鈴木聡美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴木 聡美 Swimming pictogram.svg
選手情報
フルネーム 鈴木 聡美
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
所属 ミキハウス
生年月日 1991年1月29日(23歳)
生誕地 福岡県遠賀郡遠賀町
身長 168cm[1]
体重 62kg[1]
 
獲得メダル
女子 競泳
日本の旗 日本
オリンピック
2012 ロンドン 女子200m平泳ぎ
2012 ロンドン 女子100m平泳ぎ
2012 ロンドン 女子 400mメドレーリレー
テンプレートを表示

鈴木 聡美(すずき さとみ、1991年1月29日 - )は、日本競泳選手。専門種目は平泳ぎ。女子平泳ぎの日本記録保持者。ミキハウス所属。

経歴[編集]

福岡県遠賀郡遠賀町出身。競泳は4歳の時に始めた[2]。遠賀中学校から九州産業大学付属九州高等学校時代は無名で全国大会レベルでの目立った戦績はなかったが、山梨学院大学に進学すると急速に力を付けて、1年の時には早くも学生選手権100m平泳ぎで1分6秒32の日本記録を樹立して優勝した。

2010年の日本選手権では平泳ぎ50m、100m、200mの3冠を達成した。アジア大会では50mで3位、100mで2位となった。2011年の競泳国際大会代表選手選考会では、再び平泳ぎの3種目を制覇し世界選手権代表に選ばれたが、上海で開催された世界選手権では50mで棄権、100mで9位、200mで18位に終わった。2012年の日本選手権では100mで1分6秒80、200mでは2分22秒99でそれぞれ優勝してロンドンオリンピック代表に選ばれた[3][4]

2012年5月のジャパンオープンでは平泳ぎ50m、100m、200mの3種目制覇を果たした[5]

2012年夏、オリンピック初出場となったロンドンオリンピックでは、女子100m平泳ぎで1分06秒46を出して銅メダルを獲得し、続く女子200m平泳ぎでは2分20秒72の日本タイ記録で銀メダルを獲得[6]。日本競泳女子史上初のオリンピック個人種目複数メダル獲得を果たす。更に競泳競技最終日の女子400mメドレーリレー決勝では第2泳者(平泳ぎ)として1分05秒96で泳ぎ、3分55秒73の日本新記録樹立、銅メダル獲得に貢献[7]。個人種目で2個、リレー種目で1個の合計3個のメダルを獲得した(同一大会で3つのメダル獲得は日本競泳女子史上初)。

2013年3月、山梨学院大学経営情報学部経営情報学科を卒業。ミキハウスに入社し、同学に練習拠点をおきながら東京支社に出社する[8]

人物[編集]

カプコンの戦国アクションゲーム戦国BASARA」を好み[9]、将来の職業として声優にも興味を持っている[10]

主な戦績[編集]

(全て平泳ぎでの成績)

大会名 50m 100m 200m
2009年 日本選手権 50m 3位 100m 3位
ジャパンオープン 50m 1/優勝 100m 1/優勝
学生選手権 100m 1/優勝 200m 3位
国体 100m 1/優勝
2010年 短水路選手権 100m 2位
日本選手権 50m 1/優勝 100m 1/優勝 200m 1/優勝
ジャパンオープン 50m 4位 100m 1/優勝 200m 3位
パンパシフィック選手権 50m 5位 100m 4位 200m 4位
学生選手権 100m 1/優勝 200m 2位
国体 100m 1/優勝
ワールドカップ東京大会 50m 4位 100m 2位 200m 4位
アジア大会 50m 3位 100m 2位 200m 5位
2011年 短水路選手権 100m 1/優勝 200m 2位
競泳国際大会代表選手選考会 50m 1/優勝 100m 1/優勝 200m 1/優勝
ユニバーシアード 50m 5位 100m 3位 200m 3位
学生選手権 100m 1/優勝 200m 1/優勝
国体 100m 1/優勝
2012年 日本選手権(25m) 50m 1/優勝 100m 1/優勝 200m 3位
日本選手権 100m 1/優勝 200m 1/優勝
ジャパンオープン 50m 1/優勝 100m 1/優勝 200m 1/優勝
セッテコリ杯 100m 2位
ロンドンオリンピック 100m 3/銅メダル 200m 2/銀メダル

自己ベスト[編集]

長水路[編集]

  • 50m平泳ぎ 31秒40(日本記録
  • 100m平泳ぎ 1分06秒32(日本記録
  • 200m平泳ぎ 2分20秒72 (日本記録タイ)[6]

短水路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ロンドンオリンピック日本代表選手団名簿”. 日本オリンピック委員会. 2013年4月21日閲覧。
  2. ^ 直感信じ入学、日本一に成長”. 山梨学院カレッジスポーツセンター. 山梨学院大学. 2013年4月21日閲覧。
  3. ^ “鈴木初の大舞台へ 猛練習で減量「かなりプラスに」”. スポーツニッポン. (2012年4月5日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2012/04/05/kiji/K20120405002980080.html 2013年4月21日閲覧。 
  4. ^ “鈴木2種目代表「打ち勝ちたい」”. 日刊スポーツ. (2012年4月7日). http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20120407-930688.html 2013年4月21日閲覧。 
  5. ^ “立石が平泳ぎ2冠 競泳のジャパン・オープン最終日”. 日本経済新聞. (2012年5月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNSSXKA0301_X20C12A5000000/?uda=DGXZZO0218874021122009000000 2013年4月21日閲覧。 
  6. ^ a b “鈴木聡美 銀メダル!”. 日刊スポーツ. (2012年8月3日). http://london2012.nikkansports.com/swimming/news/f-sp-tp0-20120803-994240.html 2013年4月21日閲覧。 
  7. ^ “やったぜ!日本女子が銅メダル”. 日刊スポーツ. (2012年8月5日). http://london2012.nikkansports.com/swimming/news/f-sp-tp0-20120805-995455.html 2013年4月21日閲覧。 
  8. ^ 朝日新聞: 夕刊4版 12面. (2013年3月30日) 
  9. ^ エースというか、チャレンジャーでありたい”. キーパーソン図鑑. プレジデント社 (2012年8月6日). 2013年4月21日閲覧。
  10. ^ “聡美の夢は声優です!実はインドア派のゲーム娘…競泳”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2012年8月4日). オリジナル2012年8月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120804100036/http://hochi.yomiuri.co.jp/london2012/aquatics/news/20120804-OHT1T00029.htm 2012年8月4日閲覧。 

外部リンク[編集]