鈴木新夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鈴木 新夫(すずき あらお、1915年 - 1980年)は、日本洋画家で、主に具象画の制作を行った。

年譜[編集]

  • 1915年 福島県 いわき市 に生まれる
  • 1931年 福島県磐城中学卒業
  • 1936年 東京美術学校卒業(同級生に杉全直若松光一郎鎌田正蔵・土橋淳・1年後輩に佐藤忠良
  • 1937年 第2回新制作協会展出品、以降毎年出品
  • 1940年 文部省主催奉祝展出品
  • 1944年 新制作協会協友となる
  • 1946年 若松光一郎、熊坂太郎、柴田善澄、柴田左千雄らと共に同人会(後の新青会)を結成
  • 1947年 新制作協会賞を受く、「機関車」ほか2点出品 美術団体連合展出品
  • 1948年 新制作協会選抜7人展出品 研究団体「ユマニテ」結成、会員(上野省策、末松正樹、鶴岡政男、鳥居敏文、難波田龍起、吉沢忠、ほか)
  • 1949年 個展 福島市郡山市いわき市を巡回
  • 1953年 個展 札幌市大丸ギャラリー
  • 1955年 新制作協会会員に推挙される。「赤い鉄骨」ほか1点出品
  • 1964年 個展 ギャラリー・アライ
  • 1967年 個展 アオイ画廊 1971年まで具象画家40名と新具象研究会を結成し、同人誌季刊「画廊」を第16号まで発行する
  • 1971年 個展 電通恒産画廊 三月会展(日動画廊主催)5回展まで出品
  • 1973年 個展 池袋東武デパート画廊 洋画中堅10人展出品 北辰画廊
  • 1974年 福島県立美術博物館に「働く人」100号(第33回新制作展出品作品)が収蔵される
  • 1975年 個展 いわき市第1回新制作精鋭選抜展出品 ギャラリーミキモト以降毎年出品
  • 1977年 個展 東急デパート渋谷本店画廊 現代洋画代表作家200人展(主催アサヒギャラリー)出品
  • 1978年 第1回樹風会展に出品 岩手大学教育学部特設美術科の非常勤講師を務める
  • 1979年 新制作5人展に出品 鈴木新夫日選展 郡山市東北現代美術館
  • 1980年 5月10日 死去
  • 1995年 鈴木新夫展 いわき市立美術館
  • 2006年 鈴木新夫、鎌田正蔵若松光一郎展(いわき市・アートスペースエリコーナ

代表作品と収蔵[編集]

  • 炭鉱長屋7点・向かい合う炭坑夫.炭鉱・ズリ山.炭鉱・洗濯物のある風景.炭鉱風景(トロッコ).炭鉱の町.炭鉱風景 収蔵 いわき市立美術館
  • 「働く人」100号 収蔵 福島県美術博物館

参考文献[編集]

  • 鈴木新夫画集 東苑現代美術館 1979年10月
  • いわきの作家たち いわき市立美術館 1987年 鈴木 新夫 - 常磐炭田ネットワーク
  • 鈴木新夫展 具象画にかけた生涯 いわき市立美術館∥編 1995年
  • 炭鉱(ヤマ)へのまなざし-常磐炭田と美術-展. 開館20周年記念いわき市立美術館 2004年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]