告の通信を送ってきたヤンに対し「エル・ファシルの英雄だそうだな」と突き放したような言い方をした。ヤンはこれを「赴任前に挨拶に寄らなかったから嫌味を言っている」と推察した。やや痩身の血色の悪い、神経質そうな印象の壮年男性。
キーツ
(声:柴本浩行[螺])
中将。統合作戦本部人事科に勤務している。ヤン少佐に、第8艦隊司令部作戦課勤務の配属命令を伝えた。小説では退役寸前の老人とされている。
モンシャルマン
(声:牧宮弘[千])
少将、第五艦隊参謀長。ビュコックの補佐を務めている。
シンクレア・セレブレッゼ
(声:朝戸鉄也[千])
中将。後方勤務のスペシャリストだが、戦闘指揮能力は皆無に等しい。ヴァンフリートの会戦時に、戦場とならないと思われた衛星ヴァンフリート4=2の基地にいたところ、帝国軍首脳部に邪魔者扱いされたグリンメルスハウゼン艦隊が来襲(ただしグリンメルスハウゼン艦隊は最初立ち寄るつもりだっただけで同盟軍の基地があることはしらなかった)。陸戦の最中、ラインハルトによって捕虜となる。この功績によってラインハルトは少将に昇進、また、同盟でも後方担当の専門家が抜けたため、キャゼルヌが後任を任されている。シェーンコップを将来クーデターも起こしかねない反骨心のある人物と評している。
サンバーグ
(声:稲田徹[千])
少佐。ヴァンフリート4=2の後方基地でセレブレッゼの副官を担当している。
カール・フォン・デア・デッケン
(声:西凛太郎
薔薇の騎士(ローゼンリッター)の一員。ローゼンリッターがヴァンフリート4=2に配属されていた時、リンツ、ブルームハルト、そして当時副連隊長だったシェーンコップと共に「薔薇の騎士の最強カルテット」と言われた。巨体と温和な性格、超人的な耐久力、酒量の持ち主。誘導ワイヤーに正確に当てられるほどの狙撃術も持ち合わせ、数年後にはリューネブルクにも勝てると評されていた。帝国軍の襲撃時に元連隊長のリューネブルクと鉢合わせになり、リューネブルクには手を出すなというシェーンコップの指示を守らず、部隊員全員が裏切り者扱いされたことへの怒りに任せてリューネブルクに闘いを挑み、敗死する。
ヴァレリー・リン・フィッツシモンズ
(声:土井美加
ヴァンフリート4=2のオペレーターの女性兵士。階級は中尉。赤褐色の髪と瞳、小麦色の健康的な色の肌の女性。シェーンコップの当時の愛人だった。離婚歴がある。帝国軍の基地襲撃時に戦死する(27歳)。その後の様子から、彼女の死はシェーンコップにとって大きな損失だったと思われる。作中で名前が挙げられる唯一の女性戦死者でもある。
OVAでは、シェーンコップとの強烈なベッドシーンがある。作者の田中芳樹は、執筆作品においてこの種の具体的な描写をしないタイプの作家であり、本作の原作小説に於いても、このシーンには具体的な描写は存在しない。なお、シェーンコップ役の羽佐間は後に「すごいシーンだった」と語っている[6]
ウィレム・ホーランド
(声:堀川仁[千])
第6次イゼルローン攻防戦に少将として参加。要塞攻略作戦計画を提案して(同じ作戦をロボスの覚えがめでたいフォークも提案していたため)採用された。作戦自体はラインハルトに看破され失敗するが、その後の活躍により名誉を回復。戦闘後に中将に昇進し、第11艦隊の司令官に就任する。その後の第3次ティアマト会戦では、同僚のビュコックやウランフの制止を振り切って独断で前線を縦横に移動し、4時間に渡って戦場を支配する。だが、攻勢の限界点を迎えて「息切れ」し、全艦隊が立ち往生した所で待機していたラインハルトの艦隊から斉射三連を2度受け、旗艦もろとも四散した(32歳)。ビュコックからは「擬似天才」、ラインハルトからは「理論を無視することが奇策だと思っているような低能」と評された。自分のことをアッシュビーの再来と評し、OVAでは元帥に昇進し帝国を解放、皇帝を処刑することを夢想していたが、その妄想の最中に旗艦をビームが直撃、戦死する。道原かつみの漫画版では死亡するシーンのみが描かれている。座乗艦はエピメテウス(ギリシャ神話に登場する巨人プロメテウスの弟。意味が「後知恵」「後悔する者」)。
フェーガン
(声:なし[三])
少佐。巡航艦「グランド・カナル」艦長。
第3次ティアマト会戦に先立って物資輸送のために徴用された民間輸送船団の護衛艦艇のうちの1隻。帝国巡航艦部隊と遭遇し、「戦闘ではなく虐殺」されつつも民間船を守り、大多数の輸送船を安全宙域まで逃がすことに成功するが、グランド・カナルは撃沈され、少佐も戦死した。戦死後に自由戦士勲章を授与されるが、「グランド・カナルには100個の勲章よりも、1隻の味方が必要だった」とはヤンは述べている。妻と2人の子供(男女1人ずつ)がおり、勲章授与の式典に姿が見える。
ミンツ
(声:なし[螺])
ファーストネームは不明。 いわゆる「エルファシルの奇跡」直後の宇宙暦788年10月2日、無役のヤンがキャゼルヌの執務室に呼び出された時、ブルース・アッシュビー謀殺疑惑に関する資料を持ってきた士官。その時の年齢は30代半ばで、髪の色は亜麻色。小説版ではユリアン・ミンツとの関係は描写されていないが、『銀河英雄伝説ハンドブック』では父親と紹介されており、道原かつみのコミックス版では、明確にユリアンの実父であると描写されている。建国以来の名門の家系であり、母親の反対を押し切って、帝国から亡命した平民の家系の女性と結婚する。宇宙暦790年、大尉の時に8歳のユリアンを遺し戦死する。ヤン以上の茶道楽であり、息子に紅茶の種類や淹れ方の極意を伝授した。母親の妻と息子に対する態度について、どう思っていたかは記述が無い。しかし、母親との同居を選んだ結果、ユリアンに想い出の欠片も残されない境遇を招いた。
ラムゼイ・ワーツ
(声:菅原淳一[千])
少将。第6次イゼルローン攻防戦の前哨戦に分艦隊司令官として参加。アニメ版では、命令系統は実質的に主客転倒して、参謀長のマルコム・ワイドボーン(後述)が提案する作戦指示をそのまま繰り返すだけ、という様子が描かれている。同会戦でラインハルト艦隊により艦隊中央を突破された挙句、指揮下の兵力のほぼ全てを殲滅されるという完敗を喫し、戦死。参謀長のワイドボーンもこのとき戦死している。
