釜山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
釜山駅
韓国鉄道公社の駅舎
韓国鉄道公社の駅舎
부산
プサン - Busan
所属事業者 韓国鉄道公社駅詳細
釜山交通公社駅詳細
釜山駅
各種表記
ハングル 부산역/부산역역
漢字 釜山驛/釜山驛驛
平仮名
(日本語読み仮名)
ぷさんえき/ぷさんえきえき
片仮名
(現地語読み仮名)
プサンニョク/プサンニョンニョク
英語 Busan Station
テンプレートを表示

釜山駅(プサンえき)は大韓民国釜山広域市東区草梁洞にある、韓国鉄道公社(KORAIL)の

本項では、近接する釜山交通公社釜山駅駅(プサンニョクえき)についても記述する。

乗り入れ路線[編集]

韓国鉄道公社の京釜線京釜高速線が乗り入れており、京釜線を通じて慶北線方面に直通するムグンファ号慶全線方面に直通する南道海洋観光列車韓国語版(S-train)も当駅に乗り入れる。当駅に乗り入れる列車は全て当駅を始発終着駅としている。

駅前広場を挟んで釜山交通公社1号線の「釜山駅駅」と隣接している。駅番号は113

歴史[編集]

1930年頃の釜山駅

駅構造[編集]

韓国鉄道公社[編集]

韓国鉄道公社 釜山駅
駅舎正面階段
駅舎正面階段
부산
プサン - Busan
所在地 韓国の旗釜山広域市東区中央大路韓国語版 206
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 管理駅・地域本部所在駅
駅等級 1級
駅構造 地上駅
ホーム 4面9線
乗車人員
-統計年度-
20,568人/日(降車客含まず)
-2010年-
乗降人員
-統計年度-
40,984人/日
-2010年-
開業年月日 1905年1月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 京釜線
キロ程 441.7km(ソウル起点)
釜山鎮 (1.8km)
所属路線 京釜高速線
キロ程 347.7km(始興連結線起点)
蔚山* (51.7km)
備考 * 釜山連絡線を経由した距離

4面9線を有する地上駅である。1階には商店街やKORAIL会員ラウンジ、KTX宅配便があり、2階に改札口がある。

現在の駅舎は1969年に完工されたものである。その後KTXの開通を控え、大々的な改装工事を実施し、2004年4月1日に拡張完工した。新しく立て直したように見えるが、内部の施設や駅舎の裏側、ホームの通路などは1969年の完成当時の建物の形がそのまま残されている。

2009年3月から2010年11月まで第二次増築工事を行った。2階にあるコンコースが大幅に拡張され、拡張されたコンコースに「KTX乗り場」という名前の乗車口が新たに設置された。また、ホームではホームの端の屋根が覆われていない部分に屋根を覆う工事も行われた。釜山駅の東側(釜山港方面)にも新しい出口を設け、利用客の便宜を図った。

1階と2階には、鉄道模型の展示・販売や、韓国国内の鉄道雑誌を販売するカフェ「café DEL TREN(カフェデルトレン)」があり、国内外の鉄道ファンに親しまれている(雑誌の販売は1階のみ)。KATOTOMIXMärklinなど、各国の鉄道模型メーカーのロゴもウインドウに表示されている。

のりば[編集]

ホーム 路線 種別 行先 備考
1 京釜線 セマウル号 東大邱大田ソウル方面
3・4 京釜線 セマウル号・ムグンファ号 東大邱栄州大田ソウル方面
5・6 京釜線・京釜高速線 KTX 亀浦密陽東大邱大田ソウル方面
8・9 京釜線・京釜高速線 KTX 蔚山新慶州東大邱大田ソウル方面 一部在来線(水原永登浦)経由
10・11 京釜線・京釜高速線 KTX 蔚山新慶州東大邱大田ソウル方面


釜山交通公社[編集]

釜山交通公社 釜山駅駅
부산역
プサンニョク - Busan Station
112 中央 (1.1km)
(0.8km) 草梁 114
所在地 韓国の旗釜山広域市東区中央大路地下 200
位置座標
駅番号 113
所属事業者 釜山交通公社
所属路線 1号線
キロ程 12.0km(新平起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
21,589人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1987年5月15日

相対式ホーム2面2線を有する地下駅

切符売り場と駅務室は改札階中程にある。改札口は北側と南側の2ヵ所あるが、いずれも上下ホーム別々に設置されており改札内でのホーム間の移動はできない。

出入口は1番から8番までと10番の9ヵ所あり、韓国鉄道公社の駅に乗り換えるときは8番出入口が最も近い。

のりば[編集]

案内上ののりば番号は設定されていない。

方向 路線 行先
上り 1号線 中央南浦沙下新平方面
下り 1号線 西面蓮山東莱老圃方面


利用状況[編集]

