銀河市民

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

銀河市民』(ぎんがしみん、原題:Citizen of the Galaxy )は、アメリカSF作家ロバート・A・ハインラインにより、1957年に刊行されたSF小説。日本語版は野田昌宏訳が初め立風書房より出版され(1969年)、その後早川書房により文庫化された。

概要[編集]

元は米国のサイエンスフィクション雑誌『アスタウンディング』に1957年9月から12月に連載されていた小説。同年に纏められ、厚表紙で出版された。ラドヤード・キップリングの『少年キム』という小説に触発されたものだと言われているためか、ハインラインの入門書としては老若男女にとって適当なところである。他のハインラインの小説と同様に、作者が病気のために若くして去らねばならなかった、米海軍士官時代の時代背景と懐古の念に影響されている。

外部リンク[編集]