金婚式 (楽曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

金婚式(きんこんしき、原題:La cinquantaine)は、ガブリエル・マリ作曲の楽曲で、作曲者唯一の現在に残るガヴォット風の小品。もとは管弦楽曲ピアノ独奏曲であるが、旋律の単純な美しさからヴァイオリンピアノのための室内楽として編曲されている。

概要[編集]

曲は、簡単な三部形式イ短調クライスラー愛の悲しみと似た優雅な主題。金婚式のお祝いという目的や、原曲をも超えてヴァイオリン愛好家に広く親しまれている。

Andantino

弱起の開始。2分の2拍子。E-A-E-E-E-E-D-E-Fのヴァイオリン主題をピアノの簡単な低音が支える。G弦を使わないので澄んだ音色。演奏技術上も多くを求められず、人気が高い。

中間部は同主調イ長調。堂々としたforteで華やかな曲調。Cis-E-A-Cisのファンファーレがお祝いを演出する。