マルコム・ワイドボーン
(声:関智一[螺][千])
ヤンの士官学校での同期生。学年首席で10年来の秀才と称されていたが、戦略戦術シミュレーションでは戦術思考の硬直性と補給を軽視(兵站線の確保を怠った)からヤンに完敗した。しかし、負けたことに納得できずヤンを罵り反論したが、結局は彼の意見は受け入れられなかった。人柄は他人の欠点や失敗をえぐるような一面があるとヤンに論評されていた。第6次イゼルローン攻防戦で、ラムゼイ・ワーツ少将の分艦隊の参謀長(大佐)として事実上分艦隊を仕切っていたが、ラインハルトの艦隊に攻撃され戦死した(27歳)。死後、少将に2階級特進。
キャボット
(声:なし[千])
少将。第6次イゼルローン攻防戦の前哨戦に高速機動集団司令官として参加。ラインハルト艦隊に「巧緻を極めた側背攻撃」を受け、集団は壊滅。生死不明。
サックス
(原作 外伝2)
少将。宇宙暦797年の捕虜交換の際、帝国軍がイゼルローンへ運んできた捕虜をハイネセンへ送還するため、臨時に編成された輸送船団の指揮官。部隊の序列や自身及び他者の指揮権限の行使に厳格な一方、重要な任務(航法)を部下に丸投げして政治家との交流を図る。
イヴリン・ドールトン
(原作 外伝2)
大尉。797年の捕虜交換の際ハイネセンに帰還するための船団でヤン達と同じ船に乗った船団航法士。フレデリカと同室だった。なかなかの美貌の持ち主のようで、オリビエ・ポプラン曰く唇が薄ければ完璧。捕虜の中にかつて自分をだました元恋人の姿を認めて逆上。航法データを改ざんして200万人の捕虜もろとも恒星マズダクに飛び込み自殺しようとした。あわや恒星突入と言う段階になってヤンが一計を案じ、無人のシャトルをとばして恋人がシャトルで逃げたことを伝えたため、シャトルを撃沈してピストル自殺した。死後、憲兵隊によって遺体は手荒に収容されようとしたが、ポプランらに阻止され、フレデリカによって死化粧を施され、宇宙葬にされた。
ラン・ホー
(原作 外伝2)
少佐。ヤンらが惑星ハイネセンからイゼルローン要塞に戻る際に搭乗した新造駆逐艦「カルデア66号」の艦長。やや胆力にかけるが善良な人物。予定通りにイゼルローンに到着し、ヤンから「名艦長」と賞された。その後は乗艦ごと要塞に留まり哨戒や巡視の任に就いた。
パーカスト
(原作 外伝2)
大尉。ヤンのエル・ファシル脱出行に先立ってリンチ少将とともに逃亡、捕虜となり、ラインハルトの陰謀の一環として同盟に帰還する。イゼルローン要塞にて大将に昇進したヤンと自分を比べて愚痴をこぼし、ユリアンにたしなめられた。自分が捕虜となるきっかけを作ったリンチ少将を「リンチの奴」と呼び捨てるなど、かなり口は悪い。
施設局住宅課の係員
(原作 外伝2)
階級、および氏名・外見・人数は不明。エネルギー供給システムの故障による停電の翌朝、官舎を戸別チェックしていたところ、屋内でキャンプ用品を使い暖を取っていたヤン家に呆れる。その後、官舎利用要綱に『屋内での焚火およびそれに類する行為を禁ず』という項目が加わった。
道原かつみの漫画版では二人組で登場。一人は黒髪をリーゼントにした若手、もう一人は初老でそのリーゼントからオハラさんと呼ばれる、いずれも男性。『ヤン家に来て呆れ』、『その後利用要綱が増えた』という流れは原作に準じているが、漫画版ではこの二つの間に『オハラが「家屋にもしものことがあったらどうするつもりです」とヤンを叱責し、中将相手にも引かない態度をリーゼントが「オハラさん、尊敬です」と賞賛する』という一幕が加わる。

政治家・官僚[編集]

ヨブ・トリューニヒト
ロイヤル・サンフォード
(声:阪脩[12])
物語開始時の同盟国家元首で最高評議会議長。政界の権力争いの中で漁夫の利を得て最高評議会議長になったとされ、「誰からも選ばれなかった」と揶揄されるほどだった。強力な指導者というタイプではなく、万事に先例尊重主義的であったり、演説時に官僚が作成した原稿を棒読みするなど、著しく精彩を欠いていたため、同盟市民からの政権支持率は下がる一方であった。議長としても「影が薄い」とされ、最高評議会で彼が発言した際に他の評議員が驚いている様子から、評議会でもほぼ無視されていたことがわかる。(OVA版では積極的に発言をしているため、無視されている程ではない)
政権の支持率低下・不支持率の増大を打開し、来たる選挙(政権与党の過半数割りが確実視されており、近日中に軍事的勝利があれば最低でも政権支持率は18%回復するとの試算が出ていた)も見据えて帝国領侵攻作戦を提唱するという、政治的には最も安易で無策とされる政策を執った人物で、有能な政治家とは言い難い。作戦立案者であるフォークは私的ルートを通してこの話をサンフォードに持ち込んだとされる。作戦失敗後、責任を取って辞任した。抜群の嗅覚で作戦案に反対したトリューニヒト政権の誕生につながった。
コーネリア・ウィンザー
(声:松島みのり[12])
帝国領侵攻作戦時の同盟最高評議会議員の一人で、情報交通委員長。優雅で知的な美しさと音楽的な響きのある声を持つ魅力的な女性であり、最高評議会で唯一の女性評議員(コミック版ではホアン・ルイも女性)。前任者が汚職によって辞任したことで評議員の座を射止めた。しかし、就任から一週間後の最高評議会でサンフォード議長の提唱した帝国領侵攻作戦を強烈に支持し、軍部からの作戦案を評議員の投票に掛ける様に要求した。しかし、作戦は致命的な大惨敗を迎えてしまい、作戦失敗の責任を取って辞任する。自己陶酔気味の性格で、同盟の全市民が死んでも行うべき崇高な義務があると発言してレベロから「政治の論理ではない」と非難され、ホアン・ルイからは「どっちが陶酔しているんだか‥」と呆れられていた(OVAではレベロの権力維持のための出兵を窘められると「綺麗ごと」と一蹴している)。彼女が帝国領侵攻作戦に賛同したのは現政権の維持だけではなく、最終的には最高評議会議長の座を狙っているからでもあった。
帝国軍の焦土作戦で帝国領侵攻作戦の継続が不可能になりつつある際には、もはや撤兵以外の手段が無い(撤兵しなくては重大な事態に発展する)ことを内心では理解していながら、作戦案を支持した自分の面子を気にして決断をためらう一方で、サンフォード議長と戦果を出せない現地の軍部に対して憎悪のような感情を煮えたぎらせていた(OVAでは、戦果を出さずに撤退することに反対論を唱えている)。同盟滅亡の遠因を作った1人である。
