金田康正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金田 康正
(かなだ やすまさ)
人物情報
生誕 1949年
日本の旗 日本 兵庫県たつの市
出身校 東京大学大学院理学系研究科
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 名古屋大学
東京大学
主な業績 円周率の計算記録
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

金田 康正(かなだ やすまさ、1949年 – )は、日本計算機科学者。兵庫県たつの市出身。

1981年より円周率の研究を始め、計算の世界記録を次々と更新していることで知られる。金田が開発した円周率計算ソフト「スーパーπ」はWindows等にも移植され、ベンチマークソフトとして広く使われている。

2009年11月13日の行政刷新会議で1京FLOPSを目指す次世代スーパーコンピュータ開発予算の議論に参加し、予算削減に賛同した(汎用京速計算機および行政刷新会議#科学関連を参照)。

弟の金田徹関東学院大学工学部教授である。

略歴[編集]

円周率の記録[編集]

金田が計算実行に携わった記録のうち主なものである。共同研究者の氏名は略。なお、実際の計算は、末尾の桁の誤差を見込んで桁数を若干多めに行っている。また、引き続き検算(検証)も行うのであるが、公式記録としては発表されない。『πパイのはなし』(#著書参照)pp.78の表ほかによる。

スーパーπ[編集]

スーパーπ
開発元 東京大学金田研究室
最新版 1.1 / 1995年9月9日(19年前) (1995-09-09
対応OS Windows NTWindows 95Windows 3.1Win32sが必要)
サイズ LHA圧縮:71Kbyte
対応言語 日本語・英語
種別 円周率計算プログラム
ライセンス フリーソフト(転載可)
公式サイト http://www.super-computing.org/index-j.html
テンプレートを表示

スーパーπ(SuperPi)は、東京大学金田研究室の金田康正らが開発した、ガウス-ルジャンドル法による円周率計算プログラムである。

1995年に約232(40億)桁を計算するために開発したものをベースとして、Windowsに移植したものであり、同年からフリーウェアとして配布されている。2005年2月に有志によりSuper PI Modが開発された[1]。金田らが開発したスーパーπは計算時間が1秒単位で表示されるが、Super PI Modは1ミリ秒(1000分の1秒)単位で計算時間を表示することができる。

スーパーπが公式にサポートするOSは、Windows 3.1Windows 95Windows NT(Windows 3.1の場合Win32sが必要)であるが、非公式ながらWindows7などでも支障なく動作する報告もある[2]

ベンチマークソフトとしての活用[編集]

PCユーザーの間ではCPUの計算性能を測定するベンチマークとしても活用されている。パソコン雑誌でのCPU性能の測定(後述)や、イベント:WPC EXPOでの冷却システムの展示[3]、秋葉原の店頭にて実機動作が展示されたこともある[4]オーバークロックのイベントにおいて、スーパーπのスコア(計算の速さ・処理時間の短さ)を競う競技大会も開催されている[5][2][6]

インテルAMDなどの企業がパソコン向けCPUの新製品発表の際に使用したこともある。なお2006年当時、AMDのCPUはスーパーπが苦手なため、AMDの担当者が「ひたすら円周率の計算をしたい人ならCore 2 Duoを買ってください」と皮肉ったコメントを出した[7]

2008年に日経WinPCは「本来はベンチマーク用ではないが、手軽に測定できることなどから、自作PCユーザーの間ではCPUの大まかな性能を知る定番ソフトになっている。」と紹介し評価した一方で、「作成時期が古いため、最新CPUの拡張命令や複数コアに対応しておらず、CPUの持つ最高性能を知るには適していない。」とも指摘した[8]

行政刷新会議[編集]

2009年11月13日行政刷新会議に民間有識者の一員として参画、科学技術関連事業の予算削減議論に携わる。次世代スーパーコンピュータ開発予算の議論などで予算削減に賛同した。

金田の主張は、コンピュータによる高性能計算(HPC)を専門とする見地からのものであった。日本のHPC技術を伝承させていくためにも、本来は立ち止まるべきではない。しかし、当初の目的は忘れられ、どのように応用に使うかという議論もないまま、世界一の速度をベクトル型とスカラー型のハイブリッドシステムでやる、という目標だけの計画となってしまい、しかもベクトルを担当するNECが撤退したのに見直しもなく続けられているというものであった[9]

著書[編集]

  • D・シュタウファーほか 『よくわかる計算機物理 コンピュータ・シミュレーションと計算機代数入門』 金田康正監訳、シュプリンガー・フェアラーク東京、1990年4月。ISBN 4-431-70573-2
  • πパイのはなし』 東京図書、1991年4月。ISBN 4-489-00338-2
  • 有馬朗人村上周三・金田康正共著 『アドバンスト・コンピューティング 21世紀の科学技術基盤』 培風館、1992年5月。ISBN 4-563-01368-4
  • 金田康正・東京大学 『仮想ワークステーシヨンシステムにおける高濃度ジヨブ処理システムに関する研究』、1994年-1995年。
  • 『並列数値処理 高速化と性能向上のために』 金田康正編、コロナ社〈並列処理シリーズ 9〉、2010年4月。ISBN 978-4-339-02589-7
  • 金田康正 『スパコンとは何か』 ウェッジ〈ウェッジ選書〉、2012年6月。ISBN 978-4863100985

参照[編集]

  1. ^ Super PI Mod 2014年12月17日確認
  2. ^ a b MSIが主催するオーバークロック世界大会の日本代表が決定! ASCII.jp 2011年6月25日
  3. ^ WPC EXPO 2002会場レポート PCパーツ編 PC Watch 2002年10月18日
  4. ^ お買い得価格情報 2004年5月29日号 AKIBA PC Hotline! 2004年5月29日
  5. ^ Core i7のOCイベント実施、液体窒素で5GHz越え AKIBA PC Hotline!  2008年11月22日
  6. ^ 【イベントレポート】オーバークロックの真髄が見られる「MOA」イベント2日目 PC Watch 2013年10月21日
  7. ^ AMDが対抗デモ実施「円周率計算したい人はCore 2 Duo」 AKIBA PC Hotline!  2006年8月12日
  8. ^ 「最強CPUランキング」日経WinPC 2008年10月号、日経BP、2008年8月29日、p47。
  9. ^ ITPro 日経コンピュータ 国策スパコン、復活の意義を問う

関連項目[編集]

外部リンク[編集]