鉄甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
D字型の鉄甲

鉄甲(てっこう)は琉球古武道武器の一種である。鉄の輪を手にはめて攻防を行う。元々は農耕用の蹄鉄として利用されていた。

外の突起を相手に向けて突いたり、切ったりすることができる。

種類としては刃物のように先のとがったもの、先が丸く相手を突いたりするものがある。

流派[編集]

琉球古武術保存振興会、琉球古武道保存振興会、琉球古武道保存会により前里の鉄甲が保存されている。

参考文献[編集]

  • 外間哲弘、金城政和、共著 沖縄の古武道具、鍛錬道具 平成元年3月2日 琉球新報社出版
  • 宮城篤正著 空手の歴史 1987年9月15日 ひるぎ社発行
  • 仲本政博著 沖縄伝統古武道 1989年4月5日 文武館発行

関連項目[編集]