ジョアン・レベロ
(声:家弓家正
物語開始時の同盟最高評議会議員の一人で、財務委員長。シドニー・シトレとは幼馴染で、共に憎まれ口を叩き合う仲。ビュコックとも交流があった。
戦火の拡大に伴う財政的負担の増大や同盟の国力低下を憂慮しており、帝国領侵攻作戦の可否を問う評議では、ホアン・ルイ及びトリューニヒトと共に出兵に反対する(ただしホアンと彼は本心からだが、トリューニヒトは自らの打算のため)。トリューニヒト政権成立後は在野の政治家となり、ラグナロック作戦により同盟が帝国に敗北した後は、トリューニヒトの後任として最高評議会議長となる。
同盟の腐敗に心を痛めているが、若い頃は彼もその腐敗の誘惑に身を任せていた。だが決して悪人ではなく、相応の政治能力もあり、ヤンと協力すれば最高の組み合わせであろうと言われていたが、実現することはなかった。
敗戦前においては有能で良心的な政治家であったが、敗戦後という混乱期を乗り切っていくタイプの人物ではなかったとされ、同盟の存続のみに固執する言動をとり、視野の狭さを露呈する。結果として帝国弁務官のレンネンカンプの干渉に抗しきれず、自分に似合わない権謀に手を染めてしまった。彼が以前より、ヤンはルドルフのようになってしまうのではないか、という強迫観念を有していたこと、オリベイラを始めとする同盟の政治家達が嫌っているヤンの排除に積極的に進言したことも原因になった(明確に反対した政治家はホアン・ルイのみ)。平和な時代であれば、その能力を十分に発揮できた平時の人材であるとされる(原作において、平時の人材が有事の人材に劣るという意味ではないことが、繰り返し強調されている)。
OVA版ではレンネンカンプ誘拐後、一気に心身とも憔悴しきった様子が描写されているが、後述の通り、最期においてはその様子を一切見せなかった。
最期は第2次ラグナロク作戦の際、自己保身を図ったロックウェルら軍部に射殺された。自分が歴史上の悪役になった、と自覚しており、己の最期もヤンを謀殺しようとした報い、と自業自得として受け入れ、その態度にロックウェルたちは圧倒されていた。ヤンはレベロの謀殺という手段を受け入れずに叛旗を翻したが、レベロの行動が私利私欲でなく、あくまで同盟存続のための行動であった、とそのような立場に追い込まれたことに対しては同情していた。
ホアン・ルイ
(声:肝付兼太
トリューニヒト、レベロと同じく物語開始時の同盟最高評議会議員の一人で、作品開始時点で人的資源委員長。レベロとは友人関係。帝国領侵攻の議題でレベロ、トリューニヒトと共に出兵に反対した(ただしレベロと彼は本心からだが、トリューニヒトは自らの打算のため)。
更には同盟内のマンパワー不足による経済崩壊を危惧し、レベロと共に一定数以上の軍人や技術者を民間に復帰する様に要求したが、受け入れられることはなかった。トリューニヒト政権の成立後は、レベロと同じく在野の政治家となるが、ヤンの査問会で査問員の一人として参加し、間接あるいは直接的にヤンを弁護している。トリューニヒト政権の人間でない彼が査問員になった理由は明確ではないが、ヤンは「査問員がトリューニヒト政権の(またはそれに近い)人間だけという批判を回避するための体裁ではないか」と推測している。ラグナロック作戦での同盟の敗北後、同盟存続を優先させようとするレベロと意見が合わず(ヤンの処遇など)、ヤン脱出後に彼との面会を試みるが拒否され、長年の同志だったレベロと事実上絶交してしまった。のちにオーベルシュタインによって旧同盟の主要人物として逮捕、ラグプール刑務所に収容された。その後起こったラグプール刑務所の暴動でどうなったかは言及されておらず、その後の消息は不明となっている。
道原かつみのコミック版では、ルビンスキー(ルビンスカヤ)と共に女性にされている。
ジェシカ・エドワーズ(Jessica Edwards
(声:小山茉美
ヤンと彼の親友であるジャン・ロベール・ラップにとってマドンナ的存在だった女性。もとは学校で音楽の教師をしていた。父親は同盟軍士官学校事務長。
ラップと婚約するものの彼が戦死し、それがきっかけで反戦運動に身を投じる。アスターテ会戦の戦没慰霊祭でトリューニヒト国防委員長を糾弾したのを皮切りに、テルヌーゼンの補欠選挙に立候補し議員(野党議員)となり、反戦政治家の急先鋒として活動する。しかし救国軍事会議のクーデターの際、ハイネセンスタジアムでの平和集会の最中に乱入してきたクリスチアン大佐に、顔面を銃のグリップで滅多打ちにされて死亡するという悲惨な最期を遂げた。
彼女の死をきっかけに発生した大規模な暴動(スタジアムの虐殺)は、参加者20,000人、兵士1,500人の死者を出し、結果的に救国軍事会議が民心を失う原因となった。彼女の死後、ハイネセンスタジアム前には彼女の銅像が建てられている。ただし、当時の政治状況を考えると政治利用のため、建てられたものと推測される。
アニメ版での描写では、第4次ティアマト会戦からヤンが帰還した頃までは、ヤンとラップとの間で心が揺らいでいる様子が描かれていた。結局は彼女に積極的にアプローチをかけたラップと婚約したが、その直後のアスターテ星域会戦でラップが戦死し、婚前未亡人となる。劇場版アニメ第2作ではこの関係が詳細に描かれており、ヤンの目の前でラップにプロポーズされたジェシカがヤンの表情を見てから受諾したり、その直後のチーク・ダンスではヤンの胸で泣き崩れたり、アスターテ星域会戦に向う二人に最後に声をかける時はラップよりヤンの名前を先に呼ぶなど、随所にその心情を描いたシーンが存在する。なお、原作小説(外伝2巻)の描写では、 ラップ死後において、ジェシカとヤンの間には一度「おとなどうしの話」があったと思われる(ユリアンの推測)。OVA版においてはヤンがラップのために身を引いたことがわかり、ジェシカとヤンが関係を作る(唇を重ねる)寸前までいったのだが、この時は妨害(憂国騎士団のテロ)が入った。
ネグロポンティ
(声:穂積隆信
