鈴彦姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「鈴彦姫」

鈴彦姫(すずひこひめ)は、鳥山石燕の『百器徒然袋』にある日本妖怪[1]付喪神の一種で[2]、頭部に鈴を頂いた女性の姿として描かれている[1]

『百器徒然袋』中の解説文では、かつての日本でが神霊を下ろすための祭具として用いられていたことと、日本神話天岩戸に隠れた際に天照大神を引き出した天鈿女のことが述べられており、鈴彦姫は神霊を下ろす鈴が化けた妖怪[3]、または前述の2つの共通するテーマである「神を引き出す」をもとに創作された妖怪と推測されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、197-198頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 志村有弘監修 『図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説』 青春出版社2008年、91頁。ISBN 978-4-413-00965-2
  3. ^ 高田衛監修 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 国書刊行会1992年、313頁。ISBN 978-4-336-03386-4

関連項目[編集]