鉄惑星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
異なった組成の惑星の大きさの比較。上の列が地球と同じ質量、下の列が地球の5倍の質量の惑星を表す。左からそれぞれ、鉄惑星、岩石惑星炭素惑星、純粋な氷の惑星、純粋な一酸化炭素の惑星、純粋な水素の惑星の理論上の半径が示されている。鉄惑星は平均密度が大きいため、同じ質量の他の組成の惑星と比べて直径が小さい。

鉄惑星(てつわくせい、Iron planet)とは、主にに富んだを持ち、マントルが全くないかほとんどない構造を持つ惑星の種類である。太陽系では、このような天体では水星が最も大きいが、太陽系外惑星にはもっと大きなものが存在する可能性がある。

起源[編集]

鉄惑星は、金属やケイ酸塩の多い通常の岩石惑星のマントル部分が大きな衝突によって剥がされた残りであると考えられている。現在の惑星形成モデルでは、原始惑星系円盤に鉄が豊富に含まれる恒星近くの軌道か巨星の軌道で鉄惑星が形成されると予測されている[1]

特徴[編集]

鉄惑星は、同程度の質量の他の種類の惑星と比べ、同じくらいかより大きい密度を持つ[2]。形成後急速に冷えるため、プレートテクトニクスや強い磁場はない[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b "Characteristics of Terrestrial Planets" by John Chambers, from "The Great Planet Debate: Science as Process", August 14–16, 2008, The Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory Kossiakoff Center, Laurel, MD. http://gpd.jhuapl.edu/abstracts/abstractFiles/chambers_abstract.pdf
  2. ^ http://www.astrobio.net/pressrelease/2476/all-planets-possible