トリューニヒト派の政治家で、トリューニヒト政権下で国防委員長を務めた。要塞対要塞の戦いの際に、フェザーンの策略にひっかかりヤンを査問会にかける。その後イゼルローン要塞が帝国軍に急襲されたため、査問会は中止。この後、ヤンを要塞から引き離した責任を取らされて辞任。国営水素エネルギー公社総裁に転じた。
トリューニヒトから天下りの条件として、査問会の内容が外部に漏れないように「善処」する事を要求されており、査問から解放されたヤン達に査問会の内容を漏えいしない様に陳謝に来るなど自分勝手な行動を行っているため、「人がどこまで厚顔になれるのか、その答えがスーツを着て立っている」と著された。OVA版ではヤン・ビュコック・フレデリカの前で土下座まで行い、ビュコックから「厚顔無恥の生きた見本」と呆れられる。
テレビでの発言で「守るべき物のために一時の出費や個人のちっぽけな命を惜しむべきではない」と発言をしている。
ウォルター・アイランズ
(声:田中康郎
ネグロポンティの辞任を受け同盟の国防委員長となったトリューニヒト派の政治家。就任当初はトリューニヒトの子分であり「企業からリベートをとるだけしか能のない小者」に過ぎずマスコミからは「二流利権屋」とも呼ばれ、本人もその評価に甘んじていた(ラグナロック作戦時にアイランズが最高評議会を纏めている事が知られると「トリューニヒトよりタチが悪い」と思われていた事から、相当に能力を疑問視されていた事が窺える)。
しかし、ラグナロック作戦により帝国軍がフェザーン回廊を突破するという同盟存亡の危機に際して政治家として覚醒。本人がヤンに語ったところによると、「自分なりに祖国を愛している」とのこと。最高評議会議長の職務を放棄して雲隠れしたトリューニヒトに代わって(法的には未だトリューニヒトが正式な議長であり、アイランズはあくまで国防委員長に過ぎない)最高評議会を取りまとめて政府の方針を決定し軍部に全面的な協力を約束したりと、それまでとは別人のように精力的に職務をこなした。ヤンによる起死回生に望みを託していた。帝国軍が首都星ハイネセンに迫った際、全面降伏を主張するトリューニヒトに反旗を翻し、今までの不正行為をトリューニヒトになじられながらも怯むことなく徹底抗戦を主張するが、地球教徒により押さえ込まれる。その後、政治家としてのエネルギーを体力的にも精神的にも使い果たしたためか、病に倒れてしまう。
本人曰く自身は三流の政治業者であり、トリューニヒトの支援がなければ今日の地位もあり得なかったと理解していたが故に、恩人であるトリューニヒトが歴史に決して拭えない悪名を残す様な事はさせたくなかった模様。決して評判の良い政治家ではなかったのだが、その名はこの時の行動によって後世に記憶されることとなった。
原作では頭髪がないと記述されているが、OVAではしっかりと頭髪が掛かれている。
シャノン
(声:増谷康紀
レベロ政権の国務委員長。レベロがシェーンコップ達に誘拐され帝国軍が不穏な動きを見せた際に「過剰な軍事行動を慎むように」と牽制したが、すでにレベロの誘拐を知っていたレンネンカンプに「レベロ議長と協議をさせろ」と切り返され何も言えず、それ以上の反論を断念した。
エンリケ・マルチノ・ボルジェス・デ・アランテス・エ・オリベイラ(Enrique Martino Borges de Arantes e Oribeira
(声:山内雅人
歴代の同盟政権のブレーンを務めた同盟自治大学学長。ヤンの査問会で初登場し副査問員長となる(査問員長は当時の国防委員長ネグロポンティ)。自身は安全な後方にいながら、戦争は文明の発展を促すなどとして戦争肯定論を開陳して、ヤンから痛烈な皮肉とともに非難される。同盟敗戦後にレベロにヤンの謀殺を説いたが、それが失敗すると「提案を強要した覚えはない」として保身に走り、警護の手配を要求したことからレベロからは「姑息な鼠」と罵られる。名前が異常に長いのでヤンは「エンリケなんとかオリベイラ」と覚えている。その長い名前を正確に記憶しているというただ一点のみにおいてヤンからは敬意に値すると評された。同盟崩壊後にオーベルシュタインによって拘束され、ラグプール刑務所の暴動で死亡する。
学長という身分だが、同盟自治大学は政府官僚を育成するための教育機関であるため、本人は非常に官僚気質の強い人物であるとされている。
OVA版ではレンネンカンプにヤンに叛意ありと密告する政治家達の中に姿が確認できる。
ヘンスロー
(声:増岡弘
フェザーン駐在自由惑星同盟高等弁務官。実力ではなく政治バランスによって地位を得たとされており(高等弁務官職そのものが、自由惑星同盟においては名誉はあれど軽視されていた様子)、事実ケッセルリンクとの折衝の場面では相手のペースで話を進められ、後に帝国軍がフェザーンを占領した局面においても全くなすすべがなく、駐在武官として赴任していたユリアンの足手まといの役割しか演じられなかったが、管理していた金銭は脱出のために大いに役立った。ベリョースカ号でフェザーンを脱出した後、ハイネセンに到着した後の消息は不明。
ウィリアム・オーデッツ
(声:谷口節[67])
元キャスター。弁舌と事実を都合良く解釈出来る思考原理を備えており、大親征を前に自由惑星同盟がラインハルトに弁明のために送った特使として登場。最初にビッテンフェルト艦隊に遭遇するが、ビッテンフェルトはそのまま進軍を続けて後続のミッターマイヤー艦隊が対応する。交渉は不調に終わり、続けてラインハルトに面会を求めるが無視されたため、そのままフェザーンまでたどり着く。そこで(OVA版では密かに接触して来たルビンスキーに入れ知恵されて)ロイエンタールが叛意を持っていると声高に触れ回り、ラングから注目される。その後の消息は不明。OVA版ではルビンスキーが用済みのオーデッツは始末するとドミニク・サン・ピエールに告げている。
また、帝国軍のフェザーン占領の際にはキャスターとして登場しており、今回の帝国軍の脅威を招いた責任に関して「トリューニヒトのみの責任ではなく、同盟全市民が自覚する必要のある責任」としてトリューニヒトの弁護と現政権に反目する市民を非難する発言を行っている。
フランチェスク・ロムスキー
(声:仲村秀生
