鈴木啓之 (牧師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鈴木 啓之(すずき ひろゆき、1955年 - )は日本の元ヤクザ牧師

経歴[編集]

1955年大阪府大阪市生野区出身。17歳の時より17年間ヤクザの世界を身に投じるが、他の組の親分から預かった金を博打に使い込んだことから命を狙われる身となり、自殺を考えるほどに追い詰められる。フラフラになって東京を歩いているときに教会に入り、牧師から「誰でも変わることができる」と声をかけられて回心[1]キリスト教に入信し、東京中央神学院で学んで牧師となる[2]。現在、シロアムキリスト教会主任牧師として活動している。

過去には、元ヤクザで結成された伝道集団「ミッションバラバ」伝道者としての活動もある。映画『親分はイエス様』のモデルの一人である。

教会のアクセス[編集]

シロアムキリスト教会は、千葉県柏市あけぼの三丁目9-3(国道6号水戸街道沿い呼塚交差点近く)にあり、同施設には「人生やりなおし道場」を併設している。そこから巣立った牧師・宣教師もいる。

また分教会として、北海道札幌市すすきのに「シロアムクリストチャーチ」をオープンしている。

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

シロアムキリスト教会