金田康正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金田 康正
(かなだ やすまさ)
人物情報
生誕 1949年
日本の旗 日本 兵庫県たつの市
出身校 東京大学大学院理学系研究科
学問
研究分野 計算機科学
研究機関 名古屋大学
東京大学
主な業績 円周率の計算記録
テンプレートを表示

金田 康正(かなだ やすまさ、1949年 – )は、日本計算機科学者。兵庫県たつの市出身。

1981年より円周率の研究を始め、計算の世界記録を次々と更新していることで知られる。金田が開発した円周率計算ソフト「スーパーπ」はWindows等にも移植され、ベンチマークソフトとして広く使われている。

2009年11月13日の行政刷新会議で1京FLOPSを目指す次世代スーパーコンピュータ開発予算の議論に参加し、予算削減に賛同した(汎用京速計算機および行政刷新会議#科学関連を参照)。

弟の金田徹関東学院大学工学部教授である。

略歴[編集]

円周率の記録[編集]

金田が計算実行に携わった記録のうち主なものである。共同研究者の氏名は略。なお、実際の計算は、末尾の桁の誤差を見込んで桁数を若干多めに行っている。また、引き続き検算(検証)も行うのであるが、公式記録としては発表されない。『πパイのはなし』(#著書参照)pp.78の表ほかによる。

スーパーπ[編集]

スーパーπ(SuperPi)は、金田らが開発した、ガウス-ルジャンドル法による円周率計算プログラムである。1995年に約232(40億)桁を計算するために開発したものをベースとして、Windowsに移植したもので、フリーで配布され民間でも広く使われている。PCユーザーの間ではプロセッサの計算性能の指標のひとつとして知られており、インテルAMDなどの企業がパソコン向けCPUの新製品発表の際に使用することもあるほどである。

行政刷新会議[編集]

2009年11月13日行政刷新会議に民間有識者の一員として参画、科学技術関連事業の予算削減議論に携わる。次世代スーパーコンピュータ開発予算の議論などで予算削減に賛同した。

金田の主張は、コンピュータによる高性能計算(HPC)を専門とする見地からのものであった。日本のHPC技術を伝承させていくためにも、本来は立ち止まるべきではない。しかし、当初の目的は忘れられ、どのように応用に使うかという議論もないまま、世界一の速度をベクトル型とスカラー型のハイブリッドシステムでやる、という目標だけの計画となってしまい、しかもベクトルを担当するNECが撤退したのに見直しもなく続けられているというものであった[1]

著書[編集]

  • D・シュタウファーほか 『よくわかる計算機物理 コンピュータ・シミュレーションと計算機代数入門』 金田康正監訳、シュプリンガー・フェアラーク東京、1990年4月。ISBN 4-431-70573-2
  • πパイのはなし』 東京図書、1991年4月。ISBN 4-489-00338-2
  • 有馬朗人村上周三・金田康正共著 『アドバンスト・コンピューティング 21世紀の科学技術基盤』 培風館、1992年5月。ISBN 4-563-01368-4
  • 金田康正・東京大学 『仮想ワークステーシヨンシステムにおける高濃度ジヨブ処理システムに関する研究』、1994年-1995年。
  • 『並列数値処理 高速化と性能向上のために』 金田康正編、コロナ社〈並列処理シリーズ 9〉、2010年4月。ISBN 978-4-339-02589-7
  • 金田康正 『スパコンとは何か』 ウェッジ〈ウェッジ選書〉、2012年6月。ISBN 978-4863100985

参照[編集]

  1. ^ ITPro 日経コンピュータ 国策スパコン、復活の意義を問う

関連項目[編集]

外部リンク[編集]