鈴木愛理 (ヴァイオリニスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鈴木 愛理 (2013)

鈴木 愛理(すずき あいり、1989年 - )は、東京都生まれの、日本ヴァイオリニスト

人物・来歴[編集]

4歳からヴァイオリンを始める。これまで曽我部千恵子原田幸一郎神谷美千子に師事。現在ドイツにてクシシトフ・ヴェグジンに師事。 2005年「フレッシュ・アーチスツfromヨコスカ」シリーズに選ばれ初リサイタルを開催。同年、桐朋女子高等学校音楽科に入学。 2006年ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリン・コンクール第2位。2007年ポーランド各都市でリサイタル及びオーケストラとの共演のコンサートツアーを行う。2008年オランダのコンセルトへボー、オルランド音楽祭等各都市で公演を行う。 2008年桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。桐朋学園大学音楽学部に特待生として入学。 現在ハノーファー音楽・演劇大学に在籍。

東京交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団新日本フィルハーモニー交響楽団神奈川フィルハーモニー管弦楽団仙台フィルハーモニー管弦楽団、海外ではポズナン・フィルハーモニー管弦楽団他 数々のオーケストラとの共演などの演奏活動を行う。 指揮者では秋山和慶井上道義広上淳一大友直人高関健梅田俊明ユベール・スダーンクシシュトフ・ウルバンスキ山田和樹、他各氏と共演をしている。

コンクール歴[編集]