金星の日面通過 (火星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

火星における金星の日面通過(きんせいのにちめんつうか)とは、火星と太陽のちょうど間に金星が入り、太陽面を通過する天文現象である。

概要[編集]

火星における金星の日面通過は、紀元前125000年から125000年の25万年間で13099回ある。前回は1998年8月21日、次回は2030年8月19日に発生する。

火星における金星の日面通過のタイミングは複雑であるが、約2~5年の短い周期と、約27~30年の長い周期がある。

日面通過の起こる日[編集]

日付は最大食の日付(UTC)。

年月日 最大食
1932年10月23日 17:02
1964年10月22日 12:00
1966年8月22日 07:40
1994年1月7日 22:48
1998年8月21日 04:04
2030年8月19日 23:45
2032年6月18日 18:43
2059年11月5日 03:35
2064年6月17日 15:50
2091年11月5日 00:14

同時日面通過[編集]

  • 金星の日面通過が、水星の日面通過と同時に起こることはあるが、極めて稀である。次回は18713年10月8日である。紀元前の125000年間ではまったく発生しないが、紀元後の同じ時間では4回発生する。
  • 金星の日面通過が、地球の日面通過および月の日面通過と同時に起こることはあるが、極めて稀である。前回は紀元前55962年7月13日である。

出典[編集]