鈴木通夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鈴木 通夫(すずき みちお、1926年10月2日 - 1998年5月31日)は、日本数学者バーンサイド予想を解決しようとした。鈴木群という群がある。

東京大学数学科卒業後、有限群論の研究を開始。1953年からその死までイリノイ大学の教授となった。またシカゴ大学プリンストン高等研究所パドヴァ大学でも客員研究員となっている。1951年に日本を離れてアメリカに移っていたが1952年に東京大学より博士号を受けている。