エル・ファシル革命政府の首班。医師であり、ヤンのエル・ファシル脱出行でも行動を共にしている(フレデリカの母も治療を受けたことがある)。バーラトの和約以降、帝国の隷属状態になった同盟政府を見限り独立を宣言するが、確固な成算があったわけではなかった。そのため、他に行く所がないのでやむなく合流したヤン以外は後が続かず、帝国軍からは事実上ヤン・ウェンリー軍にかかったおまけみたいな扱いを受けていた。
ヤンが帝国と和睦して共存しようと提案した時、専制政治との共存など有り得ないと嫌悪感を示し、思想的な純粋性と同時に政治的センスや駆け引きなどの才覚が乏しいこと(帝国と和睦しないのであればどのようにして帝国と接していくのか…といった構想や展望も提示していない)を、ヤンやその幕僚に露呈して失望を与えている(この時シェーンコップはユリアン等に、ロムスキーに対する叛意を告げている)。ただしその一方で、政府幹部達がヤンを捕らえて帝国に差出して講和しよう、と提案した時も、ロックウェルらの前例を挙げつつ、同時に感情的に嫌悪感を示してはっきりと拒絶しており、そのお陰でヤンが救われたことも描かれている。また、ヤンは文民統制的志向から何かにつけて政治面の指導者は自分ではなくロムスキーを立てようとしていた。
最期は回廊の戦いのヤンとラインハルトの会見について行き、地球教徒のテロに巻き込まれ真っ先に殺されてしまった。その遺体は回収されず、この点に関してはユリアン達は批判を受ける結果となる。
なお、彼とヤンが死んでしまったため、エル・ファシル革命政府は解散してしまうが、生き残った幹部達は「革命政府はロムスキーの独断的行動の結果だった」と責任転嫁する態度だったため、ユリアンから非難された。
グローブナー
(声:石川ひろあき[螺])
国防委員会人事局長。エル・ファシルから凱旋帰還したヤンに少佐昇進の辞令を手渡した。手渡す際に類型的かつアーレ・ハイネセンを引き合いに出した発言を口にして、ヤンを辟易させている。
ビジアス・アドーラ
(声:梶原善
ハイネセン首都政庁参事官。自由惑星同盟滅亡時、帝国軍からの皇帝への忠誠の誓約書を提出するようにという命令を公然と拒否し、獄中の人となるが、その行為に美を感じたラインハルトの命により釈放される。
クロード・モンテイユ
(声:阿南健治
財政委員会事務局国庫課長。自由惑星同盟滅亡時、帝国軍から国有財産の全リストを提出するようにという命令を、公僕としての義務を果たすために拒否し、獄中の人となるが、その行為に美を感じたラインハルトの命により釈放される。
グレアム・エバート・ノエルバーカー
(声:小林隆
最高評議会書記局二等書記官。自由惑星同盟滅亡時、議場を見学しようとしたラインハルトに対し、その公式記録に、資格がないのに見学の申請すると記し、帝国軍から削除を求められても拒否する。獄中の人となるが、その行為に美を感じたラインハルトの命により釈放される。

その他民間人[編集]

ヤン・タイロン
(声:宗矢樹頼 [螺])
自由惑星同盟の交易商人。2度目の妻との間にヤン・ウェンリーをもうける。ウェンリーが5歳の時に妻と死別。教育的な理由で親類が息子を引き離そうと画策していることを察し(後年、親類はヤン親子がひたすらつぼを眺めては磨いていると心配していたことを語っている)、息子を連れて恒星間商船に乗り込み、その後の人生のほとんどをウェンリーとすごした。商人として有能であると同時に、独特の哲学を有しており、後のヤン・ウェンリーの思想に多大な影響を与えているとされる。宇宙暦783年5月10日、ヤン・ウェンリーの16歳の誕生日の直前に、宇宙船の核融合炉事故で死亡。48歳没。
生前の趣味は美術品の収集だったが、集めた美術品は唯一万暦赤絵の壷(これは後に憂国騎士団の襲撃の際に壊れてしまう)を除いて全てが偽物で1ディナールの価値も無い(政府公認鑑定家の見解)ものだった。ヤン・ウェンリーは父親が偽物と承知でわざと集めていたのではないか、とも推測し、それならそれでヤン・タイロンらしいとも評している。また息子が自分の跡を継がずにハイネセン記念大学の歴史学科への進学を希望したことについても「歴史で金儲けした奴が一人もいなかったわけじゃない」と述べてそれを認めている(この直後に事故で死亡)。
また会社の権利は抵当に入っており、ヤン・ウェンリーは結局無一文で放り出されることになる。彼の死がウェンリーが不本意ながら軍人になるきっかけを生み出したため、ある意味重要な人物である。中国語版の表記では「楊泰隆」となっている。
カトリーヌ・ルクレール・ヤン
(声:なし)
ヤン・ウェンリーの実母。宇宙暦772年6月30日、ヤンが5歳の時に死亡。33歳没。
原作小説(外伝=螺旋迷宮)にだけヤンが両親の墓参りをする場面があり、墓碑に名前と生没年月日が記されている。「暖かくて優しい…」といった印象のみ記されており、それ以上の具体的な人柄は記されていない。OVAでは査問会においてヤンの経歴を確認する際、彼女の写真が表示されている。
パトリック・アッテンボロー
(声:配役表記無し[螺])
ジャーナリスト。軍隊の批判記事が得意。有能だが協調性に欠けるためしばしば職場を異動する。職業軍人の娘と結婚して(その際、100回以上の口論と3回の殴り合いの末に生涯の伴侶を獲得したと記述がある)少なくとも4人の子供をもうける。その4番目の子供で最初の息子がダスティ・アッテンボロー。義父との生前の約束でジャーナリスト志望の息子を無理やり軍人の道に進ませたため、怒りと恨みを買っているが、どこか憎み切れない性格の持ち主で、息子も半ば諦めて軍人の道を歩んでいる。後にユリアンに贈られることになる、錆びついた青銅製の「幸運の鍵」を息子に譲ったが、彼にとっての幸運とは息子が軍人になることであった。そのため、ダスティの受験する大学の不合格を熱心にその鍵に祈ったという。
オルタンス・キャゼルヌ
(声:松尾佳子
