釜玉うどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釜玉うどん

釜玉うどん(かまたまうどん)とは、うどんの一種。茹でたうどん生卵をからめ、その上からだし醤油などをかけて食べる。

釜揚げうどんつゆにつけて食べるのに対し、釜玉うどんは釜揚げしたばかりの熱々の麺にからめることによってを半熟状態にして食べる[1]。うどんの生麺を茹でたまま冷水で洗って(締めて)いない状態のものを「釜揚げうどん」というため、いったん冷水でしめたうどん(冷凍うどん等含む)を釜玉うどんと称するのは誤りである。

元来、香川県内のうどん店でも釜玉うどんというメニューは無く、常連客のみが食べていた。綾川町にある「山越うどん」が一般メニューに加えたことで広く食べられるようになったとされる[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]