金子家忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金子家忠
Kaneko Ietada.jpg
金子家忠/『前賢故実江戸時代、画:菊池容斎
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 保延4年(1138年
死没 建保4年2月17日1216年3月6日
別名 十郎
氏族 金子氏
父母 父:金子家範
家高多賀谷家政家広家親

金子 家忠(かねこ いえただ)は、平安時代末期・鎌倉時代初期の武蔵国入間郡の武将である。武蔵七党村山党金子氏の一族。父は金子家範。兄弟に金子親範がいる。

経歴[編集]

19歳の時、保元の乱が起こり初陣する。同じ村山党仙波家信らと共に後白河天皇方の源義朝に従い、源為朝が守る白河の御殿を攻め、高間兄弟を一騎討ちで倒す。平治の乱では源義平のもとで活躍。

治承年4年(1180年)には衣笠城合戦平家方として畠山重忠などとともに参加し、21本の矢を受けたが一歩も退かずに戦い、敵の三浦義明も感嘆したという。しかし、和田義盛にあごの下を射られ退却した。

その後は、源頼朝に従い、源義経の平氏追討軍に属し、その功績により武蔵国金子や伊予国新居や播磨国鵤荘ほかの地頭となった。

関連項目[編集]