アレックス・キャゼルヌの妻。最初はキャゼルヌ夫人だったが、ファンから名前はなんというのかと言う質問が多く寄せられ、オルタンスと名前がついた。本編中では単にキャゼルヌ夫人と記述される例が多い。旧姓はミルベール。シャルロット・フィリスとその妹の母親。ヤンがエコニアの捕虜収容所参事官職を解かれてハイネセンに帰還した時に婚約者として初めて紹介され、第8艦隊司令部作戦課に勤務する直前に結婚式をあげる。この時点で23歳。父親はキャゼルヌの上官だったが、それほど栄達せず退役し、この時点では在郷軍人会の事務をしていたので、出世目当てにキャゼルヌが結婚したのでは無いことが物語に明記されている。
料理の腕前と夫をも凌駕する論客ぶりで、実質的なキャゼルヌ家の支配者である。ヤン陣営の中でも1、2を争う毒舌家であるキャゼルヌも彼女の前では精彩を欠き、娘に言い訳するのが精一杯である。また、他者の性格や行動原理を見抜く能力があり、夫からしばしば予言者呼ばわりされる。母親らしい優しさと同時に厳しさも備えており、ユリアンからヤンの訃報をフレデリカに伝える役を頼まれた時にきっぱりと拒絶し、ユリアン自身が伝えなければならないことを諭している。イゼルローン1の実力者とも言われ、夫はもちろんヤンやユリアンも頭が上がらず、シェーンコップも、ヤンの死をフレデリカに誰が伝えるか決める際には彼女が適任かもしれないなと述べている。
シャルロット・フィリス・キャゼルヌ
(声:天野由梨
アレックス・キャゼルヌとオルタンス・キャゼルヌ夫妻の長女。登場時は8歳。アニメでは母親と同じ髪の色をしている。バーラトの和約以降監視されることになったキャゼルヌ夫妻とヤン夫妻の家を、妹と一緒に往来し、ラズベリーのパイに隠したメモの伝令役を務めたことがある(本人は意識していなかった様子)。父親が勝手にユリアンと結婚させることを考えていたが、当のユリアンがカリンと恋仲になってしまったため、その計画は頓挫した。しばしばヤンをおじちゃま呼ばわりして、ヤンの心を傷つけている(フレデリカはおねえちゃまと呼ばれている)。OVA版ではヤン家で飼われていた猫をヤンから預かっている。ポプランからは妹と合わせて全く不幸でない環境で育った存在として評されている。
キャゼルヌ家次女(ファーストネーム不明)
(声:配役表記無し)
シャルロット・フィリスの妹。名前は「オルタンスさんのほうはファンの要望に応え名前をつけたのだから」と意図的についていない。作者曰く「ウルトラの母」や「バカボンのパパ」といい勝負。原作には具体的な描写が一切無い。アニメでは父親と同じ髪の色をしている。
ビュコック夫人
(声:沼波輝枝[32]他)
ヤンが査問会に呼び出された時、フレデリカとマシュンゴが襲撃され、その後ビュコックの家に避難/逗留した。その時にフレデリカと話をしている。OVA版でラインハルトが再度宣戦布告した時、退役していたビュコックが決意の表情を浮かべるのと同時にその意図を察し、軍服を出して手渡している。なお、息子が2人いたらしいが、どちらも戦死している。
ウィル・メイヤー
(声:なし[3])
原作1巻に登場。ハイネセン記念空港でヤンと出会った5歳の少年。初対面のヤンを怖がって祖母の後ろに隠れるなど、人見知りな性格。父は帝国との戦いによって死亡。祖母の歪んだ軍国主義教育によって軍人になることを決められていた。
メイヤー夫人
(声:鈴木れい子[3])
原作1巻に登場。ハイネセン記念空港でヤンと出会った老婆。夫と息子を帝国との戦いで失っている。政府謹製の戦争賛美を妄信しており、夫息子の戦死を名誉なものだと疑っていなかった。ヤンにあやかるため孫のウィルと握手してくれるよう願ったが、ヤンからは「ウィル君が大きくなっている頃には戦争は終わっている」と軽くいなされた。
ミリアム・ローザス
(声:かかずゆみ [螺])
アルフレッド・ローザスの孫。挑発的な言動がしばしばである。ブルース・アッシュビーが祖父の功績を横取りしたと思いこんでおり憎んでいる。当初は調査に来たヤンを憲兵呼ばわりする等、非好意的な態度を示したが、葬儀の席で和解している。15歳年上の商船の機関士と婚約している。ヤンに手紙を送った後の消息は不明。
ユリアン・ミンツの祖母
(声:アニメ未登場)
ユリアンの父方の祖母。ミンツ家は自由惑星同盟建国者アーレ・ハイネセンの「長征一万光年(ロンゲスト・マーチ)」に参加した名家で、祖母はそれを誇りとしていた。
息子(ユリアンの父)が帝国から亡命してきた娘と結婚したのを生涯許さず、孫にあたるユリアンを「息子を奪った女の子供」とみなして冷遇し、幼少時の写真を全て処分した。ユリアンが10歳の時、病死。ユリアンに対してやたらと口やかましくて話しかけるときは命令形と禁止形を使うことが多く、悪いことをすると祖母の恩を自覚していないときつくあたった。
エリザベート・ローザライン・フォン・クロイツェル / ローザライン・エリザベート・フォン・クロイツェル
(声:なし)
カリンの母親。帝国からの亡命者と思われる。 シェーンコップ曰く「19から20の頃」に愛した女性の一人。故人。宇宙暦799年に病死し、その年のバーミリオン会戦の直前にカリンが手紙にて母親の病死をシェーンコップに伝えた。シェーンコップと関係を持った女性全員は最初から別れることを前提のつき合いだと承知の上だったため、母親の愛情を浴びて育ったにも関わらずシェーンコップを恨んだカリンとは異なり別れた後の娘の所作が彼に似ていると喜んだりしていた。終盤、ブリュンヒルトで戦死したシェーンコップを思いカリンが歌っていた歌は、母親が彼によく歌っていたというものであり、外伝「千億の星、千億の光」で誰がという記憶はないもののシェーンコップが口ずさんでいた。
なお、初版では「エリザベート・フォン・クロイツェル」でシェーンコップの死に際は「ローザライン・フォン・クロイツェル」となっている。その後、シェーンコップの死に際の台詞は「ローザライン・フォン・クロイツェル」のままカリンが自身の母親を愛していたかと尋ねた際はフルネームが統一されたものの2種類あり、愛蔵版は上記の前者の名前「エリザベート・ローザライン・フォン・クロイツェル」に、創元SF文庫では後者「ローザライン・エリザベート・フォン・クロイツェル」になっている。
イブン・シャーマ
(声:笹原大 [56])
ユリアンが親不孝号で地球に向かう途中で見ていた歴史のビデオに登場して解説を担当する歴史家。専門は宇宙開拓史。
ブッシュ
(声:アニメ未登場)
