金知原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金知原
誕生 1943年[1]
ソウル
(現在の韓国の旗 韓国
死没 2013年
職業 小説家
言語 韓国語
国籍 韓国
教育 梨花女子大学
活動期間 1975年 -
ジャンル 小説
代表作 「愛の予感」
処女作 「愛の嬉しさ」
テンプレートを表示
金知原
各種表記
ハングル 김지원
漢字 金知原
発音: キム・ジウォン
英語表記: Kim-Chi won
テンプレートを表示

金知原 (キム・ジウォン、김지원、1943年2013年)は韓国小説家である。ソウルの出身。[1]

略歴[編集]

1943年、ソウル生まれ。梨花女子大学の英文科を卒業した。1975年、 『現代文学』に「愛の嬉しさ」が推薦されて文壇に登壇した。1997年には、小説 「愛の予感」で第21回李箱文学賞を受賞した。1979年に発表された「朝方の声」は、アメリカの生活、アメリカ人との関係などを繊細に描いている。

1982年に書いた「お茶、一杯」は、アパートという空間での独特な構造と生活様式を描写したもので、身近な環境の中に潜んでいる破壊力を表している。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

  • 1977年、『먼 집 먼 바다(공저)』(遠き家、遠い海)[2]
  • 1985年、『모래시계』(砂時計)
  • 1986年、『겨울나무 사이』(冬の木の間)
  • 1987年、『잠과 꿈』(眠りと夢)
  • 1989年、『꽃을 든 남자』(花を持っている男)
  • 1996年、『소금의 시간』(潮の時間)
  • 1998年、『낭만의 집』(浪漫の家)
  • 2002年、『꽃철에게 보내는 팩스』(花の時期に送るファックス)
  • 2005年、『목소리』(声)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b [1] NAVER(韓国語) 2014年閲覧。
  2. ^ [2] 韓国現代文学大辞典 2014年閲覧。