金杜法律事務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金杜法律事務所
金杜律师事务所
King & Wood Mallesons
企業形態 スイス法上の社団(Verein)
業種 サービス業
前身 金杜法律事務所(中国)
Mallesons Stephen Jaques法律事務所 (オーストラリア)
設立 2012年
本拠所在地 北京シドニー香港
拠点数 21
代表者等 王俊峰(全球主席;Global Chairman)
Stuart Fuller(全球管理合伙人;Global Managing Partner)
サービス 法律事務
従業員数 パートナー381名
弁護士1800名以上[1]
ウェブサイト 共通
中国大陸
オーストラリア・香港

金杜法律事務所(金杜律师事务所;King & Wood Mallesons:略称KWM)は、中国本土、オーストラリアおよび香港のそれぞれを拠点とする3つのパートナーシップから構成されるアジア最大の法律事務所。

概要[編集]

2011年11月に、中国の大手法律事務所である金杜法律事務所(金杜律师事务所;King & Wood PRC Lawyers)と、オーストラリアの大手法律事務所(同国の「六大法律事務所」の1つ)であるMallesons Stephen Jaques法律事務所の「連盟」(combination)が合意され、2012年3月にこれが発効することにより成立した。

財務的に独立した3つのパートナーシップから構成されるスイス法上のVerein(社団)であり、具体的には、中国大陸パートナーシップ(米国および東京の事務所を含む。)(旧金杜法律事務所)、オーストラリア・パートナーシップ(ロンドン事務所を含む)(旧Mallesons Stephen Jaques法律事務所)および香港パートナーシップ(双方の香港事務所が統合したもの)から構成される。オーストラリア・パートナーシップと香港パートナーシップの間では情報が共有されるが、中国大陸パートナーシップはこれらのネットワークに接続していない[2]。ホームページも、中国大陸の金杜法律事務所(金杜律师事务所;King & Wood)と、オーストラリア・香港のMallesons法律事務所に分離されている。

業務分野[編集]

企業法務金融法務争訟知的財産倒産事業再生、など主にビジネス関係の国際的及び国内法務を幅広く扱う。 数多くの大規模なM&A案件[1]を担当し、アジアでは一、二を争う弁護士事務所である。

沿革[編集]

  • 1993年 - 王俊峰、金杜法律事務所を設立。
  • 2011年11月 - 金杜法律事務所(中国)とMallesons Stephen Jaques法律事務所(オーストラリア)が「連盟」を決定。
  • 2012年3月 - 前記「連盟」が発効。

脚注[編集]

  1. ^ a b Wall Street Journal (2012). King & Wood Mallesons Now in Business. Retrieved 2 March 2012.
  2. ^ The Lawyer (2012). King & Wood and Mallesons iron out confidentiality issues ahead of merger. Retrieved 1 March 2012.

外部リンク[編集]