韓国鉄道公社
年度別 利用人員[6]
京釜線
KTX セマウル ムグンファ トンイル 合計
2001年 下り 乗車 未開通 終着 終着 終着 終着
下車 2372134 5239732 584741 8196607
上り 乗車 2343648 4891820 271798 7507266
下車 始発 始発 始発 始発
2002年 下り 乗車 終着 終着 終着 終着
下車 2296295 4773348 462549 7532192
上り 乗車 2240018 4539159 210140 6989317
下車 始発 始発 始発 始発
2003年 下り 乗車 終着 終着 終着 終着
下車 2087056 4375105 260952 6723113
上り 乗車 2012008 4206747 158922 6452725
下車 始発 始発 始発 始発
2004年 下り 乗車 終着 終着 330 終着 330
下車 3500136 1281914 3063779 2073 7847902
上り 乗車 3377069 1251960 3033859 11991 7674879
下車 始発 始発 416 始発 始発
2005年 下り 乗車 終着 終着 終着 廃止 終着
下車 5208710 857974 2550060 8616744
上り 乗車 5191844 837678 2489172 8518694
下車 38 終着 4 42
2010年[7] 下り 乗車 1 終着 終着 1
下車 4,734,492 204,122 1,411,456 6,350,070
上り 乗車 4,751,107 207,781 1,462,732 6,421,620
下車 4 始発 始発 4
2011年[8] 下り 乗車 終着 終着 終着 終着
下車 6,730,964 254,612 1,571,210 8,556,786
上り 乗車 6,779,481 259,376 1,595,153 8,634,360
下車 始発 始発 始発 始発
釜山交通公社
年度 1日平均
乗車人員[9]
2002年 25186
2003年 22270
2004年 22178
2005年 21482
2006年 19148
2007年 17765
2008年 17805
2009年 17707
2010年 18502
2011年 20860
2012年 20869
2013年 21589


駅周辺[編集]

釜山タワーから望む駅周辺
駅前広場にあるモニュメント
  • 釜山港
  • 広場観光ホテル
  • 釜山蓬莱初等学校
  • 釜山三育初等学校
  • 釜山華僑中学校
  • アリラン観光ホテル
  • 草梁1洞住民センター
  • 草梁2洞住民センター
  • 草梁初等学校
  • 東横イン釜山1号店
  • 韓国土地住宅公社韓国語版釜山蔚山地域本部
  • メリノル病院

バス路線[編集]

バス乗り換えセンター

多くの市内バスが釜山駅を経由する。深夜時間帯に釜山-晋州間を行き来する市外バスの運行があったり、金海国際空港方面のリムジンバスも運行している。他に釜山シティツアーバス韓国語版も運行されており、シティツアーバス乗り場近くに釜山駅-釜山港国際・沿岸旅客ターミナル間の循環バスも運行されている。2012年1月12日に駅前広場北側にバス乗り換えセンターが開業したため南浦洞・下端方面はバス停の統合が行われ、バス利用がいっそう容易になった。

釜山駅を経由するバスについてはこちらも参照。

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社
京釜高速線
KTX
蔚山駅 - 釜山駅
京釜線
KTX・ITX-セマウル・S-Train
亀浦駅 - 釜山駅
ムグンファ号
沙上駅 - 釜山駅
釜山交通公社
1号線
中央駅 (112) - 釜山駅駅 (113) - 草梁駅 (114)

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “釜山(부산)에史上初有(사상초유)의大火(대화)”. 동아일보(네이버 뉴스 라이브러리). http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1953112900209202001&editNo=1&printCount=1&publishDate=1953-11-29&officeId=00020&pageNo=2&printNo=9411&publishType=00020 1953年11月29日閲覧。 
  2. ^ “4層(층)까지 使用(사용)”. 경향신문(네이버 뉴스 라이브러리). http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1965102600329203021&editNo=2&printCount=1&publishDate=1965-10-26&officeId=00032&pageNo=3&printNo=6162&publishType=00020 1965年10月26日閲覧。 
  3. ^ 철도청 고시 제177호(1965.10.23)
  4. ^ “다이어改定(개정)”. 매일경제(네이버 뉴스 라이브러리). http://newslibrary.naver.com/viewer/index.nhn?articleId=1969060900099202015&editNo=1&printCount=1&publishDate=1969-06-09&officeId=00009&pageNo=2&printNo=996&publishType=00020 1969年6月9日閲覧。 
  5. ^ 철도청 고시 제115호(1969.06.04)
  6. ^ 원자료는 철도통계연보[1].
  7. ^ (※zipファイル内pdf参照)
  8. ^ http://www.korail.com/file/statistics/2011/2011_total.pdf
  9. ^ 원자료는 부산 도시철도 승객량 통계

関連項目[編集]

外部リンク[編集]