ユリアンがハイネセンにいた頃に通っていたハロラーン校の教師。フライングボール部の顧問も兼ねており、ヤンに随行してイゼルローンに行こうとした、年間得点王のユリアンを引きとめようとした。また、ヤンのことを「軍人としては尊敬できる」と評し軍人として以外は尊敬できないと言外に言い放ったことをユリアンに見抜かれていた。
クリストフ・ディッケル
(声:アニメ未登場)
両親を殺されながらも帝国から同盟に亡命し、苦学の末に士官学校に入学した少年。彼を含めた4名がトリューニヒト評議会議長就任記念式典に呼ばれ、政治宣伝の道具とされた。ヤンはこの式典の放送を見て「あの4人はたしかに立派だ。だがあの4人とトリューニヒトの見識や政策とどう関係があるんだ」と嫌悪をあらわにした。
シンシア、ブレンダ、アナベル、コリンヌ、エセル、クレア、バイオレット、カロリーヌ、ルフィーナ、テレサ、アポロニア、メイ・リン
(声:アニメ未登場)
捕虜交換式典のためにハイネセンに赴いたヤンに同行したポプランのガールフレンドたち。全員と会う約束をしていたが、トラブルによってハイネセン滞在が3日間となったため、デートの強行軍となった。最後に会っていたのはバイオレット。
なお、彼女らの名前はユリアンが聞いたのを書き止めたもので、二、三人の欠落があるかもしれないと述懐している。しかしコーネフは「名前を重複させて水増ししているかもしれない」と笑っていた。

アニメ版オリジナルの登場人物[編集]

軍人[編集]

エド
(声:田中和実[5][7])
第13艦隊旗艦ヒューベリオンの乗組員。艦橋勤務。ハズキ、サイモンととも艦隊乗組員の心情を表現する役まわりを演じている。第13艦隊結成時は結成式に遅れるヤンに対して懐疑的だったが、同式典のヤンのスピーチで好感を抱き、イゼルローン攻略後はヤンに心酔した様子が描かれている。イゼルローンではトゥール・ハンマーのエネルギーチャージ関係のセクションを務めた。
サイモン
(声:飛田展男[5][7])
ヒューベリオンの乗組員。艦橋勤務。名前が付いた下級兵士三人の中では真面目な常識家として描かれており、軽口を叩く他の二人をたしなめる場面が多かった。
ハズキ
(声:草尾毅[5][7])
ヒューベリオンの乗組員。艦橋勤務。イゼルローンではトゥール・ハンマーの照準関係のセクションを務めた。第13艦隊結成式ではスピーチの中でトリューニヒトら政治家が「命を犠牲にしても自由を守るべき」と語るのとは対照的に「死なないように戦いぬく」と語るヤンに対し「話せる人物」と好感を抱いていた。
エド、サイモン、ハズキの同盟軍下級兵士三人は帝国軍のクルト、トニオに相当するオリジナルキャラクターであり、第13艦隊の兵士達の心情を代弁する役割も担っていた。彼らはOVA第一期のみに登場し、ドーリア星域会戦を最後にヒューベリオンから姿を消している。
フランツ・ヴァーリモント
(声:中原茂[14])
第7艦隊所属の技術将校。階級は少尉。艦隊司令官のホーウッド中将より、進駐した惑星の農業の改善を直々に命じられるが、成果を得る前に帝国側の焦土作戦が効果を発揮し、その努力は無駄に終わる。同盟軍と帝国の民衆との間に不和が生じる中、状況に幻滅を感じてテレーゼ・ワーグナーと逃亡した。その後の消息は不明だが、テレーゼとの会話で、辺境惑星に身を隠すと発言している。
アムルタートの整備士
(声:屋良有作[27])
イゼルローン要塞駐留艦隊に所属する宇宙母艦アムルタートの老整備士。ガイエスブルク要塞戦に先立つイゼルローン回廊哨戒中の遭遇戦において、ユリアンたちの搭乗するスパルタニアンの整備を行った。戦闘の終盤にアムルタートが被弾して撃沈確実となった状況下、彼はユリアンの機体にできる限りのメンテナンスを施し、生き延びろよと言って送り出した。その直後、彼は爆散するアムルタートと運命を共にした。
グッドウィン
(声:小山剛志[螺])
軍広報部の大尉。エル・ファシルから凱旋帰還して少佐に昇進したヤンの手伝い(マネージャー)を務めた。
アーメド
(声:増田有宏[新])
少将。アスターテ会戦時の第2艦隊参謀長。戦闘開始時はパトロクロス艦橋にいたが途中から登場しなくなる。また、会戦中に重傷を負ったパエッタが第2艦隊の指揮権をヤン准将に委譲した際、パエッタは「健在の士官の中でどうやら君(ヤン)が最高位だ」と述べており、彼の生死は不明である。
エリクセン
(声:相沢正輝[新])
大尉。アスターテ会戦時のパエッタの副官。ラインハルト率いる帝国軍が急進して第4艦隊に向かっていることをパエッタに伝える。アーメド同様、会戦中盤から艦橋に姿が見えなくなり、生死不明。
タナンチャイ
(声:岩永哲哉[新])
少将。アスターテ会戦時の第4艦隊参謀長。ラインハルト率いる帝国軍が第4艦隊に急接近してきた際にパストーレの指示を仰ぐも、「三方向からの分進合撃こそ必勝の策と言ったのは貴官らではないか!」と逆に責任を追及された。旗艦レオニダスが被弾した際、パストーレ共々船外に吸い出されて戦死。
マガディ
(声:松尾貴司[新])
少佐。アスターテ時のパストーレの副官。旗艦レオニダスが被弾した際、パストーレ共々船外に吸い出されて戦死。
ゴドノフ
(声:伊藤栄次[新])
少将。アスターテ会戦時の第6艦隊参謀長。ラップがムーアに各個撃破の危険性を指摘した際にはムーア同様笑い飛ばしていた。ペルガモン撃沈の際に戦死。
カルロス
(声:藤原啓治[新])
准将。アスターテ会戦時の第6艦隊次席幕僚。降伏勧告を拒否し、玉砕しようとするムーアに対してラップが抗議した際には、上官の命令に従って彼を拘束した。その後ラップから考えを改めるよう言われるが全く聞く耳を持たず、連行する途中でペルガモンが撃沈され戦死した。あくまで上官の命令に従った彼の行動は軍人としては真っ当なものであるが、結局それが死を招くことになった。
キム
(声:中博史[新])
大尉。アスターテ会戦時のムーアの副官。カルロスと共にラップを拘束、連行した。ペルガモン撃沈の際に戦死。

民間人[編集]

レイモンド・トリアチ
(声:北村弘一[10])
