金日成将軍の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金日成将軍の歌
各種表記
ハングル 김일성장군의 노래
漢字 金日成將軍의 노래
発音 キムイルソンチャングネノレ
日本語読み: きんにっせいしょうぐんのうた
ローマ字転写
英語
Kim Ilsŏng Changgunŭi Norae
Song of General Kim Il-sung
テンプレートを表示
歌発表直前の金日成主席(1946年)

金日成将軍の歌(キムイルソンしょうぐんのうた)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の歌曲。1947年発表、李燦作詞、金元均作曲。

概説[編集]

リズムは軍歌調の4 / 4拍子、歌詞は北朝鮮の建国指導者である金日成主席の抗日パルチザン時代や国家指導者としての活動を讃えるものとなっており、北朝鮮独立以前の1947年発表時から今日まで同国で広く親しまれ、隣接する中華人民共和国や世界各国の北朝鮮マニアにも人気がある。

また北朝鮮には愛国歌という国歌が存在するものの、金日成主席の神格化に伴いこちらも国歌同様の扱いになっている。さらには金日成将軍の歌そのものを讃える「太陽の歌は永遠なり」という歌も存在する。北朝鮮音楽を語る上で外すことの出来ない最も重要な曲と言っても過言ではない。

国営放送である朝鮮中央放送、国外同胞向けの平壌放送国際放送朝鮮の声放送では国歌や「金正日将軍の歌」と共に必ず演奏される。インターバル・シグナルとしても使用されている。 現在の歌詞は2代目である。

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]