釧路支庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 北海道 > 釧路支庁(現・釧路総合振興局
釧路支庁
2010年4月1日 釧路総合振興局に改組)
Kushiro subpref Hokkaido.png
自治体コード 01660-8
改組 釧路支庁 → 釧路総合振興局
面積 5,997.38 km²
2009年10月1日)
世帯数 109,198世帯
2005年10月1日 国勢調査
総人口 261,891
(2005年10月1日 国勢調査)
隣接していた支庁 網走支庁十勝支庁根室支庁
釧路総合振興局(旧・釧路支庁)
所在地 〒085-8588
釧路市浦見2丁目2番54号
外部リンク 釧路総合振興局

釧路支庁(くしろしちょう)は、かつて北海道に存在した支庁のひとつ。支庁名は釧路国に由来する。1市・6町・1村を所管していた。支庁所在地は釧路市2010年平成22年)4月1日釧路総合振興局に改組。

歴史[編集]

地理[編集]

道内における釧路支庁の位置

北海道東部、太平洋側に位置。北部は山岳地帯、南部は釧路湿原などの湿原・平野が広がり、太平洋に接する。 気候は夏季は(じり)が発生する影響もあり、気温が上がりにくい。 冬季は比較的降雪量も少なく、晴天が多い。

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷[編集]

以下は、釧路市を中心市とする都市雇用圏(10% 通勤圏、中心都市の DID 人口が1万人以上)の変遷である。一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

  • 10% 通勤圏に入っていない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 自治体
(現在)
音別町 - - - - - 釧路市
阿寒町 - - - - 釧路 都市圏
22 0098人
釧路市 釧路 都市圏
24 2331人
釧路 都市圏
23 7886人
釧路 都市圏
23 3614人
釧路 都市圏
22 5576人
釧路町 釧路町
白糠町 白糠町
厚岸町 - - - - - 厚岸町
浜中町 - - - - - 浜中町
標茶町 - - - - - 標茶町
弟子屈町 - - - - - 弟子屈町
鶴居村 - - - - - 鶴居村

地域[編集]

釧路支庁の自治体
1,7,10. 釧路市 / 2. 釧路町 / 3. 厚岸町 / 4. 浜中町 / 5. 標茶町 / 6. 弟子屈町 / 8. 鶴居村 / 9. 白糠町

全域が釧路国の領域に属する。


経済[編集]

産業[編集]

中心となる釧路市は、北海道有数の大規模港である国際バルク戦略港湾釧路港を有し、東北海道の国際物流拠点として国際コンテナ定期航路(釜山、青島、天津等)が開かれている。港湾後背地の釧路臨港工業団地には、製紙パルプ(日本製紙王子製紙)、機械製造、飼料、肥料コンビナート、製薬メーカー、オイルターミナルが広がり苫小牧、室蘭と並ぶ北海道有数の工業が集積した地域を形成している。道東地域は物流の9割を釧路港に依存している。

釧路市は道東地域の中心都市として外国公館、国の出先機関、各金融機関が集中している。また国際会議観光都市として国際会議場、ホテルが集積し道東最大の商工業都市である。

釧路市、白糠町の全域が国構造改革特区の釧路・白糠次世代エネルギー特区に指定され、次世代エネルギー(ジメチルエーテル)研究開発の実績も築いていた。

交通[編集]

空港[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

関連項目[編集]