金寨県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 安徽省 金寨県
合武線の列車から望む冬の金寨
合武線の列車から望む冬の金寨
簡体字 金寨
繁体字 金寨
拼音 Jīnzhài
カタカナ転写 ジンヂャイ
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
安徽
地級市 六安市
行政級別
面積
総面積 3,667 km²
人口
総人口(2004) 64 万人
経済
電話番号 0564
郵便番号 237300
行政区画代碼 341524
公式ウェブサイト http://www.ahjinzhai.gov.cn/

金寨県(きんさい-けん)は中華人民共和国安徽省六安市に位置する

行政区画[編集]

  • 鎮:梅山鎮、麻埠鎮、青山鎮、燕子河鎮、天堂寨鎮、古碑鎮、呉家店鎮、斑竹園鎮、湯家匯鎮、南渓鎮、双河鎮、白塔畈鎮
  • 郷:張沖郷、油坊店郷、長嶺郷、槐樹湾郷、花石郷、沙河郷、桃嶺郷、果子園郷、関廟郷、全軍郷、鉄沖郷

歴史[編集]

金寨県の歷史は長く、五千年前の人類活動の跡が残っていた。史河流域では小磨盤山、黄泥灘、古仏堂等の七カ所の遺跡が発見された。の時代には皋陶封地といわれ、には九江郡に属した。境内には峠が多く、南北朝時代にも常に重兵が駐在した。の初年には府兵戍守の要地であった。末年の黄巣農民軍の狗跡嶺も領内にあった。南宋からの末年までも、領内には多くの反体制勢力が活動していた。1932年9月、中華民国国軍衛立煌が域内の紅軍を駆逐したので、中華民国政府は安徽省河南省湖北省の境目にあるこの地域に「立煌県」を設立した。1947年9月、中国人民解放軍劉伯承鄧小平が軍を率い、立煌県城を落城させた。この後、「立煌県」は共産党治下の「金寨県」と改編された。

観光[編集]

  • 天堂寨:大別山脈の主峰の1つ。麓に秀水谷がある
  • 梅山ダム湖
  • 響洪甸ダム湖
  • 燕子河峡谷
  • 天水澗
  • 金寨県革命博物館、金寨県烈士記念塔、金寨県烈士記念館、紅軍記念堂等