国民平和会議テルヌーゼン支部長。主戦論者であり、テルヌーゼン選挙区での代議員補欠選挙におけるジェイムズ・ソーンダイクの対立候補。士官学校創立日記念式典に出席するため、テルヌーゼンにやって来たヤンを、報道関係者を伴い空港で出迎える。その場で戦災孤児の少女を使った花束贈呈と選挙演説を行い、事情がわからぬヤンと並んで撮影された写真は新聞の紙面を飾る。イゼルローン要塞を攻略し、英雄となったヤンの人気を利用しようとする姑息な選挙戦略であった。これはソーンダイク派の運動員を激怒させ、ヤンはホテルの部屋に襲撃を受け、ジェシカと思わぬ再会を果たすことになる。
ソーンダイクを狙った爆弾テロに、トリアチ本人が関わっていたかどうかは不明。倒れたソーンダイクに代わり立候補したジェシカが当選を果たし選挙に敗れた。
ジェイムズ・ソーンダイク
(声:丸山詠二[10])
テルヌーゼン選挙区での代議員補欠選挙において、反戦市民連合が擁立した候補。運動員の中に、反戦運動に身を投じたジェシカ・エドワーズがおり、ヤンは思わぬ再会を果たす。運動員が憂国騎士団に襲撃されていた処をヤンが助け、選挙本部まで送り届けた際にヤンと面会。好印象を持ったことをヤンはジェシカに話している。しかしその夜、選挙本部で発生した爆弾テロにより重傷を負い死亡。代わってジェシカが立候補し、同情票も集める形で当選、ジェシカは政界に身を投じることになる。
ピーター
(声:配役表記なし[10])
ソーンダイク候補の運動員。憂国騎士団の襲撃にあっていたところをヤンに助けられた。その時は重傷ではなかったが、その後の爆弾テロによって死亡。
劇中ビデオのナレーター
(声:久米明 [40])
ユリアンがフェザーンの駐在武官として赴任するため、軍艦に乗艦してイゼルローン要塞からハイネセンに向かう途中、銀河連邦成立からルドルフ・フォン・ゴールデンバウムによる銀河帝国成立と、アーレ・ハイネセンらによる自由惑星同盟の建国、フェザーン自治領成立までの歴史のビデオを視聴する場面(OVA第40話)があり、原作小説では作者或いは後世の歴史家の発言として記されていた箇所が、このビデオによって語られている。
D. シンクレア
(声:伊藤克[40])
上記のビデオに登場して解説を担当する歴史家。専門はmodern history(現代史)。原作にもその名は出ているが、歴史家としての見解が紹介されているに留まり、本人の登場はない。
E. J. マッケンジー
(声:千葉繁 [40])
上記のビデオに登場して解説を担当する歴史家。専門はideological history(思想史)。
資料の声
(声:日下武史 [56])
ユリアン・ミンツが親不孝号で地球に向かう途中、13日戦争勃発からラグラングループ崩壊までの歴史のビデオを視聴する場面(OVA第56話 )があり、原作小説では作者或いは後世の歴史家の発言として記されていた箇所が、このビデオによって語られている。
ウィルマ・ヴァン・クロフト
(声:配役表記無し[螺])
週刊プリティー・ウーマンの編集者。エル・ファシルの英雄になったヤン・ウェンリー宅の留守番電話に今週のナイス・ガイというコーナーの取材を申し込むメッセージを送ったが、ヤンに無視された。申し込みの過程で、ヤンが同誌の読者アンケートで結婚したい男性ナンバー1になった事が判明しており、これに対しヤンは人違いだと苦笑いするしかなかった。
ジョン・マーティン
(声:配役表記無し[螺])
テレビ・ハイネセンのディレクター。「エル・ファシルの英雄」となったヤン宅の留守番電話にリンチ夫人との対談番組をヤンに申し込むメッセージを送ったが、怒りと嫌悪の表情を浮かべたヤンに無言で拒否された。ただしヤンは多少気になった様子で、そばにいたグッドウィン大尉にリンチの家族の消息を尋ねている。原作小説では、そういう出来事があったことのみ記述されている。
RTVハイネセンの番組制作者
(声:配役表記無し[螺])
「エル・ファシルの英雄」となったヤン宅の留守番電話に、ヤン・タイロンの最初の夫人(氏名不詳)との対面という企画を申し込んだ人物。
アンリ・ルクレール
(声:配役表記無し[螺])
ヤンの実母の従兄弟。ファースト・ネームはアンディーの可能性あり。原作小説の螺旋迷宮に描かれている親族と称する人々を具体化したキャラクターで、ヤン・ウェンリーがエル・ファシルの英雄になった後の会食で馴れ馴れしく話しかけてきた男。一躍英雄となったヤンに対し幼少の頃から将来を嘱望していたなどと調子のよい言葉を並べ立て、ヤンを辟易させる。
元帥
ユリアンがトラバース法によってヤン家に来たときに一緒に連れてきた猫。そのときは子猫であったが数年のうちに肥満体となった。ユリアンがフェザーンに武官として派遣された後、ヤンに一方的に話しかけられ無視したりもしている。ヤンはイゼルローン要塞を放棄するさいにキャゼルヌ家に預けようとするが、バーラトの和約後、逮捕されるまでの時点はヤン家で飼われていた。ヤンの逮捕を経てハイネセンを脱出する際は、シャルロットにバスケットケースに入れられ連れられていた。ウィークリービデオ第2期特典の「銀河英雄伝説第1期・第2期設定資料集」に、名付け親はアッテンボローである旨の記述がある(命名理由は「どうせヤン先輩は元帥になれないから」)。原作には登場しない(外伝2巻でヤン家ではペットを飼っていないという描写が存在する)。

歴史上の人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 3巻220ページ
  2. ^ 他の艦隊指揮官と同様に物資も無く、士気も低い状態でヤンとビュコック以外で唯一、戦力を維持しつつ組織的にアムリッツァ星域までたどり着けた事。
  3. ^ ダゴン星域会戦に参戦した提督の名を冠した寄宿舎で学んだ生徒としてヤンやシドニー・シトレと共に名前が挙がっている
  4. ^ しかし、それもグリーンヒルの補佐があってこそであり、第6次イゼルローン攻防戦ではラインハルト艦隊に翻弄され、危うくトールハンマーの射程内に艦隊を動かしかけてグリーンヒルに制止されていた。
  5. ^ 原作版のランテマリオ会戦時のチュンの台詞から。具体的な昇進時期については書かれていない
  6. ^ 銀河英雄伝説 ON THE WEB掲載の羽佐間道夫のインタビューより。