金万一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金万一
各種表記
ハングル 김만일
漢字 金萬一
発音 キム・マニル
英語表記: Kim Man-il
テンプレートを表示

金 万一(キム・マニル、1944年 - 1947年)は、北朝鮮の国家主席である金日成の次男。金正日の弟。

略歴[編集]

金日成と金正淑の間に生まれる。幼名は修羅(슈라、シューラ)[1]、あるいは紗奢と号す。金正日と大変仲が良く、共によく遊んでいたとされる。

1947年の夏、平壌にある金日成官邸にあった池で金正日と遊んでいたところ溺死。当時4歳であった万一の死は、金正日が妹の金敬姫を溺愛する要因となった。

脚注[編集]

  1. ^ 「シューラ(シューリ)」または「サーシャ」は、ロシア人名「アレクサンドル」の愛称。露式名は「シューラ(シューリ)・イルセノビッチ・キム」という。兄有羅(金正日)同様、ソビエト連邦出生説の根拠といわれる。