鉱滓ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岐阜県飛騨市神岡鉱山にある鉱滓ダム(神岡鉱業所・和佐保堆積場)[1]
栃木県日光市足尾銅山にある鉱滓ダム(古河機械金属・簀子橋堆積場)[2]
兵庫県朝来市明延鉱山神子畑選鉱場の間歩谷ダム

鉱滓ダム(こうさいダム、英語: tailings dam)は、鉱山選鉱製錬工程で発生するスラグ(鉱滓)を水分固形分とに分離し、その固形分を堆積させる施設である。鉱滓堆積場とも呼ばれる。

位置付け[編集]

ダム」という名があるように、広義のダムには含まれるものの、水を貯え、それを利用することを目的としていないため、通常は河川法の定める狭義のダムには含めない。立地はもっぱら鉱山近くのが利用され、構造は砂防ダムに似ているものや、アースダムに準じて捨石(ズリ)で築くものがある。後者の場合、支柱や基礎を設けていない場合が多く、またダムがスラグの固形分で満杯になった場合、台地状になった上に新しくダムを設けることがある。

ダムの機能[編集]

浮遊選鉱湿式製錬シアン化法)で発生する重金属や、有害な化学物質を含む状のスラグ(スライム)を長時間貯蔵することによって、水分と重金属等を含む固形分が分離する。水分はダムの上に作られた水路から排水され、固形分は底に沈み堆積してゆく。排水は有害成分を含む事があるため、沈澱池などを経て河川に排出される事が多い。また、既存の水系の汚染やダムへの余分な水の流入を防ぐため、付近の河川は人工的に鉱滓ダムを迂回させる改修工事が行われる。

ダムの管理[編集]

鉱滓ダムは鉱山の閉山後も廃水処理場で発生する中和物を堆積させるために利用されることもあるが、それ以外の場合は土を被せて緑化植林等に努める。しかし、閉山して長年の月日が経ち、特に鉱山を運営する企業倒産などで消滅した場合には放置されてしまうことが多い。前述の様にダムの堆積物は脆弱な状態にあることが多く、地震や集中豪雨など自然災害によって崩壊し、土砂災害や土壌汚染を引き起こすケースもある。このため、閉山後の管理は休廃止鉱山の最終鉱業権者が、あるいは鉱山会社の破産などで最終鉱業権者が消滅している場合には地方自治体などが担い手となり、鉱滓ダムの耐久・緑化工事を施すことが多い。

ダム決壊による被害[編集]

一定の基準で管理されている鉱滓ダムは、さまざまな安全対策を考慮した設計がなされているが、古い鉱滓ダムでは耐震設計(地震時慣性力、地震時動水圧など)が講じられていないものもあり、自重を支えきれない等の状況下で自壊するケースもある。

日本[編集]

1936年(昭和11年)には秋田県尾去沢鉱山において鉱滓ダムが決壊し、374人の犠牲者を出している。また、1978年(昭和53年)の伊豆大島近海の地震静岡県持越鉱山の鉱滓ダムが決壊し、製錬で生じたシアン化合物を含む堆積物が流出して狩野川を汚染した。

その他に、宮城県気仙沼市大谷鉱山の鉱滓ダムが、2011年東北地方太平洋沖地震によりダム湖に当たる場所が、液状化を起こし、その後、赤牛川にヒ素を含んだ土砂が流れ出した。さらにその土砂は津波によって逆流し、土砂約4万㎥が、引き潮の時に下流の地域や漁港5ヘクタールを汚染した。 

アメリカ合衆国[編集]

1979年アメリカ合衆国のユナイテッド・ニュークリア社(現在のガルフ・ユナイテッド・ニュークリア社)が管理していたウラン鉱山の鉱滓ダムが決壊。ニューメキシコ州ナバホ族居留地を汚染した。また、流出したウランの鉱滓は、コロラド川の支流に沿って下流のアリゾナ州ネバダ州へ移動し流域一帯を汚染した。

ルーマニア[編集]

2000年ルーマニアのバヤ・マレ鉱山の鉱滓ダムが崩壊、シアン化合物や重金属を含む大量の土砂がティサ川へ流出した。ティサ川はドナウ川の支流であり、下流のハンガリーまでもが上水道用水の取水制限を行うなど、流域250万人の生活に影響を与えた。

ハンガリー[編集]

Ajka accident d38e36f0e9 b.jpg
ハンガリー赤泥流出事故
ハンガリー赤泥流出事故

2010年ハンガリーのアルミニウム精錬工場の工業廃液を貯蔵していた鉱滓ダムが決壊し、推計69万7000キロリットルの廃液が流出。窒息や強アルカリ性の廃液に触れた事による化学熱傷等によって多数の死傷者が出た。流出した鉱滓は周辺の土壌を強アルカリと重金属で汚染し、先述のルーマニアの時と同様ドナウ川の支流に廃液が流れ込んだため、下流域に環境被害が発生した。

脚注[編集]

  1. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1977年度撮影)。
  2. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1976年度撮影)。

関連項目[編集]