生野鉱山寮馬車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
銀の馬車道から転送)
移動: 案内検索

生野鉱山寮馬車道(いくの こうざんりょう ばしゃみち)は、明治時代前半に兵庫県にあった官設の馬車道。別称は生野鉱山道、近年は銀の馬車道とも言い、経済産業省近代化産業遺産に認定されている。

概要[編集]

生野鉱山(現・朝来市)と飾磨港(現・姫路市)を結ぶ道路で、鉱山関連物資の輸送のために旧但馬街道(生野街道)を工部省鉱山寮が整備したものである。1875年(明治6年)に着工、1878年(明治9年)に竣工した。

生野鉱山に招聘されていたフランス人技師レオン・シスロイの設計により、当時ヨーロッパの最新技術であるマカダム舗装(一番下に粗い砕石を敷き、その上に細かい石、さらに砂を並べて固めたもの)が取り入れられた。全長12里15丁(約49km)、道路幅は3間3尺(6m)以上が確保され、馬車などの車両がすれ違える幅員とした。日本初の高速道路ともいわれる。

1895年(明治28年)に播但鉄道(現在のJR播但線)が飾磨-生野間で開通したため、物資輸送の主力は鉄道に取って代わられた。馬車道としては1921年(大正9年)に廃止となったが、その後も道路として利用された。現在でも国道312号などの一部に当時の面影を残している。

2006年頃から、銀の馬車道プロジェクトとして、沿道周辺に残る歴史遺産の整備が進められようとしている。

通過自治体[編集]

朝来市 - 神崎郡神河町 - 神崎郡市川町 - 神崎郡福崎町 - 姫路市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]